アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「思い出」のブログ記事

みんなの「思い出」ブログ

タイトル 日 時
バヤラーありがとう
バヤラーありがとう モンゴルの若き友であり、2年間のエコツーリズムボランティア教員時代、ボランティア通訳としてサポートしてくれた恩人、バヤラーからさっき、素晴らしいプレゼントが到着した。たくさんのキャンディ類と珍しいモンゴル紋様ぬり絵帖。それに相変わらずうまい日本語レター。ありがとう、バヤラー。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/03/30 13:21
著書「アト゜イ」で安宍君に会う
著書「アト゜イ」で安宍君に会う  最近、リアルの書店に行くなら南1条西1丁目のジュンク堂。ついでにご近所のBOOK-OFFに寄ることが多い。自分の関心あるジャンルでしかも半値、場合によって100円+税で買えることがあるから。昨日、BOOK-OFFで買った3冊の中の1冊、「アト゜イ」(2002年、北海道新聞刊)を開いたら、序文を北海道新聞の後輩記者、安宍(あじし)一夫君が書いていて驚いた。安宍君はキタがモンゴルにいた2012年12月、急死の知らせをもらい大きなショックを受けたものだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/17 14:45
人生15番勝負、敢闘賞ねらうぞ
人生15番勝負、敢闘賞ねらうぞ 人生を75年とし、5年ごとに区切って勝ち負けを自己採点したら、65歳までの十三番を8勝5敗で通過、勝ち越しを決めたいまも、老体に鞭打って土俵上で第十四番を奮戦中。狙うは敢闘賞。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/05 08:13
おじいちゃんの写真日記No.I
おじいちゃんの写真日記No.I  10月から大阪の孫に送り始めた「おじいちゃんの写真日記が今朝で第10号になった。先週の日曜から土曜(つまりきょう)までの出来事を3本、昔の思い出のようなものを1本。Facebookに書き込んだ1週間分の短文をちょっとアレンジすればよいだけだから、ちょちょいのちょいです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/10 11:10
市電はいいなあ
市電はいいなあ  明けて昨日9日、午後2時過ぎに家を出て市内散策。発端は毎週金曜になると、Iphoneのプロバイダーであるソフトバンクが安い食べ物をご馳走してくれるので出かけることに。吉野家、サーティーワンに次いで12月からはミスタードーナッツ。第1週は逃した。ミスタードーナッツは北海道新聞本社の東側ある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/10 03:46
オーストラリア・クランダにて
オーストラリア・クランダにて  自分が他人に出した郵便物が何年もたって、宛先から戻されるって、なかなか面白いなあ。この夏、東京の人生大先輩の畏友、Tさんが札幌に来られた時、「喜多さん、あなたが持ってほうがいいだろうから」と1枚の絵ハガキを渡された。2010年12月、オーストラリア・ケアンズから遠山さんに出したものだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/09 11:11
恩師の慈愛は有難きかな
恩師の慈愛は有難きかな  昨夕、非常勤講師を務める大学から帰宅すると、高校時代の恩師小川修一先生(大阪府箕面市在住)からのお葉書が届いていた。先週土曜日、大阪でお会いしたばかり。その折のことについてこちらからお便りを出そうと思いつつ、先を越されてしまった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/01 05:49
古き良き大阪の面影訪ねて
古き良き大阪の面影訪ねて 一昨日から一泊、所用で故郷大阪に行ったついでに、子供のころ、胸わくわくしたなにわスポットを訪ねた。その姿と思い出を書いてみる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/28 01:44
古いものを保存する理由(わけ)
古いものを保存する理由(わけ)  整理の悪い僕が意外に古いもの残している理由を考えてみた。中一の時、家が全焼し、それまでの大事な思い出の品をすべて失ったことと関係がないはずはない。あの時失った一番大事なものは末弟(享年7)だが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/24 04:03
花園ラグビー場の混浴風呂
花園ラグビー場の混浴風呂  大阪花園ラグビー場は日本のラグビーの聖地、とされる。その聖地の第一グラウンドで生涯に一度だけプレーをしたことがある。1967年秋。大阪外語大対東京外語大の定期戦。スコアは憶えていないが、大差でわが大阪外語大が勝利した。キタは1年生ながら背番号15をつけてフルバックとして出場。プレイの細部は憶えていない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/25 02:24
ぼくはやっぱり女好き
 Facebook見てたら、大阪の高校時代の友だちが「高校時代の同じクラスの女生徒が死去された」と書いていたので、ひょっとした僕の知ってるひとかも、と思い尋ねてみたら、やっぱり知っている女性だった。当時、特段親しくした記憶はないが、涼やか顔とおっとりした風情の人だったと思い出す。特別な感情を抱いたわけではないが、好ましくは思っていたような記憶がある。冥福を祈った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/04 19:58
玉川北小学校
 小学校転校2回、中学校転校1回。だが、最初に入学した小学校はやっぱり特別のもの。その名は大阪府中河内郡玉川町立玉川北小学校。1955(昭和30)年4月、入学したとたん、町村合併で河内市になり、校名は河内市立中央小学校に代わった。1年ろ組、いろはの「ろ」やで。担任は森岡綾子先生。岩田商店街からちょっと入ったお寺の娘さんだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/29 21:32
父の思い出−1964年夏、新潟地震
 父、森義雄とは小学5年で離れて暮らすようになり、2年後に母との離婚成立したのち、ほんの数度会っただけ。その中で一番長く一緒にいた思い出を書いてみよう。1964年夏、大阪から新潟まで長距離トラックで一緒に旅した。片道けだったが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/29 01:20
6年前。最初で最後の北海道マラソン参加
6年前。最初で最後の北海道マラソン参加 2010年8月29日(日) 北海道新聞事業局長を退任して2か月後、最初で最後の北海道マラソン挑戦、あえなく、15キロ関門ででShut out。先に進めず。その年、道マラ挑戦を決意して春から豊平川河川敷を真駒内まで走りこんだが。やはり準備不足でした。あす30回北海道マラソン。ランナーたちと大会を支える人たちの健闘を祈ります。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/27 17:28
旧大阪市港区湊屋町
旧大阪市港区湊屋町  父方の祖母、とくさん(1992年,90歳で死去)からよく聞いた話。戦争中、「大阪市湊屋町の家が爆撃で焼けたから、別荘だったこの浜寺(堺市浜寺昭和町)の家に移った」。戦後生まれの僕は、浜寺の大きな家しかしらない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/21 09:48
浜寺水練学校
浜寺水練学校  けさの道新のリオ五輪関連記事を見ていたら、父方の従姉の娘、藤木麻祐子(41)が中国シンクロチームのコーチをしていて、同国のデュオを銀メダルに導いた、と出ていた。たしか2008年の北京五輪当時、スペインチームのコーチをして銀メダルを取ったはず。立派な国際指導者なんだろうなあ。この子も母親同様、幼いころ、浜寺水練学校で水泳を始めたはず。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/19 08:46
野球小僧キタをやっと褒めた
野球小僧キタをやっと褒めた 夏の全国高校野球大会が昨日から始まった。実況中継を見ていると、苦い思いがよみがえるのが毎年この季節だった。私もかつて甲子園組のはるか裾野で白球を追っていた。3年生の大阪府予選一回戦で0−10コールド負け(相手は当時の強豪明星高校)。1966年のことだからちょうど半世紀たった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/08 10:44
唯一の公式戦完投勝利ー50年前の話ですが
唯一の公式戦完投勝利ー50年前の話ですが Every dog has its day. という言葉がある。「一生の内、だれにだって、得意の時があるさ」という意味。今でも気分は野球小僧のキタにも 「its day」があった、という話を書いてみたい。ただ、その日のことについて記憶が全くない。野球、および人生の恩師、小川修一先生に昨年いただいた高校野球時代のスコアブックをたどって書けるのみ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/08 09:15
PL学園の思い出
PL学園の思い出 大阪の高校野球の名門、PL学園がことしの夏の大会を最後に休部した。大阪で高校野球を経験したものにとっては思い出深い「PL学園」の名ではあった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/17 20:30
懐かしのシンガポール1
懐かしのシンガポール1 私の本棚に1冊の写真集がある。「SINGAPORE through 19th CENTURY PHOTOGRAPHS」 1997年〜99年北海道新聞駐在記者として生活したシンガポール19世紀の姿を集めたものだ。現代のシンガポールとはだいぶ違うが、チャイナタウンのショップハウスなどは100数十年を経て大切に維持してきた歴史を十分うかがわせる。ページをめくり、英文のキャプションを読みながら、わが50代前後を思い出している。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/10 08:10
明治も、昭和も遠くなりにけり
1967年に大学に入った時、1900年(明治33年)3月23日生まれの母方の祖父は今の僕と同じ67歳だったんだなあ、と最近気付いた。吉野の人。「われ(お前)、ぐわいこくご(がいこくご)大学出て、通弁(通訳のこと)になるんけ」と大和(やまと)弁で言ったのを今でも覚えています。僕のふたまわり上の子年生まれの母、そのまた2まわり上の祖父。自分とたった48歳違うだけで、単語も発音も江戸時代みたいやなあ、と感心したから記憶が鮮明だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/06 09:24
似鳥昭雄、土屋公三氏との初対面
似鳥昭雄、土屋公三氏との初対面  Facebookを見ていたら、家具業国内最大手ニトリの総帥、似鳥昭雄氏と道内住宅メーカー大手、土屋ホーム会長、土屋公三氏のことを「ともだち」が書いたり、ニュースをシェアしていた。2人にキタ自身が初めて会ったときのことを書いてみたい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/08 13:13
藤圭子はあらためて、すごいと思う。
藤圭子はあらためて、すごいと思う。 友だちの好意で藤圭子が歌う5枚組108曲を聴いています。つくづくすごい歌手だ。うまく歌う、というのでなく、全曲「言葉、歌詞に魂がある。まさしく言霊」。圭子が残したのは宇多田だけではなかったんだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/28 09:56
<&#9835;そんな時代もあったねと♪>初芝居1954年
<&#9835;そんな時代もあったねと♪>初芝居1954年 1954年(昭和29)年秋、キタ6歳。大阪府中河内郡玉川町(現東大阪市)立玉川幼稚園の学芸会。「ハーメルンの笛吹き男」で大発生したネズミを退治してくれたら高額の成功報酬を出す、と笛吹き男に約束したのを反故にした悪い市長を演じました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/24 07:09
今年も大野さんの版画賀状来た!
今年も大野さんの版画賀状来た!  いただいた年賀状はどれもうれしい。なかでも新聞社時代の恩師でもある大野栄さん(札幌市北区)から毎年いただく仏画ともいえる版画がBest of Bestsです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/02 12:56
SNS、ブログと「表現の自由」について。
 2011年3月からJICAのシニアボランティとしてモンゴルの大学で2年間、エコツーリズムを教えた。同年1月から65日間の派遣前研修(JICAは「訓練」と呼んでいたが、私は訓練を受ける犬でないので「研修」と言い換えていた)をしている時に「訓練または海外協力活動に関して新聞、雑誌などに寄稿し、出版し、インターネット上に掲載又は講演などをしようとするときは、あらかじめJICAの承認をうけなければならない」などとする「シニアボランティアの派遣に関する合意書」というのを結ばされた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/30 18:57
金泳三さんの思ひ出
金泳三さんの思ひ出 昨日、韓国の元大統領、金泳三大統領が逝去された。キタは1987年12月の大統領選以来、92年3月に北海道新聞初代駐在記者の任期が終わるまでお付き合いさせてもらった。享年87。ご冥福を祈ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/23 11:17
大阪外大花園寮の思い出
大阪外大花園寮の思い出  在学中、とりわけ3回生以降はほとんど授業に出なかったわたくしめが、いま大阪外国語大同窓会「咲耶会」北海道支部長を仰せつかっている。そのため、卒業後ほぼ半世紀ぶりに、大阪で開かれる同窓会総会に来週土曜、出席する。そんな折、在学中、1年間ほど暮らした花園寮時代のことを思い出している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/07 02:52
坂野上明さんの思い出
 北見への1泊2日の旅を終えて昨夜、帰宅したら、元いた北海道新聞の社報が届いていた。1面トップは4代前の社長、坂野上明さんの訃報。すでに道新本紙でも報じられていたのを読んで冥福をお祈りしたが、社報では広瀬現社長の葬儀での弔辞や、社内関係者の回顧文章が見られ、あらためて、しばし故人との思い出に浸った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/03 07:34
49年前の高校野球を思い出す
49年前の高校野球を思い出す  日本列島はいま、高校野球の予選たけなわ。きょう大阪府大会2回戦で母校(府立池田)が府立大冠高と対戦した。さきほどネットで結果をみたら、5回コールド0-11で敗れたよう。49年前の1966年、私たちも5回コールド0-10で私学の雄、明星(64年に全国制覇)に敗れたことがまざまざとよみがえる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/19 20:06
鹿熊銑二 忘れ得ぬ人
鹿熊銑二 忘れ得ぬ人 鹿熊銑二という人がいた。丸井今井デパートの役員一歩手前まで進んで1990年ごろ、50歳代前半の若さで動脈瘤破裂で急死された。キタがソウルで悪戦苦闘していた87、8年ごろ、たびたび慰問に来ていただき(もちろん、わたしに会うことだけが目的ではなかったろうが)、励ましてもらった。どれだけ救われたことか。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/20 08:29
18歳の父と私
18歳の父と私 父は1924年、私は48年のともに子年生まれ。左の写真は父、旧制大阪府立西野田工業在学中18歳ごろの写真と思われる。とすると、1942年ごろの写真。右はわたくし高校3年、大学入試前の写真だと思う。とすると1966年か67年、18歳ごろ。鼻、口元は似てるなあ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/17 21:49
白球を追っていた時代U
白球を追っていた時代U  少年はプレーボールのサイレンが鳴りやまないうちに、ドラツグバント。打球には目もくれず疾駆した。三塁線内野安打。送りバントで二進したが、さほど巧妙ともいえないけん制球に慣死した。あがっていたのか。「痛いぞ」。監督の声が今も耳に残る。一九六六年七月、夏の高校野球大阪府予選1回戦。明星10ー0池田(五回コールド)。十八歳の夏はあっけなぐ終わった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/13 08:33
白球を追っていた時代
白球を追っていた時代 母校大阪池田高校の野球部が今年または来年、創部70年を迎えるらしい。いま、喜多在学時代の恩師であり、当時の野球部監督だった小川修一先生の尽力で、創部以来今日までの公式試合記録を記念誌に収録する準備が進んでいると、同期の主将で現OB会長の光増省一君からきょう、メールをもらった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/05/12 21:27
「けなり」とはレンギョウのことです
「けなり」とはレンギョウのことです 昨日、北の映像ミュージアムの当番が午後2時に終わり、ヨドバシカメラでWi-Fi のルーター買って帰宅しました。道中はすべてママちゃり。途中美しい花にであいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/27 11:21
1950年代ポップス
 昨日は疲れて夜8時過ぎに寝た。当然のことながら、夜中1時すぎ目が醒めてしまった。寝室となりの勉強部屋に入り、身辺整理(机のまわりを片付けるだけのこと)しながら、ラジオ深夜便聴く。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/27 03:36
一生もののおつき合い
一生もののおつき合い  21日、東京への旅行最後の夜の事を書きます。6日間の旅のハイライトでした。出光興産の3人のOBとの会食。日本橋のタイ国料理店で酒を酌み交わし、ご馳走に舌鼓をうちながら、昔話や近況などを語り合いました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/24 23:37
公式戦で本盗していた
公式戦で本盗していた  昨日、東京・市谷のホテルで大阪池田高校の関東支部同窓会が開かれ、出席しました。ゲストでこられていた小川修一先生から貴重な品を見せられました。昭和41(1966)年4月29日のスコアブック。高校野球春の府大会2回戦で、キタがホーム・スチールに成功したという記載があります。私はまったく記憶にありませんが、スコアブックは動かぬ証拠です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/19 08:50
1升餅の思い出
1升餅の思い出 きょうは同じマンション隣の30代夫婦の間に生まれた一粒だね要(かなめ)ちゃんの1歳の誕生日。朝、ささやかなプレゼント(絵本)を差し上げたら、夕刻、「一升餅」と赤飯のおすそ分けを持ってきてくだすった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/29 00:27
魚の目が消えた日
 私の妹の一人息子、つまり甥がfFacebookに、魚の目に悩まされているJ話を書いているのを読んで、「あれ、遺伝かなあ」と昔のことを思い出しました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/15 06:15
