テーマ:愛犬リキタ

きょう5/17は亡きリキタ生誕13年

 ぼくは5月17日という日を心に刻んでいます。2007年のその日、江別のブリーダーの下で生まれたミニチュアシュナウザー雄が縁あって、喜多宅にやってきたのが生後半年を過ぎてから。リキタ(漢字は力太)と名付けました。2012年、5歳2か月の短い生涯を閉じるまで、家人とぼくに安らぎを与えてくれました。リキタが生まれた季節には毎年、近くの豊平川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リキタ土に還る

けさ6時に家人と家を出て豊平川堤防の外側に立つリキちゃん桜の木立ちへ。亡くなってから3年近置いていたリキタのお骨をリキちゃん桜の根元にうずめてやった。土に還るリキタ。 ▲生前のリキタ。2008年5月17日。満一歳の誕生日 ▲リキちゃんは眠る。八重桜の木の下で  ミニチュア・シュナウザー。2007年5月17日生まれ、2012…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リキなき日々のリキ桜

我が家から歩いて10分ぐらい、豊平川の堤防外側に5本ほどの八重桜の木立があります。わたしはこれをリキ桜と呼んできました。5歳で逝った愛犬リキタの名前を取って勝手に名づけただけですが。そのリキ桜、きょう自転車で通りがかったら、つぼみがだいぶ膨らみ、中には開ききったのもちらほら。在りし日のリキタとの花見散歩のことを思い出してしまいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛犬リキタが逝きました

 札幌に残してきた愛犬リキタが逝ったことを旅先で知りました。オスのシュナイザー2007年5月17日生まれ、5歳。中型犬は15歳ぐらいは生きると聞いていましたから、あまりに早い別れに言葉がありません。  ▲リキタ2歳10ヶ月のころ。  急に元気がなくなり、17日に近くの動物病院に連れて行って点滴をしてもらったけれど、帰宅後、容…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

名犬リキタの遠隔芸

  常々札幌にいる我が愛犬リキタは賢い犬だと周囲に言い募って親ばか飼い主バカを自認しているキタではありますが、やっぱり並みの犬ではないことがよくわかりました。スカイプの私の顔を見てか、声を聞いてか、モンゴルからの私の指示で得意技「あ~ん」をやってくれます。  ▲名犬リキタの一発芸「AAN」これからあくびの体勢に入ります=2008年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リキタパパは秋に持ち越し

  札幌から昨日入った連絡によると、この春、良縁あい整い、パパになる予定だった愛犬リキタは人生いやケン生経験不足によるお床入れの儀式不首尾に終わり、懸案は今秋に持ち越すことになりました。お床入り不首尾についてはやはりおとこ親がそばにいなければだめなのかなあ、と若干責任を感じております。  リキタ(ミニチュアシュナウザー、オス来月4…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これから福島に出発します

今日午後3時半千歳発のANAで福島に向かいます。飯坂温泉で一泊して明日午後、JICAの研修署所に収監いや入所します。65日間、日本のODAの先兵として、立派なボランティアになる訓練です。  けさ、リキタとしばらくお別れの散歩をしました。7時34分現在気温マイナス4度。曇り風なし。風がないと寒さはあまり感じません。リキタはきょうもギ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

May犬リキタが婚約。来年お父さんになります

 昨日、映像ミュージアム活動の盟友和田由美さんと山本伸夫さんと南3西5の千里で打ち合わせを兼ねて酒を飲んだとき、ブログの話になりました。2人が口をそろえていいます。「毎日のように更新するのはいいけど、犬の話が出すぎる」だって。ひんしゅくに耐えながら、けさもMay犬(5月生まれなので)リキタのニュースを。  リキタの子だねがほしいと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リキタが3歳になりました

 きょう、リキタが3歳の誕生日を迎えました。一昨年9月14日、札幌ファクトリーのペットショップから我が家にきたとき付いてきた国際公認血統証明書によると、父は2001年生まれの「TSUBASA OF KITAKU MITUO JP」、母は2003年生まれの 「SHINING BABYANGEL JP BLACKPEARL」。本人いや本犬は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

犬は犬種差別しない。

  リキタを飼うようになってから、街角で同じミニチュア・シュナイザーの姿を見かけると、やはり心が動いて近寄り、頭をなでたくなります。シュナウザーカットというものがあってトリミングの終わった数匹のシュナウザーがいたら、もうどれがリキタかわかりません。でもリキタの方はわかるから、ちゃんと「こっち、こっち」とサインを送ってくる。   …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

犬は犬種差別しない

  リキタを飼うようになってから、街角で同じミニチュア・シュナイザーの姿を見かけると、やはり心が動いて近寄り、頭をなでたくなります。シュナウザーカットというものがあってトリミングの終わった数匹のシュナウザーがいたら、もうどれがリキタかわかりません。でもリキタの方はわかるから、ちゃんと「こっち、こっち」とサインを送ってくる。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャクナゲ、花の季節が待ち遠しい

 けさもはよから、居間でパソコンに向かっていると、リキタが起きてきて、椅子に座るキタの膝に両前足を掛け「はよ、散歩にいこ、いこ」とせっつきます。だいぶ明るくなったので6時半ぐらいには出かけるようにしていますが、時計を見るとまだ5時半をすこし回ったばかり。でも外は十分明るいので、「しゃあない、いくか」。  外はちょっと肌寒いけど、も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リキタのBEFORE-AFTER

 昨日、リキタは5カ月ぶりの散髪(犬の世界ではトリミングというらしい)に行きました。どうですこの男前ぶりは。 ▲アフター  ビフォー   愛犬美容学校の生徒の練習台になるので1500円で散髪してもらえるのですが、5か月伸ばし放題で毛だまだらけだったので、毛だま退治代1000円を追加徴収されました。昨年の冬明け散髪の毛だま退治代…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

春の兆しか、豊平川にけあらし

  朝のリキ散歩で久しぶりに豊平川河川敷に降りました。1週間ほど前、暖気が来て積雪が急激に減った時、散歩道沿いに隠れていたよその犬の忘れ物が一挙に露出しました。気持ち悪いやら、情けないやらでコースを自宅周辺に変えていましたから。その後、まとまった降雪があったので行ってみました。迎えてくれたのはめずらしい川面の「けあらし」でした。▲豊平川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペット病院は日祝日も通常診療という不思議さ

 ブログ毎日更新の悲願、2月もついに昨日14日で途切れました。1月は13日だけ書けなかった。このあたりが胸突き八丁なのか。テレビ見るうち白河夜舟。気がつきゃ日付は変わっていました。昨日はリキタが家人の不注意で前足を負傷。キタはおっとり刀で近くのかかりつけの動物病院に駆け込む大騒ぎ。疲れてソファでいぎたなく寝込んでしまいました。それにして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

きょうも厳寒エアフィッシング

  きょうはoff-dutyの土曜日です。朝からよい天気です。こんな日は豊平川に降りてエア・フィッシング、という気分になります。10階の南側窓からは恵庭岳もくっきりです。では用意をして行ってきます。▲2月13日午前9時35分の恵庭岳   ▲ロッド(竿)振るのがだいぶうまくなり、ラインを遠くに飛ばせるようになりました。上流より豊平橋…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

けさは大雪。リキタは元気

 けさは明るくならないうちから、除雪車がうなりをあげていました。きょうはOFFなのでいつもより1時間ほど遅い8時過ぎにリキタの散歩にでましたが、ふぶいており、このまま河川敷に降りても積雪で歩けないだろうから、道路を歩くことにしました。歩道も新雪が積り、リキタの足は埋まってしまいます。それでもリキタはものともせず、リードをぐいぐい引っ張っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年は年賀状制作が遅れています

  ふと気がつけばきょう来栖痲酔部(変換したらまずこれがでました。このパソコンはクリスチャンではなさそう)。26日から元日まで旅にでるというのに、年賀状作業は、ハガキ300枚を購入しただけ。パソコンを使っての図柄制作、印刷、あて名書き、投かんをきょう明日でやり遂げるのは無理でしょう。せめてきょう中に図柄をきめてしまいたいのですが。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の朝も休まずリキタの散歩

  昨夜に続きリキタの散歩の話。いよいよ雪の季節の散歩がはじまりました。今日は日曜なので、写真グラフにします。▲これが家にいる時のリキタの指定席、ストーブの前▲出発直前。この道をまっすぐ行くと豊平川河川敷に降りられます=川向うのテレビ塔の時刻は7時18分=自宅の窓から撮影▲豊平河川敷。夏はジョギング姿が行き交います▲豊平橋を見上げるリキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪明かりの豊平河川敷

 今朝目を覚まして窓の外を見ると一夜にして銀世界。今年初めての終日融けない積雪となりました。夕刊によると、正午の札幌の積雪は12センチだそう。昼寝から目覚めて午後4時半にリキタの散歩に出かけると、冬至が近いのでもう真っ暗。でも豊平川河川敷は、オレンジ色の街路灯や対岸ススキノ方面のネオンサインの灯りが積雪に反射してその明るいこと、明るいこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リキタがよその飼い犬に襲われ怪我-放し飼いはいかん

 けさ、午前6時半過ぎ、豊平川河川敷でリキタの散歩をしていたら、リードを外されていたシェルティー種がリキタめがけて襲いかかりました。キタがその飼い主に激怒したら、その飼い主、謝るどころか、逆切れ(こんな言葉キタは使ったことはありませんが、この言葉がぴったり)して,、キタと同量以上の罵詈雑言をまき散らし、胸倉をつかまんばかりに詰め寄ってき…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ホッケは食べてもウグイは食べないリキタ

 久しぶりに我が家のリキタの話題を。最近朝夕2回食べさせるドッグフーズがお気に召さないのかまったく見向きもしないことが多いのです。大好きな鶏のささ身を混ぜてやると、ささ身だけより分けてたべ、ドライフーズのほうは無視。けさ、8月10日に小樽沖のクルージングで釣ってきたホッケの開きの半分をキタが食べ、残りをリキタ用に、小さくほぐしてドライフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花壇で犬の用足しはご法度

 朝、いつものように豊平川へリキタの散歩。帰り道に、歩道の雨水桝を利用して花を植えたばかりの小さな花壇がありました。そこには「ここで犬の糞尿させないないで」という真新しい立札があります。丁寧できれいな字。パソコンで作ったのかも。それだけに、花壇の作り主の思いを察すると心が痛みます。  キタがリキタを連れて散歩するとき、絶対リキタに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気になっていたカレー店に入る

  家の近く、豊平2条4丁目にモジャモジャ頭レゲエ風のおっさんの写真に「チャボゲレロのカレー」という奇妙な店名を掲げた店があり、どんなカレーかと気になっていました。へんなものを食べさせられるのでは、と入れなかったのですが、昨日夕方思い切って入りました。怖いもの見たさ。カレーライスはなかなかうまく、店内の雰囲気、接遇もよく、結構でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リキタきょう2歳

 愛犬リキタ(力太)がきょう5月14日、2歳の誕生日を迎えました。誕生日日付は札幌ファクトリーで買った時についてきた血統書に拠ります。我が家にやってきたのは、生後4か月だった1昨年の9月。早いものです。  飼い主がいうのは当てにならないと思うでしょうが、ほんとうに品性のよい犬です。人間好きで犬好き。散歩の途中で犬に出会っても、自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リキに引かれて花めぐり

  土、日のリキタの散歩は家人からキタに担当が変わります。いつもどおり豊平川河川敷におり、豊平橋、南7条大橋。南大橋をくぐって幌平橋近くまで行き帰宅まで約2時間の行程でした。途中、レンギョウ、ムララサキツツジ、スイセン、最後には自宅近くの民家に紅梅がさいていました。札幌にも花の季節がやってきました。天気は薄曇り。花曇りと言い換えましょう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

きょうリキタが豹変します

 我が家のマスコット犬、リキタ(ミニチュア・シュナウザー雄、来月2歳)は真冬も毎朝、毎晩豊平川河川敷を用便を兼ねて散歩します。小は失礼して垂れ流ししますが、大はきちんと収容しています。念のため。ですから、冬体毛を短く刈るのはかわいそうなので、伸ばし放題にしています。きょうは昨年秋以来のトリミングの日です。   家人が中島公園近くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛犬の下の世話できないなら飼うのをやめなさい!

  今朝、リキタの散歩がてら、2月15日以来1か月ぶりに豊平川河川敷の犬糞(韓国語でケットン。ちなみにケットンボレ=犬糞虫=といえばホタルのこと。余談ながら)掃除をしました。ワン公の公衆トイレに化しているサケマス保護の看板周辺を中心に、火バサミでつまんでビニール袋に収容したら1時間で5キロ詰め(おおむね)の袋がほぼ満杯になりました。前回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週は結構本を読みました-「利休にたずねよ」など

  14日の土曜は完全OFFでした。朝、リキを連れて土・日恒例の豊平河川敷散歩。ザクザク雪をそおっと漕いで汀(みぎわ)まで降りました。水を手で掬ってみると冷たいこと。水ぬるむころというのは北海道では春ではなく、むしろ秋口。いまの水温が一番ひくいかも。散歩道の雪がだいぶ融けたら、ワン公たち(なぜ犬の蔑称を使うかはすぐわかるでしょう)の例の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糞拾いとオペラ「ラ・ボエーム」

  午前8時、土日の日課(平日は家内の担当)、リキタの散歩に豊平川に行きました。昨日行った時、真っ白な雪原に黄金色、黄土色の落し物がかなりの量。これをそのまま見過ごす感覚はキタにはありません。    と、いうわけで今朝は片手にレジ袋、もう片手には長さ40センチの火バサミ(昔、クズ屋さんがカチカチと鳴らしながら歩いていたヤツ)。リキ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more