日本語教師修行、やっと2合め辺りか

10月下旬から、コロナで通信教育状態の日本語教師養成講座の受講を始めた。1ヶ月間の歩みを報告しようと思う。まずカリキュラム進行状況を示す表を見てほしい。8AC81CFA-9E3A-478E-B17A-26B2B7B71086.png6269692B-0473-4AB8-B54D-B3E1409FE0DA.jpeg
民間教育機関「ヒューマン・アカデミー」がインターネットで配信するEラーニング講座を好きな時に立ち上げて受講する。表の左半分、7科目✖️7教程を1月中旬までに受講し終え、1月15、16、22、23日に札幌大通のヒューマン・アカデミー札幌校に出向いて7科目修了確認テストを受ける。試験の範囲は2〜7科目。

 1教程を受講するのに実質3時間半かかる。早朝と夜に分けてなんとか毎日1教程ずつ、蝸牛の歩みを続けている。今日11月30日午前中現在、7科目めの5教程まで進んだ。富士登山に例えれば、まだ2合目辺りをフラフラと登っている図。

 さらに言えば、進んだと言ってもノートを取りながら講義を聴き終えただけで、あまり頭に入っていない。一通り、12月中旬までに試験範囲の6科目42教程を受講し終え、ノートと参考書を見直ししながら頭の整理に入る。そこからが本当の勉強になるだろう。
510914DE-EC0C-45AA-AD88-A9539AB107BE.jpeg10月下旬から取り始めたノートは5冊目になった。これをどう頭に入れるか、73歳にはちと難問だ
2011年1〜3月、モンゴル派遣前のJICA研修を受けて以来約11年ぶりの「生徒」生活。明らかに記憶力または記銘力の低下を自覚している。覚える力つまり記憶のインパクトが低下しているのだ。それを補うには反復による回数しかない。

言い換えれば、老いとの闘いという、燃え盛る火の真っ只中に飛び込んだ「冬の虫」。それが自分なのだ。

もうあともどりでけへん。やるしかおまへんなあ。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント