感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人

アクセスカウンタ

zoom RSS 21歳窪田貴さん−北海道新聞文学賞からの出発

<<   作成日時 : 2008/11/26 08:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日、札幌グランドホテルで第42回北海道新聞文学賞、短歌賞、俳句賞の贈呈式が行われました。編集局文化部時代を含めてこの賞にずうっとかかわってきて今回はひときわうれしい贈呈式になりました。史上最年少、21歳の窪田貴(たかし)さんが文学賞(創作・評論部門)を受賞したからです。若き小説家のデビューです。

 窪田さんは高校を卒業して、いまは兄のもとに身をよせ、3人の甥、姪の面倒を見ながら創作活動をしています。机に向かうのは3人を寝かしつけてから午前2時までといいます。今回の受賞作「焚き火端会議」は異なる世代の幾人かが焚き火を囲んで語り合うという舞台設定。生と死に真正面から取り組んだ作品。まだまだ未熟ながら将来性を買う、と選考委員の先輩作家たちが評しています。

  贈呈式のあとの懇親会で話した窪田さんは物静かな好青年でした。これから四方八方から雑音も入り大変でしょうが、小説家といういばらの道を自分の意志で選んだんのですから、一心不乱に精進して大成してほしいと祈っています。

 窪田さんをはじめ、今年の各賞の受賞作品を集めたアンソロジーが来年1月下旬、北海道新聞社から発行すべく、準備がすすめられています。42回の文学賞の歴史で初めての試みです。キタはまだ「焚き火端会議」を読んでいません。発刊が楽しみです。

★窪田さんのインタビュー記事は次のURLをクリックhttp://www.hokkaido-np.co.jp/cont/doshin-bungaku/42072.html
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Kita, WHO?

1948年大阪生まれ。元北海道新聞記者。11年3月から13年3月まで、JICAシニアボランティアとしてモンゴル国立農大(ХААИС)ダルハン校でエコツーリズムと基礎日本語を教えた。趣味は渓流釣り、映画、クラシック音楽鑑賞、漢字書道。書号は景泉 にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


    
21歳窪田貴さん−北海道新聞文学賞からの出発 感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる