テーマ:許せん!

「スピーカー本舗」に24500円だまし取られた

旧臘、Facebookの広告から、通常77000円するBOSEのスピーカーシステムを24500円でという商品を申し込んで、全額だまし取られた。年末、悔しくて歯ぎしり噛んだ。ようやくきもちが収まったので書いておこう。▲この写真は引っかかったと気付いてからiPhoneのFacebookを撮った。金額は24500円から27800円に変わってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬脚を現した菅政治ー学術会議問題

 学問の自由を脅かす、重大な政治介入である。日本学術会議の会員改選で推薦された候補者105人のうち6人を、菅義偉首相が任命しなかった。1940年の会議創設以来、極めて異例の事態だ(毎日新聞10月3日の社説)。 菅は5日、内閣記者会のインタビューで「学術会議に年間およそ10億円の予算を充てていることや、会員が公務員になることなどを指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投げだしとんずら辞任再び

今日8月28日、安倍晋三首相の辞任表明会見をトイレに立った数分を除いてほぼ全聴した。総合的にいえば、第一次政権(2006年〜07年)と同じ「投げ出しとんずら」辞任のデジャヴ―感があった。  異なるのは、2007年は本当に肉体的危機による撤退。今回は持病の悪化とは別に「政権運営で先行き思うようにいかなくなって、興味を失った」挙句、健…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どさくさ紛れの検察庁法改正案

新型コロナウイルス感染の拡大に揺れるなか、政権は不要不急、唐突な検察庁法の改正案を国会審議に掛けようとしている。発端は政権お気に入りの高検検事長の定年を延長して、検察トップの検事総長にすえようというねらいのようだが、将来にわたって、検察の独立を踏みにじる愚挙というべきだ。 きょうのサンデーモーニングで青木理氏が黒板解説して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きれいに掃除できました。エライ!

 きのうの日曜日、豊平橋下流の堤防階段は焼肉銀座状態だったので、今朝はさぞ、ゴミがちらかっているだろうと、期待して(?)散歩がてら観に行ったら、あに計らんや、みごとにお掃除が行き届いていた。きのう豊平橋を通りかかった時、テレビ局のクルーが取材していたから、散らかしていけば、天下の恥さらしと「自粛」したのだ、とは思いたくない。マナーがよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アベノマスクとCatch & Release

 466億円をかけて日本の全家庭にマスクを2枚ずつ送る政府の計画を聴いたとき、やはりへんだと思った。案の定不評だが、ぼくはこんなことを考えた。ぼくの趣味のフライフィッシングを思い浮かべながら。 ▲滝上町を流れる渚滑川。釣ったニジマスは「また会おうね」とキャッチ&リリースする決まりになっている=2016年秋、キタ撮影  道北滝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルスの呼称

 Facebookの母校野球部OB会ページへの書き込み。19期喜多義憲です。35期の○○君に連絡です。貴君3月13日の書き込みに「マスターズ甲子園からの連絡です。この度の中国発武漢ウィルスの影響により」云々がありました。これに対し、喜多はくだんの新型コロナウイルスの名称に「武漢」のような特定の地名を冠するべきでない、旨レスポンスしました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内閣総理大臣親衛隊と「法の支配」

「皮肉ではなく、内閣府は内閣総理大臣親衛隊と改称してはどうか」とツイッターで書いた人がいる。今回の桜を見る会騒動でそれが決定的となったと私にもストンと落ちる。  親衛隊は省庁の官僚全体を支配している。「内閣総理大臣親衛隊人事局」を通じて。安倍晋三氏と、彼がリクルートしたその取り巻きは「法の支配」という概念の埒外にいる。法の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首相主催「桜を見る会」もうやめた方がよい

 この何日か、毎年4月、東京新宿御苑で開かれる首相主催の「桜を見る会」を巡って、政界のみならず国民レベルで大きな話題になっている。税金使って政権側が後援会員らを大挙招待しているのでは、という疑惑が浮上した。 ▲安倍晋三後援会が17台の貸し切りバスを仕立てて新宿御苑に乗りつけるらしい=Facebookから拝借  発端は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花ぬすびと、風鈴盗人

毎朝30分、豊平川河畔を散歩している。花咲かおじさんことTさんが勝手に丹精する「松林花壇」の側を通るといつもは聞こえる2つの風鈴(鉄製)の一つが無くなっている。おとといはもう一つの風鈴とは少し離れた松の枝にぶら下がって「チリン、チリン」と涼しい音を奏でていたのに。 ▲松林花壇の風鈴。もう一つの風鈴はこの2日間のうちに盗まれてしまった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな国民を愚弄する解散はない。

 臨時国会の審議もせず、冒頭解散する理由がどこにあるのか。きのう首相の言いっ放し記者会見を聴いて、怒りを通り越して、情けなくなった。  朝、起きて購読紙2紙に加えて3紙をコンビニに買いに行った。どんな解説をしているか。以下、キタの任意の抜粋。 読売   国政選の勝利を重ねることによって、党内外に比類なき「安倍1強」を築…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこへ行った?が多くなったなあ、いや以前からか。

 財布に2万円入れていたはずなのに1万円しかないことに気づいた。1万円足りない、と大捜索。やっと机の抽斗に自分で入れたのを思い出し、開いたらあった、あった。最近モノをなくして家中を探しまわることが多くなったような気がするが、よく考えたらもう何十年も前からそうであるような気もする。ボケなのか、単なる健忘症なのか、どっちやねん! ▲ウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視覚障がい者に声掛けを

 先週の土曜日の朝、北大に用事があり地下鉄菊水駅へ。白杖の男性が改札口まで駅員に誘導されていた。「どちらまで?」と僕。「北24条までです」「僕は18条までだから、一緒に行きましょう」。ぼくの肘を取ってもらって、下りエスカレータまで進む。  エスカレーターは一人分の幅しかないので、「ここからエスカレーターですよ」と言って腕を離しても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加計獣医学部30年春開学は総理のご意向?

加計問題。文科省内に「『総理が平成30年4月開学』とおしりを切っている」という文書が共有されている。今朝、購読2紙(道新、毎日)に加え、朝日と読売を買いにコンビニにいったが、読売は1面ではなく中面らしい。こんな大事なニュースを1面でやらないとは。買うのやめた! 3紙の1面をくらべると、道新の見出しが締りない。具体的な「総理が期限」が見出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キョーボー罪、なぜにそんなにも急ぐのか

共謀罪法が自民・公明のなりふり構わすむちゃくちゃな採決強行で、あっという間に成立してしまった。参院ではなんと委員会採決もせず、本会議で「中間報告」をさっさとすまして採決。これぞ議会制民主主義の否定、終焉。  今朝の新聞。月ぎめ購読している道新、毎日のほかに、必要用に応じて近くのコンビニに買いに行く、朝日、日経、読売も並べてみる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共謀罪をこのまま成立させてよいのか!

 安倍政権は国民主権をないがしろにする法改定(改正とは言えない)や悪法づくりを次々と実行しているが、今回の共謀罪法案はその悪法中の悪法。にも拘わらず、きょう衆院法務委員会で強行採決する構えという。ほんとにそれでいいのか、そんなことが許されるのか。民主主義とは多数決万能主義ではないはず。 ▲きょうの毎日新聞朝刊1面。あたかも規定事実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「政官」複合劣化

「政治の劣化」という人もいるが、政治は人間どもの織りなす綾。つまりは政治家がどうしようもなく劣化しているのだろう。  東北水害視察で長靴履かないでやってきて役人におんぶしてもらった内閣府政務官。  内閣における法の番人であるべき法制局長官に法律プロパーでない、お友達外務官僚を起用して解釈改憲をやってのけた首相。  忖度か忠勤か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんでやねん!

突然、だれかに納得できないことをされたら、誰でも標準語でなく、Mother Tongueで怒るやろね。キタなら河内弁で原級「なんでやねん」<比較級「われ、なんじゃい」<最上級「おんどれ、なにさらすんや」。  博多の人なら「きさん、なにすっとか」かな。  最近ちょっと怒った「なんでやねん」をご披露します。 サラリーマン時代、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共謀罪はダメ!

「共謀罪」法案が国会で実質審議入りした。与党は数の力で押し切るつもりだが、ことこの「共謀罪」に関してはそれを絶対に許してはならない。▲朝日新聞4月20日付。我が家は朝日を購読していないので、Facebookから接写  朝日新聞のワッペン企画「問う 共謀罪」。歴史家半藤一利さん(86歳)の主張を長いが、噛みしめながら「写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育勅語は葬り去られたはずだ。

「教育勅語 教材としての使用 否定されない」(4月3日 18時43分NHK)菅官房長官は3日午後の記者会見で、戦前などに使われていた教育勅語について、わが国の教育の唯一の根本とするような指導を学校で行うことは禁止されているとする一方、教材として使用することまでは否定されていないという認識を示しました。 ▲教育勅語 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「共謀罪成立」は既定事実ではない

新聞見出しで、「~へ」とあるのは新聞の締め切り段階で、事実が現れていないが、おおむねそうなるであろうというときに使う伝統的特殊文法。昔も今も。北海道新聞の脇見出し「刑法体系変容へ」だと、新聞社が法案成立は既定の事実と受け止めていることになる。そんなへっぴり腰の新聞だったのか。 前文には法案が「日本の刑法体系を大きく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森友学園に教育機関の資格はない

 いま、国有地払い下げ疑惑の渦中にある学校法人「森友学園」。同学園が経営する塚本幼稚園では教育勅語を暗誦させたり、運動会の宣誓で「安倍首相がんばれ。安保法制、国会通過よかったです」と言わせたりしている。それだけでも政治的中立性を逸脱している。下の毎日新聞社説(3月3日)の見出しに「教育機関といえるのか」とあるが、疑いの余地なく「教育機関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呻きの一年でした

 今年を振り返って私の感じる漢字=感字は?考えた末、「呻(しん、うめく)」だと気づき、半紙に書いてみた。陰湿ないじめが蔓延する学校や職場から、老後破産におびえる高齢者棲む家から、戦後71年、今なお占領下の危険と隣り合わせの沖縄から、うめき声が聞こえないか。海外に目を転じれば、故郷を追われた何千万の難民から、職を失い下流に沈む欧米の中産階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘイトスピーチと雨森芳洲

疲れていたのか、6時間ほどぐっすり寝て5時半に目を覚ました。勉強部屋に入ると室温19度、湿度35%。暖房せず厚着して机に向かってます。昨日、電力契約を北電から北(きた)ガスに変更手続きをネットで完了。暖房、給湯含めエネルギーインフラを一本化。喜多デン・ガスと呼ぼう。シュミレーションでは電気代が年間3000円ほど格安になるというが、うまく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

排除アート

「排除アート」というのがあるそうだ。いやなアート。この際の「アート」は「芸術」ではなく、むしろ「技術」、「コツ」という意味だろうね。エーリッヒ・フロムの「the Art of Loving」(邦題「愛するということ」のartの用法。排除アートを英直訳すると the Art of Exclusion でしょうか。 ▲寝そべれないし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「三流大学の非常勤講師」と呼ばれて

 昨日から道新文化センターで月2回の講座「現代(いま)を読む」をスタートさせた。受講生はたったの7人だが、10年間通う同センター書道教室の熊川景子先生(北海道書道展審査会員)ら書の仲間が何人か受講してくれている。3時半から1時間半の講座が終わった後、熊川先生らと「講座初めのお祝いに」と焼き鳥屋へ。そこまではよかったが・・・。  熊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オールマイティーの「も」

阪神藤浪160キロ<も>6四球…7回途中3失点で降板(日刊スポーツ) 日本ハム・佑ちゃん、7点ビハインドで登板<も>3ラン被弾(サンケイスポーツ)      どちらも、電子版記事の見出し。<も>はもう、特定の意味も文法も持たない、「前後ふたつの文節を強引につないだだけ、意味は読む方が考えてくれ」。適切な文章を媒介して報道する責任を放棄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妻が65歳になったら振替加算になる

 昨日うちの近所の社会保険事務所に行って、年金受給の現況調査票の書き方を相談した。今年2月から年金受給者になった家人の年金額はわかるが、所得をいくらと書けばよいかわからなかったから。そこから、家人の年金が一部受給漏れになっていることが分かった。  相談窓口で向き合った担当者が「あれっ、奥さん振替加算の申請出してませんね」。扶養…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他人の写真を無断で使うな!

 新聞社のソウル駐在記者をしていた1988年ごろだったか、当時韓国大女優だった姜受延(カン・スヨン)さんをインタビューしたことがある。ポーズ写真を撮ったフィルムを町のDP屋に出した。出来上がった写真を受け取ってから、数日後、別のフィルムを持ち込んでびっくりした。DP屋のショ―ウインドーに、大きく引き延ばした姜さんの写真が飾ってある。明ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノ―バンとノーパン

 最近、パソコンの字が見づらくなり勤医協札幌病院に行くと、視力が落ちており、白内障もあると言われた。ところで、下の赤字はインターネット上でみた記事の見出し。初めて見た時びっくりした。 ええ?プロ野球の球場で「セーラー服でノーパン」だって?  そんなことが許されるのか、スポーツに対する冒涜だ、と腹が立った。しかし、早とちりだった。ノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more