感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人

アクセスカウンタ

zoom RSS 地球儀を俯瞰する外交と虫瞰ジャーナリスト

<<   作成日時 : 2015/02/05 09:00   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 安倍晋三首相が主張する、「地球儀を俯瞰する外交」ってなんだ、と気になり、インタネットで検索してみた。曰く「外交は、単に周辺諸国との二国間関係を詰めるのではなく、地球儀を眺めるように世界全体を俯瞰して、自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった基本的価値に立脚し、戦略的な外交を展開していくのが基本である」ということらしい。

 、2013年1月に第2次安倍内閣が発足した際、所信表明演説で、同内閣の外交防衛政策として述べたと、されている。

 地球規模の視野で外交を展開するのはどの内閣でも当たり前のこと。わざわざ名前をつけるほどのことはない。むしろ「周辺諸国との二国間関係を詰めるのでなく」とことわるところが異様だ。「地球儀を俯瞰する外交」がもう少し、意味の深いものだと思ったが、結局のところ、それ以上のことはわからなかった。

「「地球儀を俯瞰する外交」−外国にもわかるように英語でなんというんだろう。

 A  bird's eye viewing diplomacy と言われても相手は??? 地球規模に気配りした外交政策 A globally attentive diplomatic policy  とでも意訳すれば少しはわかるだろうか。でも global の中に中韓という周辺国を含まないなら話はややこしい。

 外務省のホームページなどによると、総理就任以後、その所信表明どおり、「最周辺諸国」をスキップして、地球儀のあちこちを訪問しているようだ。これをドーナッツ外交と呼ぶ人もいる。真ん中が抜けている。

2013年1月 - ベトナム、タイ、インドネシア
2013年3月 - モンゴル
2013年5月 - トルコ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、ミャンマー
2013年6月 - アイルランド
2013年7月 - マレーシア、シンガポール、フィリピン
2013年8月 - バーレーン、クウェート、ジブチ、カタール
2013年9月 - アメリカ、カナダ
2013年10月 - トルコ
2013年11月 - カンボジア、ラオス
2014年1月-エジプト、ヨルダン、イスラエル、パレスチナ自治政府

 外交のキャッチフレーズにケチをつけるつもりはないが、わたしには「俯瞰する外交」って軽くて、おおざっぱな印象を感じてならない。

 話はそれるが、その昔、国際事件記者、大森実の書いた「虫に書く」という本を読んだことがある。大森を深く敬愛し、国際ジャーナリズムに身を投じた若者、中島輝雄が、カンボジアの戦場取材中、クメールルージュに狙撃され死亡。その才能と将来性を惜しんだ大森が中島の足跡と伝えたかったことを書いた著作だった。

 いま調べてみると、1972年の刊行。キタが新聞記者になった年。何冊か読んだ大森さんの本の一冊でした。その大森さんも今はない。

 「虫に書く」とは、俯瞰、鳥瞰ではなく、虫の眼で地べたを這いずり回って、その地の「人間」を取材して歩く。虫瞰的アプローチ。たとえ身の安全の保証がなくとも。

 一国の総理に、俯瞰、鳥瞰ではなく虫になって地球儀を虫瞰する外交をしてほしい、とはいえまいが、虫に書くジャーナリズムへの理解と共感がほしい。

 今回惨殺された後藤健二さんもまた、中島照雄と同じ「虫に書く」虫瞰ジャーナリストだったのだろう。

 昨年10月以前に、IS(「イスラム国」)に、2人の邦人が拘束されていた。そのさなか、安倍首相が足早に中東を訪問し、「テロとの戦いのための人道支援」を語ったそのスピーチ内容は、IS側を刺激し、2人を殺害する口実を与え、引き金を引いたことは否めない。

  後藤さんたちが行方不明になっていた昨年11月12日から15日までヨルダンを訪問した元外交官夫妻がいる。2人が在ヨルダン日本大使館も訪問した時、大使は不在、大使館内はしんと静まりかえっていたという。日本政府は後に、11月1日にはヨルダンにも対策本部を立ち上げたと発表しているが、どこにも「対策本部」を設けたという空気はなかった。
 以上の太字は、キタがたまたま、キタの大学同窓会情報で知った事実です。こんな大使館から、首相官邸にどんな情報とサジェスチョンがあったのか。

 一昨日の参院予算委で、中東訪問中に表明した2億ドルの人道支援がIS側を刺激したのではないか、という質問に対し、安倍総理は「テロリストに過度な気配りをする必要はない」」と突っぱねた。

 どうも、、しなやかさときめ細やかさを欠いたこの人の「地球儀を俯瞰する外交」の前には、まだまだ落とし穴が待ち受けているような気がしてならない。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Kita, WHO?

1948年大阪生まれ。元北海道新聞記者。11年3月から13年3月まで、JICAシニアボランティアとしてモンゴル国立農大(ХААИС)ダルハン校でエコツーリズムと基礎日本語を教えた。趣味は渓流釣り、映画、クラシック音楽鑑賞、漢字書道。書号は景泉 にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


    
地球儀を俯瞰する外交と虫瞰ジャーナリスト 感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる