心入れ替え歩きます。

きょうも地下鉄東西線「環状通東」最寄りの整形外科に右肩痛のリハビリに。地下鉄なら乗り換え入れて6駅聞をしっかり歩きました。コースは豊平川を水穂大橋で渡って北へ。所要時間もmapアプリのとおり57分でした。雪道は暖気の後、また凍って滑りやすい。ヨチヨチ歩きする箇所もあった。
152813742_4220319837997990_216837990231563508_n.jpg
病院までの片道歩数は約6500歩とiPhoneが教えてくれた。

途中、JR北海道の苗穂工場を通りがかった時、2人の若者が金網越しに2列並んだ列車に熱視線を送っている。
152527924_4220319847997989_4603568929065458949_n.jpg

「鉄ちゃんですか」
「はい」
「どこから?」
「横浜です」
「大学生?」
「はい」
そんなやりとり。
「この車両、なにか有名なの?
「これから北海道を走る新しい列車で、手前が『ラベンダー』、向こうが『はまなす』です」と教えてくれた。
「これから道内をまわるの?」
「はい、あす釧路に行きます」
「じゃあ、釧網線のSLに乗るの?」きのう、ニュースでやってたから、聞いてみた。
「はい」
「よい旅を!」と言って別れた。
リハビリからの帰りは、「環状通東」から地下鉄に乗って大通に出た。時間は1時前。
南北線コンコースにあるセブンイレブンで100円コーヒーとこしアンパン計217円を買って、長細い立ち食いテーブルでいただいた。
いつもの椅子のついたテーブルはソーシャルディスタンシングのため2席をつぶしているから、どのテーブルも満席。立ち食いテーブルにはぼくのほか距離を置いて2人の若い女性。ともに外交関係か、ビジネススーツにオーバーを着たまま昼食中。右トイメンの女性はレトルトのカレーライスのようなものをプラスチックのスプーンで食っている。左トイメンは食い物の前に大きなカバン立てているのでよくわからない。どちらも「孤独のグルメ」だなあ。

いや私だって孤独のジジイだ。

実は、糖尿対策で、数日前、「昼はスープだけにしてほしい」と、家人に宣言した。今日は、向こうも外出しているはずだから、パンとコーヒーにした。

アンパンを食べ終わったら、チカホを南下して、狸小路のところで地上へ。そこから歩いて帰宅は1時40分か。歩数は以下のとおり12000歩。


152387921_4220613347968639_1148550052847153925_n.jpg


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

通りすがりの釣りばか
2021年02月23日 14:26
その距離を歩くとは脱帽です。私は変形性膝関節症のため長距離を歩く運動は出来ませんが、米国の糖尿病学会が正式の食餌療法として受容した糖質制限食を治療に採用している、むらもと循環器内科にて指導を受け、約半年で薬も不要になり今では完治し2年経過します。今でも1日50gの糖質制限は続けています。タンパク質・脂質・炭水化物のうち血糖値を上げるのは炭水化物の中の糖質だけです。何をどれだけ、いつ食べるかは自分でコントロールします。調理を他人に任せるとこの治療は成功しません。治療も調理も主導権は自分です。上記むらもと医院のHPやフェイスブックで最新医学知識を学ぶことをお勧めします。あんぱん1個は糖質量47.5gもあり血糖値急上昇です。カロリー制限では血糖値上昇は抑えられませんから。
キタ
2021年02月24日 08:18
通りすがりの釣りばかさん
コメントとアドバイスありがとうございます。そうですか、アンパンはだめですか。むらもと循環器内科のHP見てみます。