感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人

アクセスカウンタ

zoom RSS 先行き困難でも、やっぱり北海道がいい。

<<   作成日時 : 2009/01/14 14:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 きょう14日の北海道新聞朝刊一面に、「ロビンソン札幌店 社員40人月末解雇」という4段見出しの記事があります。18日で閉店するススキノのロビンソン百貨店の正社員47人に対し親会社が道外への転勤を打診したけれど、40人は道内に留まることを意思表示したという。

 面倒をみなければならない親がいたり、持ち家があり生活の基盤が北海道にある人にとって、職があってもどんな生活が待っているかわからない本州には行きたくない。そんな気持ちは痛いほどわかります。それにしても47人中40人とは。これは本州の他府県だったらもっと高い比率で、住み慣れた土地を離れるでしょう。

 思い出すのは1987年の国鉄分割分割民営化のこと。当時、北海道の国鉄の赤字ローカル線を廃止したり、業務を合理化することで、余剰となる職員を北海道から本州に移動させる、いわゆる「広域移動」が提示されたけれど、それに応じた人は他府県の国鉄マンに比べ、北海道はきわめて少なかったことを憶えています。

 キタは何かと便利な大阪から北海道に来て37年。たとえ仕事がなくなっても、やはり死ぬまで北海道で暮らしていこうと思っています。

  四季がはっきりした豊かな自然があり、いい友たちがいっぱいいるこの北海道がいい。大阪にもソウルにも、シンガポールにもいい友がいっぱいいるけれど。やっぱり北海道のふところに抱かれて暮らしたい。

 ロビンソンを解雇される人たちも、「北海道は何ににも代えがたい」と思っているのでしょう。郷土北海道を愛してやまない、そんな人たちに働き甲斐のある仕事を用意できないものか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Kita, WHO?

1948年大阪生まれ。元北海道新聞記者。11年3月から13年3月まで、JICAシニアボランティアとしてモンゴル国立農大(ХААИС)ダルハン校でエコツーリズムと基礎日本語を教えた。趣味は渓流釣り、映画、クラシック音楽鑑賞、漢字書道。書号は景泉 にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


    
先行き困難でも、やっぱり北海道がいい。 感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる