まじめに取り組みます。糖尿病治療

この1週間、平均1万歩以上歩いてます。今日も北12条の北大前まで往復しました。目的は糖尿病対策です。不養生への深い反省が動機です。 ぼくの1週間前までの糖尿病認識は次のとおりです。  自分は血糖値こそちょっと高いが、糖尿病と言うほどでもない。内科医から投薬はなく、食事に気をつけて適度の運動をと言われているだけ。ところが、天…
コメント:0

続きを読むread more

天皇誕生日は家人の誕生日

今日23日は新しい天皇の誕生日だが、我が家人の70回目、古希の誕生日でもある。今年から日本中の人の祝福を受けることになる、ともいえる。 ▲1988〜90年ごろ、韓国特派員時代、ソウルの街角で。洋子姐さん37歳くらいか。写真はいっぱい撮ってきたが、僕はこれが気に入りで、勉強部屋兼寝室の壁に貼っつけている 1972年に結婚して来年で…
コメント:0

続きを読むread more

心入れ替え歩きます。

きょうも地下鉄東西線「環状通東」最寄りの整形外科に右肩痛のリハビリに。地下鉄なら乗り換え入れて6駅聞をしっかり歩きました。コースは豊平川を水穂大橋で渡って北へ。所要時間もmapアプリのとおり57分でした。雪道は暖気の後、また凍って滑りやすい。ヨチヨチ歩きする箇所もあった。 病院までの片道歩数は約6500歩とiPhoneが教えてくれ…
コメント:2

続きを読むread more

糖尿病対策再構築

昨日午後から中央図書館に行って医学書をチェックしてきた。ターゲットは❶脳硬膜動静脈瘻❷糖尿病。16日に❶のカテーテル検査を受けた際、事前の血液検査で❷の症状が進んでいることを❶の主治医から知らされた。しばらく糖尿病への気配りを怠っていたことは確か。これから治療に気を配る意味で参考書を借り出すことにした次第。 ▲昨日20日、借りてきた本…
コメント:0

続きを読むread more

27.5センチ足が大きくなった

先週木曜(11日)、冬靴を買った。2年ほど履いた黒い靴の左、小指が当たる部分の綻びが段々大きくなったから。黒のビニールテープを貼ってみた。一応保護色になり綻びはカムフラージュできたが、雪解け道を歩くとテープが端から剥がれてきた。こりゃダメだ。前日入った狸小路3のABCマートがシーズン晩期のバーゲンをしていた。その日は家路を急いでいたので…
コメント:0

続きを読むread more

引き続き経過観察にひとまず安堵-検査入院Ⅱ

北海道大野記念病院(札幌市西区)に検査入院中のきょう午後、カテーテル検査を主導したK医師と面談、検査結果の説明を受けた。結論をいえば、「脳硬膜動静脈瘻」発症が判明直後のカテーテル検査(2012年2月21日)から状況は大きく変わっていない。つまり、脳の静脈に血液の逆流はなく、脳出血などの危険性の兆候はない。因って年に1回程度のMRA検査に…
コメント:0

続きを読むread more

検査入院

昨日から、札幌宮の沢の北海道大野記念病院に1泊、検査入院しています。2012年に罹患が判明した「脳硬膜動静脈瘻」の精密検査。午後1時半から2時45分まで。痛くも痒くもないカテーテル検査でした。。 ▲4人部屋病室は551号、豚まんが食いたくなった  この病気(と言っても自覚症状なし)。脳の動脈と静脈がある日のこと突然、直接つながっ…
コメント:0

続きを読むread more

いけしゃあしゃあと

昨日、森ー川淵禅譲を既定の事実のような紙面を作った日本の新聞ども。今朝はいけしゃあしゃあと「密室での禅譲劇は再び社会の反発を巻き起こし、川淵三郎氏が受諾を撤回する事態となった」(毎日)てや❓ 社会が反発する前にキミたちメディアが猛反発せなあかんがな!オピニオンリーダーはどこへ行った❓ 、▲2月13日、毎日朝刊
コメント:0

続きを読むread more

日本の新聞の非常識

昨日に続き五輪組織委会長問題を書きます。昨日の朝刊を見れば、森会長の後任は川淵氏で決まりのようになっているが、実際は白紙に戻った。誰がなるのかは流動的。  不祥事の責任をとって辞める人物が後任を指名してそれがすんなり通るような社会はおかしいとぼくはブログに書いた。それが健全な社会の良識だから。果たして良識が通ったのか、別の権力の作用な…
コメント:0

続きを読むread more

五輪組織委会長のおかしな辞め方

森喜朗・東京五輪・パラリンピック大会組織委会長が、女性差別発言で国内外から嵐のような批判を浴び、辞任の意向を固めたらしい。遅きに失したぐらいだ。さらにそのあとがなお悪い。引責辞任する者が後任を指名して、それが通りそうというのだから。  民間会社に例えてみると、不祥事でやめさせられる社長が、後任を決めることなんかあるだろうか。株主や…
コメント:0

続きを読むread more

短すぎるPC寿命

昨日、東芝のパソコンサポートデスクにで電話し、充電機能の不具合を相談した。修理に4万円ほどかかることがわかった。結論として修理せず電源コードを常時繋いでおくことにした。購入して3年10ヶ月、劣化が早すぎる。  ノートpcは東芝dynabook。症状はこうだ。コードを電源コンセントに差し込んでおくと1時間未満でフル充電された…
コメント:0

続きを読むread more

2時間半の恐怖

きょうはなんにも予定なし。昨日1日一歩も家を出なかったので、とにかく出掛けよう、となんのあてもなく10時半ごろ出発。トイレに行っておくのを忘れたので、ちょっと歩いたサツドラでトイレを借りた。 10時45分くらいか。そのことをまず、憶えておいてください。 大通で地下に降り、いつもの地下鉄コンコースのテーブル付き椅子に座ろうとしたが、…
コメント:0

続きを読むread more

林住期について

昨夜、たまたまマクラ元の本棚に手をのばして、五木寛之著「林住期」を読んだ。これまで何度も読んでいるが、内容にはっきりとした記憶も残っていない。そして、Facebookに以下のようなことを書いた。 午前0時過ぎに目が覚めて、ベッドで2、3冊の本をとっかえひっかえ読むうちに、「林住期」についてブログを書こうとパソコンを開いた。まず…
コメント:0

続きを読むread more

照明はすでにLED時代に入っていた

きのう、国道36号をひた歩いて南下、55分かけてヤマダデンキまで行ってきた。帰りはバスに乗ったが。勉強部屋兼寝室の天井照明が突如故障。サークル型蛍光管を取り換えても復旧せず。隣の部屋(書庫)の本体と取り替えたら点灯したので、蛍光管が切れたのではなく、本体の故障だと分かった。修理してもらおうと、器具を持ち込んだのだが。 ▲リュックに…
コメント:0

続きを読むread more

ときどき政権交代を

 菅政権になっても日本はよくならない。そう思っている人は少なくないはずだ。前総理の118回虚偽発言問題、河井案里議員問題、元農水相の贈収賄・・・直近の森五輪組織委会長の女性蔑視発言問題。これらはすべて、自民長期政権の驕りと緩みとは全く無関係とは言い切れない。そんな折、週刊金曜日でこんな記事を見た。「野党にもう一度チャンスを 『与野党どう…
コメント:0

続きを読むread more

ジャージーは外出着じゃない

コロナ禍、暫定的にジャージー着て登校するのを許した札幌の中学校が、いつ制服着用に戻すか、議論が揺れている。友人がFacebookにこんなことを書き込んだ。情報源は北海道新聞の地方版。議論の仕方に、ぼくはなんか違和感があるなあ。 新型コロナウイルスの収束が見通せない中、札幌市など石狩管内の中学生が通常の学生服(標準服)でなく体操…
コメント:0

続きを読むread more

鶴橋はやっぱ「アリラン」やろ

今NHKラジオを聴いていたら、大阪の女性市民がリポートしていた。大阪環状線19駅にそれぞれの発車メロディーができたそう。メロディーは駅のホームでなく、車内で覇者の前に短いフレーズで流される。シートで居眠りをして乗り越しそうな人を起こしてくれるし、視覚障碍者にも役立つ。 どんなメロディーかと言えば、大阪駅はやしきたかじんの…
コメント:0

続きを読むread more

アンジェイ・ワイダ著「映画と祖国と人生と・・・」

 アマゾンに注文していたポーランド映画の巨匠アンジェイ・ワイダ監の著書が届いた。「映画と祖国と人生と・・・」。2020年度後期から、札幌国際大学で担当している「メディア文化論」の資料として、札幌中央図書館で借りて読んだのだが、新年度の前期にも同じ講座を持つので、ぜひ買ってじっくり読みたいと思った。 アンジェイ・ワイダ作品はずっ…
コメント:0

続きを読むread more

クラリネットの名手カール・ライスターさんの思い出

最近、布団の中でCDを聴いている。3年ほど前、語学用に買った携帯CDプレーヤーで。所蔵のCDの中でも気に入りナンバーワンが、ドイツのカール・ライスター(1937年〜)によるモーツァルトのクラリネット五重奏曲イ長調K581.。この曲を自身の葬式に流してもらうよう遺言しようとさえ考えている。 いつごろこの曲と出逢ったのか、もう忘れてし…
コメント:0

続きを読むread more

これが等身大の日本

2021年度春、秋に大学で受け持つ留学生向け「日本事情」ⅠとⅡ30講のラインナップを決めた。いまシラバスに落とし込んでいます。 「講義の目的と概要」=海外からの留学生が「日本で学ぶ」、「日本を学ぶ」上でまず知っておかなければならない「等身大の日本」をさまざまな角度から掘り下げることが目的である。日本は地理的にはユーラシア大陸東…
コメント:0

続きを読むread more