4年前の日の出
4年前の日の出  下の日の出の写真は、2011年3月11日午前6時9分58秒、福島県二本松市安達太良山麓から喜多が撮影したものです。JICAトレーニングセンター研修終了日。モンゴル出発を2週間後に控え、62歳の老人もそれなりに新たな希望を日の出に托したひと時でした。その約8時間後、JR郡山駅で、大地震に遭遇します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/11 06:21
黒田君にわるいことをした
黒田君にわるいことをした 昨日、一通の同窓会案内が届きました。 51年前、1964年卒業した大阪府豊中市の一中ラグビー部の同窓会です。そう、私、中学3年間野球部(準硬式)に所属していたのですが、3年生夏の府大会が終わった後、ほんの少しの間、ラグビー部に所属していました。幹事の宮本君らが腰かけOBも忘れず声を掛けてくれたのでした。ありがとう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/21 09:18
玉袋筋太郎君で思い出すこと。
玉袋筋太郎君で思い出すこと。  お笑い芸人で」「玉袋筋太郎」という名の人がいることを初めて知った。Yahoo!のポータルサイトで見た。NHKの番組クレジットに初めてその名前で掲載された、という他愛ないニュースだった。それまでは「玉ちゃん」と仮の名で書かれていたのが、ようやく本物の芸名がNHKで解禁された、と本人もいたく喜んでいるらしい。それを読みながら、43年前、新聞記者駆け出しのころのある取材を思い出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/11 18:54
記者1年生のちいさま特ダネ
記者1年生のちいさま特ダネ  いわゆる特ダネ記者ではなかったし、名文家でもなかった。平凡な記者だったと、自己総括した。その中で、あれはいなか町のいい話題を掘り起こした記者生活最初のちいさな特ダネだったなあ、と思い出す記事がある。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/14 17:24
25年前の帽子とマフラーいまも
25年前の帽子とマフラーいまも  昨日、なにげなく、ソウル駐在時代(1987〜92)の日誌をめくっていたら、当時の写真が挟んであった。真冬、北緯38度線上に設けられた南北朝鮮軍事境界線の非武装地帯付近に取材に行った時のもの。写真の自分のいで立ちを見て驚いたことがある。革ジャンパー襟元のマフラーはいま使っているのと同じ。モノ持ちが悪いキタとしては、25年もなくさずにいるのは画期的。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/03 10:45
47年前の友人からの到来もの
47年前の友人からの到来もの  おなじ年に大学に入り1年だけ一緒にクラブ活動をし、同じ寮で寝泊りをした友人から、きのう、珍味が届きました。博多の明太子ととんこつラーメン。 インターネットで居所を奇跡的に探し当てたことを喜んでくれた。そんなに喜んでくれて、僕もうれしい。人間の出会い。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/13 20:21
47年ぶりの電話
47年ぶりの電話  きょう、大学時代の友と47年ぶりに電話で話をしました。同じ年に入学し、ラグビーを1年間だけだったけど一緒にやった仲。珍しい名前だから、インターネットgoogleの検索エンジンに入力したら、一人だけ該当者がいました。電話番号に掛けてみるとS.A君その人でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/11/30 23:31
人間は3度死ぬ
人間は3度死ぬ  きょう11月26日の毎日新聞の人生相談で、わかぎゑふさんという劇作家が回答していた。曰く、「私は人間は3度死ぬと思っています。1度目は肉体の死。次に彼、あるいは彼女が生きていたことを記憶し、思いを寄せる人の死。最後にそのすべてが歴史とともに忘れ去られることです」。私とよく似たことを考える人がいるんだなあ、と思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/26 23:19
バイカモ。フブスグル湖と真狩川
バイカモ。フブスグル湖と真狩川 日曜日の朝、蒲田のホテルのテレビでみた自然百景(だったかな?)は北海道の真狩(まっかり)川。そこに、飛び切りの清流にしか自生しないバイカモ(梅花藻)があり、黄色い花が水面に顔を出している映像が映った。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/18 05:21
僕が亡き曽祖母を時々思い出すように
 66歳にもなれば、楽天家のキタも、さすがに「あと何年生きられるだろうか」などと時々考えるようになりました。区切りのよいところで4分の3世紀、つまり75歳というのはどうだろうか。あと9年だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/12 08:16
まあちゃんの思い出
 私には終生忘れられない日付があります。10月5日。3男1女の同胞(はらから)のうち、たった1人、満5歳で非業の死を遂げた末弟、雅憲の誕生日です。生きていたらきょう59歳です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/05 19:45
48年前の高校球児
 1枚の白黒写真がわたしの古いアルバムにあります。第48回全国高校野球選手権大阪大会」の文字が見えます。今年は96回大会だから48年前ですか。66−48=18。そう、喜多18歳、高校野球生活最後の夏でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/28 06:44
42年間のお付き合い
 毎月第3水曜、狸小路のライオンに北海道新聞の同期入社が集まってビールを酌み交わしています。この20日の霊会(変換ミスだけど、やがて霊会になるのでそのままにします)で、元カメラマン兼取材記者だった戸坂良夫君から、7月の特別例会で白老に遊んだ時の写真数葉いただいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/23 08:38
大学同窓会の出席通知ひとケタとは・・・
 7月19日、ホテルオークラ札幌で開く予定の大阪外国語大学北海道支部の同窓会。きょうの締切を前に、出席の通知があったのは私を含めて9人。120人に案内文書を出したのですが。あまりの少なさに愕然。それでも地道な活動をしていけば増えるはず。まあぼちぼちやりますか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/30 06:59
落点(ナクチョム)
 1990年前後、まだ韓国語をほとんど知らなかったころのことを唐突に思い出した。韓国の新聞を読んでいると政府人事に関する記事の中で「落点&#54616;&#45796;」という表現が出ていた。辞書をひかずに漢字の字づらから、「ああ、この人は落第、指名されなかったんだな」と類推したら、意味は全く逆だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/26 07:31
会津若松の和菓子「小法師」。
 昨日、会津若松の伝統的和菓子、小法師が送られてきました。先日、北大構内であった若松から一人旅の女性の贈り物です。3年前の3月訪れた会津のなつかしい味がしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/22 08:21
銭湯Go! 街に
 きょう夕方、銭湯に行きました。このところ、シャワーしか使ってないので。地下鉄菊水駅近くに銭湯があるのは知っていたが、入るのは初めて。なかなかしっかりした、いい湯でした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/13 20:37
悲しくてやりきれなかったころ
 さっき、テレビで福山雅治が言っていた。長崎から東京に出てメジャーのミュージシャンになる前「やりたくないものはいっぱいあったが、やりたいものが見つからなかった」と。それを聞いて、ああ、自分もそうだった、と思い出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/31 03:18
60年前の幼稚園時代
 幼稚園時代の話をします。6歳の春、昭和でいうと23年、1954年4月に大阪府中河内郡玉川町立玉川幼稚園に入園しました。当時としては当たり前の1年保育でしたから、翌年、玉川町から河内市になった、河内市立中央小学校に入学しました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/25 08:17
残酷な見栄(みえ)
1枚のモノクロ写真があります。キタ豊中一中1年ごろ。後ろに写っている妹が南桜塚小3年か。その後ろの掘立小屋みたいな建物が、ぼくらが3年ほど暮らしたアパートです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/08 12:08
1972稚内大停電
 年末、札幌から送ってもらった北海道新聞をみて、11月27日から30日まで4日間、室蘭・登別地方が風雪害による大停電に見舞われた様子がよくわかった。その40年前、わたしが稚内で新聞記者生活を始めた1972年の暮れ、12月1日から稚内地方が約1週間の大停電になったのと酷似している。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/12 05:55
祖父の巣ごもり
 大晦日に父方の祖父について書いたので、母方の祖父についても書かないと、不公平、というわけではありませんが、記しておこうと思います。孫のほのちゃん、かれんちゃんからみればひいひいじいいちゃん。面白いひとでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/08 22:20
今年は祖父の生誕120年でした。
今日で2012年とお別れです。モンゴルではあと3時間10分、日本では2時間10分。今年中に言っておかなければならないことが一つありました。わたしの父方の祖父、森房吉が岐阜県安八郡安八町で生まれたのが1892年。今から120年前。だからどうだ、ということはありませんが、生前もっと話したかった。これは父も同じですが。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/31 22:41
わが生涯の一投、一打
 きのう、大学への贈呈本の目録つくりをしていたら、工藤公康投手(2010年、48歳まで現役)の書いた「47番の投球論」(ベスト選書、本体700円)が出てきた。まだ読んでいませんでした。寝本にして通読しました。私と同じ左腕投手(それだけが共通点)だし、面白く読むうち、わが生涯、会心の一投一打はなんだったか、と思い出してみました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/12 10:29
スイカと祖父
  昨夕、オレンジ・ザハで買って来たスイカを切ってさきほど食べました。瑞々しく大変甘かった。食べながら思い出すことがあります。11歳小学校5年生の時、父方の祖父の思い出です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/02 02:21
99死に1生をえたことを忘れてはならぬ
 1980年代にタンザニアでの交通事故で6人の海外協力隊員が亡くなり、その一人の父上が先週の土曜日に後輩への戒めとなるお話をしてくださったことは、すでに書きました。そのときのある言葉の意味がいまわかったような気がします。重ねて書いてみます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/03/09 04:59
日本国憲法と国際ボランティア
  昨日のブログで、高校一年のとき英語の教科書のテキストを暗誦する校内大会のことを思い出したと書いたら、いつもコメントを寄せてくれる高校時代の友人でいまも親交のあるサンペイ氏から、ご自身もそんな思い出あると書いてこられた。そうだ、子供のころ、いろいろ暗誦されたなあ。日本国憲法の前文もその一つ。いまも中学校で憲法前文暗誦させているのかなあ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/11 05:40
堺市立浜寺昭和小学校
  いまJICA二本松青年海外協力隊訓練所で一緒にモンゴル語を勉強しているMさん(昭和29年生まれ)と話していて、彼が大阪府堺市立浜寺昭和小学校の卒業とわかりました。実はキタも1959年の1学期だけ、この学校にいたことがあり、びっくりしました。世間は狭い。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/21 21:13
告白−子供のころは巨人ファンでした
  いまでは考えられないことですが、最初にプロ野球を知ったころ、小学生低学年のころですが、巨人ファンでした。川上哲治がまだ現役で「野球の神様」と呼ばれた時代からです。それから大学生になって、川上式の管理野球と常勝軍軍団だの、「巨人軍は不滅です」などというエリート意識が自民党長期政権とダブって巨人嫌いになり、トラ派に宗旨替えしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/12/31 07:02
大阪府立池田高校19期2年6組45年目のクラス会
  昨日、大阪の西梅田で開かれた高校2年生のクラス会に出てきました。3年生のクラス会もしたことがないのに、何で2年生の?それは中心人物、サンペイことS.H君の献身的準備のおかげでした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/11/22 05:54
ボツ原稿、12年後の亡霊
 このところ、旅の準備や、映像ミュージアムのことなどで夜更かしするせいか、熟睡できず、悪い夢をみてしまいます。昨夜は12年前、シンガポール駐在記者時代に書いた3回の企画がボツになったときのことがよみがえり、夢の中で盛んに憤慨していました。目が覚めるとどっと疲れていまいた。我ながらしつこいなあ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/15 10:52
またまた、40年前の思い出に浸る
  きょうから11月。来年4月からのモンゴル行き、その前の1月6日から65日間の研修(福島県)、その前の11月22日から1ヶ月のオーストラリア旅行。短期、中期の準備をこの20日間で一気にやらなければなりません。新聞社にいた時より忙しいかもしれない。でもまた、40年前の日記のページをめくってしまった。試験前に小説が読みたくなった昔とおなじだね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/01 17:14
「若き飢えてる、の悩み」−22歳の日記から
 秋の夜長に1970年、22歳のわが日記を覗いてみた。自虐的に公開します。40年後の自分とどう違うのか、どう関わるのか。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/31 02:19
ハンカチ王子が北海道日ハム入りへ!
  昨28日のプロ野球ドラフト会議で北海道日本ハムファイターズが4球団競合によるくじ引きで早大のハンカチ王子、斎藤佑樹投手の交渉権を獲得しました。予想もしていなかったのでびっくりしたし、喜んでいます。大事に育ててほしいものです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/29 02:20
「小ば金さんを偲ぶ会」すんでほっとしました
 この3連休−といっても退職した身にはずうっと連休のようなものですが−、初日の土曜日に北海道新聞の大先輩、小林金三さんを偲ぶ会に全力投球したので、疲れてしまってあとの2日間、すっかり呆けてしまいました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/12 01:02
今年は私の入道40年の年でした
  21日夕刻、知床ウトロの知床第一ホテルで旅装を解いたあと、40分ほどジョギングをしました。高台にあるホテルから走り降り、ウトロ漁港に近いところに「酋長の家」というみやげ物店兼民宿がありました。この店こそ、キタがちょうど40年前の夏、1週間ほどわらじを脱ぎ、木彫りの熊の売り子をしていた店です。店の構えは立派になったけれど、店のうしろに大きな岩を背負っているのは昔のまんま。場所が同じなら当たり前ですが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/22 00:30
わが青春の上八
大阪の宿は上本町六丁目のシェラトン都ホテル。かつては奈良の都ホテルとならんで一流ホテルでしたが、シェラトンの傘下に入りlキタでも泊まれるクラスになりましたか。朝6時にジョギングに出かけました。キタが18歳から23歳まで通った大阪外語大学のある上本町八丁目は目と鼻の先。でも外語は箕面に移転した挙句、阪大に吸収合併されて今は大阪大学外国語学部だそう。跡地は大阪国際交流センターになっていました。情けない話です。  ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/03 23:39
ラジオ体操
 けさ、リキタの散歩から帰って1階エレベータホールにいたら、キタのちょっと上の階のさやかちゃん(小5)が降りてきました。「おjはよう」といいつつ時計を見ると6時20分くらいなので、ラジオ体操だな、と分かりました。リキを送り届けて自分も体操に行くことにしました。夏休みのラジオ体操に出るのは息子の小さいとき以来でしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/10 08:35
スイカと柿の葉寿司の思い出
 いま北海道は(全国どこでもか?)スイカのたべごろ。甘い、みずみずしい。この時節たいて我が家の冷蔵庫に入っています。昨夜も夕食後いただきました。写真のようにキタは皮のうちらがわの白い部分が表れるまでほぼ食べきります。甘さが薄れ果ててちょっと苦味が混じるくらいで「食べ方やめい!」になります。それには深い訳があります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/01 05:33
「送る会」の記念写真来たり、思い出に浸る
 昨日夕刻、道新のベテラン・カメラマンN君が夜勤明け帰宅途中に立ち寄ってくれ、7月9日、40人に出席していただいた「送る会」の記念写真を届けてくれました。みんな良い笑顔で映っています。N君去ったあともしばし、その一人一人の顔を凝視しながら、あの夜のこと、さらには面々との思い出がまたよみがえりました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/25 08:36
ラグビーの往年の名選手、名監督森重隆氏と遭遇
  博多にきています。知人に連れられてきた小料理店で明治から新日鉄釜石ラグビーの初期黄金時代を築いた森重隆氏に初めて会い、感激しました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/01 22:47
Nとわたしのスマトラ
  屯田兵の末裔を名乗る、入社同期のサクラN君がインドネシアの旅を続けている。詳しくは欄外「おすすめサイト」の彼のブログをクリックしてください。なんとスマトラ島の最北端バンダアチェまで行って2004年の大地震の爪あとを見、そこからアンダンマン諸島への海路ルートを探ってきたのだそう。いまジャカルタを徘徊しているという。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/01 06:04
5年前の今日
 5年前のきょう4月25日、二つの大きなできごとがありました。ひとつは穴の開いた右耳の鼓膜に、自分の頭部の組織を移植して再生する手術を受けたこと。もうひとつは全身麻酔をかけられ手術を受けているころ、JR西日本福知山線(宝塚線)の塚口−尼崎間で列車が暴走して107人の死者を出した事故が発生しました。目が覚め、自分の手術のことより、大事故のことが気になったことが思い出されます。関西の出身ですから。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/25 08:21
アンクルンのトレモロ
  インドネシアの楽器アンクルンをご存知でしょうか。ウィキペディアの説明を借りると、「竹製の打楽器。ジャワ島の西ジャワに起源を持つといわれる。中をえぐってオクターブに調律した2本の竹筒とそれをつなぐ竹枠からなり、ゆすって竹筒と竹筒をぶつけて音を出す。音程は竹の長さ・太さによって異なり、ハンドベルのように何人かで分担して音階を形成する」とあります。キタはアンクルンのトレモロを聞くと、遠い祖先の時代に引き戻されるような懐かしさに満たされます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/30 05:09
犬好きは隔世遺伝か
 出張や旅行の時を除いて、毎朝6時過ぎにリキタを連れて豊平河畔を散歩します。いや、相対的にいえばリキに連散歩に連れて行ってもらっているのかもしれません。飼い始めてまだ3年足らず。自分がこんなに犬好きだったとは気付きませんでした。これは祖父譲りなのかもしれません。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/10 06:39
そうか、わが母校、「大阪外語」はもうないのか
 けさ日経新聞最終面のコラム、「文化往来」を読んでいたら「大阪外国語学校(現大阪大学)」というくだりがありました。大阪外国語学校はキタが出た大阪外大の前身。すると、大阪外国語大学もまた「(現大阪大学)と書かれるのか。愛校心などかけらもないはずのわが身ではあるが、そうか、もう母校はないのか、とちょっとさびしく実感しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/03/09 07:05
 昔の仲間と楽しい酒
昨夜は編集局の幹部(私たちは局管と呼びます)をしているX君とその部下のY君と3人で酒を飲みました。2004年に編集局を離れて6年め。仕事の発想方法も関心も編集局時代とはだいぶ違ってきましたが、根っこはやはり編集の人間。現在の北海道新聞の紙面について、記者育成について、青臭いことを言っている自分に気づく瞬間もありましたが、X、Y両君は旭川報道部長時代の筆頭デスクとキャップ。気の置けない仲なので本当に楽しい酒でした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/17 08:23
破門されてもすぐ重役−大相撲すこしは変わる?
  二所ノ関一門を破門された貴乃花親方が理事選挙で当選を果たしました。昔の九重親方の破門騒動を知るオールド相撲ファンのキタの目には驚天動地の出来事に映りました。これで大相撲も少しは変わるかもしれないと、いう期待もあります。貴乃花さんがどんどん改革ののろしを上げるという単純な期待はありませんが。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/02 07:17
浅川マキ、長谷川きよし、加藤登紀子
  きょうの道新夕刊芸能面を読んでいたら、加藤登紀子が浅川マキの追悼文を書いていました。タイトルは「重くきっぱりとした反世界」。わたし、キタは1970年前後、一時、大阪の大学にいづらい事情があって、東京に潜んでいる時期がありました。そのころ酔っ払ってやけっぱちに歌っていたのが浅川マキの「かもめ」「赤い橋」、長谷川きよしの「別れのサンバ」、「黒の舟歌」(オリジナルは野坂昭如さんだったか)でした。当時の心情はまさしく、加藤登紀子さんがいう「反世界」的なものでした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/21 18:02
穏やかで悲しい日曜日
  朝8時雪がしんしんと降りしきる中、リキタの散歩。札幌の積雪はおそらく今冬最深に達しているでしょう。この降り方では河川敷の散歩道の雪はリキタの体高とどっこいどっこい。歩くのは無理。河川敷に下りず、町なかの歩道にコースをとりました。それでも雪は深く、犬かきで泳ぐように元気に進むリキタでした。曇天降雪の冬空は午前10時ごろになって好転、ベランダの窓から明るい日差しが差し込み、室内はストーブを消しても気温がどんどん上昇しました。▲大雪から一転ベランダから日差しが差し込む日曜の午後。物干しに掛かるのは... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/17 21:33
稚劇、名画座、日本劇場…最北の町の映画館の思い出
最北の町稚内に20年ぶりに映画館が復活するというニュースが年明けありました。JR稚内駅の再開発ビルに5月、3スクリーンのシネコン方式でお目見えするそう。キタが彼の地で新聞記者稼業を始めた昭和47年(1972年)当時、人口5万5千の漁業基地の中心街に3つの映画館がありました。その思い出を−。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/01/15 05:34
きょうは北見へ行きます
  ベッドの頭の上に直径20センチくらいの円形置時計があります。目覚めて見上げたら6時15分なので起きたら、窓の外の札幌テレビ塔のデジタル時計がまだ点灯していません。5時から点灯するはず。もしやと思い置時計をもう一度見直したら、3時20分すこし前。暗がりの中で長針と短針を見間違ったのでした。これを寝ぼけというのでしょう。昨夜は疲れていつもより早めに眠りに落ちたから、目覚めるのも早かった。きょうは午前中まで会社で勤務して午後1時過ぎの飛行機で北見に行きます。道新グループ主催の新年交礼会に本社を代表... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/01/05 05:01
息子への詫び状ー愛犬を手放させた罪
  先日、さる人から30年以上前のことを尋ねられ、それに関するスナップ写真があるはずと古いアルバムをめくっていたら、1980年代にとった家族と一緒に白い小型犬が写っている写真が何枚も貼られていました。小学生だった二男が捨て犬を拾ってきて育てていたのでした。名前をチェックといいました。▲二男とチェック=1986年ごろか ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/17 08:14
愛すべきワンマン 浜森辰雄・元稚内市長逝く
  もう4日のことになりますが、元稚内市長浜森辰雄さんが逝去されました。93歳。1959年から91年までの8期32年。道内市長の最長記録を今ももっています。キタが新米記者として稚内にいた72〜75年はまさに浜森さんの全盛期。部下が震え上がるほどのワンマンながら、気配りも大変なものでした。キタの長男が生まれたときにいただいたアルバムの表紙を開くと、「しろがねも黄金も玉もなにせむにまされる宝子にしかめやも」の山上憶良の歌をしたためた浜森さんの直筆祝詞があります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/08 22:27
  スコアブックは語る−高校野球部OB懇親会に出席(2)
 大阪池田高校時代の恩師小川先生に、昨日の懇親会に貴重な資料を持って来ていただいた。キタが在籍したころの写真やスコアブック。とりわけ、昭和41年(1965年)のスコアブックはまさにキタの高校野球の集大成とも言うべき時期のものなのですが、スコアブックの各試合の内容を読みこんでも当時のことがあまり記憶にありません。ところどころ、「これがそうかな」という程度です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/07 01:07
 波乱万丈と強運の韓国政治家、金大中氏の思い出
  一昨日の姜尚中氏の北海道政経懇話会講演を聴いていて気になることがありました。今年5月に姜さんが対談した韓国元大統領の金大中さんが集中治療室(ICU)に入っているというのです。詳しくは説明されなかったけれど、ICUとはただ事ではありません。キタは1盧3金(金大中、金泳三、金鍾泌)が争った、1987年の大統領選挙を取材して以来、大中さんには深い思いがあります。早い回復を祈らずにはおれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/07/29 02:31
1970年9月の羅臼登山
 学生時代の日記帳をめくっていたら一葉のカードがはらりと落ちました。斜里営林署発行の登山証とあります。 昭和45年(1970年)9月20日発行。場所経路は「岩尾別−羅臼町」目的は「登山」とあります。日記によると、7月14日8時40分大阪発の日本海回り青森行き特急「白鳥(はくちょう)」で深夜青森着。青函連絡船経由で函館から特急おおぞらで札幌入りしたのは15日朝。翌16日北海道新聞の一次試験を受け、17日朝、国鉄日高本線で襟裳岬を目指す。羅臼岳に登ったのは2ヶ月余の北海道放浪の旅の終盤でした。 ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/07/23 06:59
22歳で散華した祖父の甥がナビしてくれました−ルーツへの旅(1)
  1泊2日の滋賀、岐阜への旅の二日目(6月28日)のことを書きます。父方の祖父の出身地岐阜県大垣地方をもの心ついてから始めての訪問です。あとで6歳のとき、この地を訪れていたことが判明します。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/30 08:06
  そこは6歳の時訪れた父の叔父の家だった−ルーツへの旅(2)
  ほどなくグレーの乗用車で夫に伴われてやってきたのはキタの祖父の兄の孫にあたるS子さん。年齢はキタより10歳以上若いが、曾祖父を頂点とするくひ孫同士。あとで貴重な最初の情報をくれた大阪の従姉K子にパソコンから写真を送ると、K子とキタの叔母にあたる父の妹によく似ているといいます。別のところで育っても「血は水よりも濃し」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/06/30 08:05
37年ぶりの魚の目
 最近、右足裏、小指の付け根あたりがちくちくするので見てみると小さな魚の目ができかかっています。この2年間少なくとも朝は25分から30分かけて徒歩通勤しているかならなのでしょうか。魚の目には稚内支局の新人記者時代、悩まされたものでした。37年ぶりの再会です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/19 06:36
マスクの効用−韓国の場合
  先の韓国旅行で持ち帰った現地の新聞をあらためて見ていたら、5月1日のメーデーに、収賄の疑いで事情聴取を受けたノ・ムヒョン前大統領に対する抗議デモがソウル市内であり、デモ隊の中にマスク姿が多いことが紙面に載っていました。今も昔もマスクとデモは切っても切れない縁。この夜、明洞に近いところで観劇しての帰り、デモのあおりで交通渋滞する中、ホテルに戻りましたっけ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/11 06:34
ミッチーブーム、長嶋登場とテレビ草創期の思い出
きょうの朝刊は各紙天皇の結婚50年を大々的に取り上げています。感想を言えばちょっと過剰な扱いかな。結婚の儀の前年、昭和でいえば33年にお二人が婚約。ミッチーブームに火がつきました。キタ10歳のみぎり。大阪府河内市立(現東大阪市)中央小学校4年生でした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/10 23:51
サクラの思い出
  昨日、東京で満開ないし花吹雪状態のサクラを見たとき、ほんとうに心が和みました。正直にいうと涙がでそうになりました。なぜか。よく言われる「ぱっと咲いて、ぱっと潔く散っていく風情は日本人の琴線にふれるからだ」というのともちょっと違います。心に幼い時代のいくつかのシーンが浮かぶからではないかと思うのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/09 17:32
ひばりの思い出
  今朝6時ごろ、NHKラジオを聴いていたら、日本野鳥の会の人の話で、最近野鳥のひばりが激減しているといいます。キタが大阪は河内平野の田園地帯で長屋暮らしをしていた年齢ひとケタ台のころ、ヒバリのさえずりはうるさいほどでした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/29 11:51
新聞記者を志したころ
 僕は近い将来−この近い将来はとりもなおさず僕の全生涯の進路となるーの進路を決定した。それは、今までに苦悩した最大の苦悩の後に。そしてこの決定は今後も情況の変化とともに、揺らぎ、苦しみ、自棄の中に僕をたたき込むだろう。だが、賭はなされた。僕の生きる道は資本の論理に貫徹された日本に於いて、絶えざる異議申し立てを行っていくことだ。これは1970年5月6日の日記の冒頭です。最初の大学4回生(4回生を2年やりました)。北海道新聞受験を2ヶ月後に控えた、22歳になる直前です。年齢のわりには幼い日記は続きま... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/24 06:16
青春前期の思い出「五階百貨店」
 きょう昼休みにNHKテレビを見ていたら懐かしい大阪日本橋(にっぽんばしと読みます)4丁目の五階百貨店からの中継でした。ここはキタの青春前期の思い出の地です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/27 17:34
阪神・淡路大震災から14年−後遺症いまも
 阪神・淡路大震災が14年前のきょう、つまり1995年1月17日午前5時46分ごろ発生しました。これを今書いている時間は4時56分ですから、あの日のいまごろの神戸の町は、それまでの毎日がそうであったように、まだ夜が明けきらない静寂の中にあったのでしょう。それを思うと、自然の力の前には無力な人間のいとなみ、運命のはかなさを感じずにはおれません。死者:6,437名 行方不明者:3名 負傷者:43,792名(ウィキペディアによる)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/17 05:46
旅のお供はいつも重さ28キロのスーツケースだった
  携帯電話の話を書いたら、シンガポール時代(1997年3月〜99年2月)のことをいっぱい思い出しました。シンガポールにいるより、月のうち半分は周辺の国を旅していたような気がします。その際、いつも大きなスーツケースを持っていきました。ケースをチャンギ空港でチェックインするとき、重さを計られるのですが、いつもきまって28キロでした。中身は写真のとおり。この写真は、帰国後時々、講演を頼まれたとき、スライドに映したスーツケースの中身です。まるで、北朝鮮の工作員のカバンみたいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/11 00:31
携帯電話と私−18年のお付き合い
  きょう大通地下街で携帯電話を買い換えました。年末に私用でシンガポールに行くのですが、ついでにちょっと仕事もあり、現地の人と連絡を取り合うので携帯が必要になりました。空港でレンタルしてもよいのですが、借りたり返したりの手続きで時間がとられるのも面倒。同じAUでも海外使用に切り替えできる機種にしました。今回はトランジットでソウルに一泊するので、そこでも使いたいと思いましたが、韓国で使えるのは別の機種とか。いやはやボーダレス時代というのにまだまだ不便ないこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/10 23:29
妊娠ボールを思い出した−私のなかの歴史を読んで
 北海道新聞夕刊の「私のなかの歴史」は、各界で功成り名を遂げた北海道ゆかりの人の人生を一人称の文体で語ってもらう名物シリーズです。先週金曜からは元北見北斗高校ラグビー部監督で、現道ラグビー協会会長でもある蓑口一光(かずみつ)さんの「楕円のボールを追って」が続いています。キタさんは中学校と大学で少しの間ラグビーをしていたこともあり、蓑口さんとも北見時代に面識があるので、興味深く読んでいます。今日の第3回に面白いことが書いてあり、にやっとしてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/20 21:51
礼文に津軽の凧がありました
  キタさんのうちのテレビ台の上には正月でもないのに大きな凧が飾ってあります。これは1972年、l稚内支局の記者当時、礼文島で取材した三上豊吉さん(当時80歳ぐらいか)からいただいたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/18 23:26
懐かしい恩師からのメール
 昨日、職場のEメールに懐かしいお名前のメールが届きました。「小川修一」。大阪府立池田高校時代の古文の先生であり、野球部の監督でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/20 02:29
36年ぶりに師の声を聞く
 目が覚めてNHKラジオ深夜便を聞いていたら、4時からの「心の時代」で小貫(おぬき)雅男さんという懐かしい名前が耳に入ってきました。小貫さんはキタさんが大阪外国語大学在籍中、モンゴル語の初歩やモンゴル現代史などを習った師。番組ではインタビューに答えて週5日は菜園を中心に3世代が仲良く家庭生活を送り、2日は現金収入を得るため企業や役所で働くという週休5日の「菜園家族」生活を提唱していらっしゃるといいます。  &nbsp; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/09 06:01
最後の眠りは吉野の山にしようか
 この4月、生まれ育った大阪に行ったとき、母の故郷、奈良県吉野郡に足を延ばしました。吉野とは言っても、大和の西端壷坂山からトンネルひとつ越えただけで、ほとんど大和の国といってもよいのですが、一応吉野郡。キタさんの偽名(ペンネームというほどのこともありません)の吉野力太の由来でもあります。  そこには今も、亡き祖父母の家があります。そこを訪ねるのは北海道に渡って初めてのような気もするし、一度行った様な気もします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/08 01:04

トップへ | みんなの「思い出」ブログ

Kita, WHO?

1948年大阪生まれ。元北海道新聞記者。11年3月から13年3月まで、JICAシニアボランティアとしてモンゴル国立農大(ХААИС)ダルハン校でエコツーリズムと基礎日本語を教えた。趣味は渓流釣り、映画、クラシック音楽鑑賞、漢字書道。書号は景泉 にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


    
感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人 思い出のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる