アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「新聞&メディア」のブログ記事

みんなの「新聞&メディア」ブログ

タイトル 日 時
プライバシー権の保護と救済
「当該法案のどこに、どの部分に、あるいは既存の他の法律のどの部分に、新しい法律が、私の書簡で示唆しているものと同等のプライバシー権の保護と救済が含まれているのか、または他の法律によりカバーされているのか示していただきたいです」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/24 02:11
共謀罪をこのまま成立させてよいのか!
共謀罪をこのまま成立させてよいのか!  安倍政権は国民主権をないがしろにする法改定(改正とは言えない)や悪法づくりを次々と実行しているが、今回の共謀罪法案はその悪法中の悪法。にも拘わらず、きょう衆院法務委員会で強行採決する構えという。ほんとにそれでいいのか、そんなことが許されるのか。民主主義とは多数決万能主義ではないはず。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/19 08:12
憲法9条を空洞化させようとしているのはだれか?
憲法9条を空洞化させようとしているのはだれか? 憲法が施行されてきょうで70年。現政権によって、世界に誇るべき平和憲法がひどい扱いを受けている。自分が38年間禄を食んだ北海道新聞の1面トップの大見出しは「首相在任中の改憲狙う」。これはまあその通りだからいいだろう。脇見出し「国民投票に現実味」の横に関連ニュースという小さな箱をみてぎょっとなった。「進む9条空洞化 3面」とある。すぐに3面を開いた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/03 07:19
共謀罪はダメ!
共謀罪はダメ! 「共謀罪」法案が国会で実質審議入りした。与党は数の力で押し切るつもりだが、ことこの「共謀罪」に関してはそれを絶対に許してはならない。▲朝日新聞4月20日付。我が家は朝日を購読していないので、Facebookから接写 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/21 07:28
教育勅語は葬り去られたはずだ。
教育勅語は葬り去られたはずだ。 「教育勅語 教材としての使用 否定されない」(4月3日 18時43分NHK)菅官房長官は3日午後の記者会見で、戦前などに使われていた教育勅語について、わが国の教育の唯一の根本とするような指導を学校で行うことは禁止されているとする一方、教材として使用することまでは否定されていないという認識を示しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/04 04:29
「共謀罪成立」は既定事実ではない
「共謀罪成立」は既定事実ではない 新聞見出しで、「〜へ」とあるのは新聞の締め切り段階で、事実が現れていないが、おおむねそうなるであろうというときに使う伝統的特殊文法。昔も今も。北海道新聞の脇見出し「刑法体系変容へ」だと、新聞社が法案成立は既定の事実と受け止めていることになる。そんなへっぴり腰の新聞だったのか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/22 08:30
「生涯一記者」から逃げるな、と自戒
「生涯一記者」から逃げるな、と自戒  ジャーナリストに引退はない、というが日本の企業ジャーナリスト(例えば新聞記者)は社を定年などでやめると、ジャーナリストとしての意識および行動をやめてしまいがち。僕もどちらかといえば、意識はともかく、behavior(行動、ふるまい)は、遠慮がちになってしまった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/21 09:34
「メディア・スクラム」と「メディア・フレンジー」
 「メディア・スクラム」という言葉がある。近年、日本では新聞、テレビなどの報道や報道番組関係者が大人数で取材現場に押し掛け、取材対象者に執拗に付きまとい、加熱した報道合戦を繰り広げることを指す。しかし、イギリスやカナダなどでその語が生まれたのは別の意味だった。恥ずかしながら、私は前者の「悪い意味」しか知らなかった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/14 02:26
メディア・アンビシャスの功績
メディア・アンビシャスの功績  その年の日本における優れたメディア活動を顕彰する「2016メディア・アンビシャス大賞」の表彰式が4日、札幌市内の愛生舘サロンで開かれた。キタは昨年に続き、その模様をフロアから見守った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/06 01:19
森友学園に教育機関の資格はない
森友学園に教育機関の資格はない  いま、国有地払い下げ疑惑の渦中にある学校法人「森友学園」。同学園が経営する塚本幼稚園では教育勅語を暗誦させたり、運動会の宣誓で「安倍首相がんばれ。安保法制、国会通過よかったです」と言わせたりしている。それだけでも政治的中立性を逸脱している。下の毎日新聞社説(3月3日)の見出しに「教育機関といえるのか」とあるが、疑いの余地なく「教育機関とは言えない」と断言しておこう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/03 23:09
ついに1万PV割る
ついに1万PV割る  この頃、ブログを書く間隔が長くなってしまったため、読者の足も遠のいているようです。お立ち寄り数が減るのはあたり前のこと。まことに申し訳のないことです。月間ペイジビュー(PV)はついに1万を割ってしまいました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/01 11:36
従軍記者
道新旭川報道部長時代(2002年3月〜2003年3月)、編集局報の地方だよりか、なにかに書いたとみられる駄文が一太郎ファイルの中から見つかった。当時のエディターはWORDでなく一太郎だったんだなあ。新聞人としての喜多の姿勢と受け取っていただいて結構です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/28 22:45
江戸から続く「官の王国」
江戸から続く「官の王国」 今、文科省の組織的天下りがやり玉に挙がっているが、日本は江戸時代に支配構造が確立された士農工商が明治以後「『官』農工商」に引き継がれただけではないかと最近思うようになった。 いまごろ遅いと言われそうだが。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/08 10:12
週刊おじいちゃん
週刊おじいちゃん  昨年10月から週1一回、大阪の孫娘に個人新聞を送っている。道新こども新聞「まなぶん」に折り込んで。A4判1ページ今回から「週刊おじいいちゃん」に改題しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/04 09:29
ファクト・チェックー「4ピノキオ」はだれだ?
ファクト・チェックー「4ピノキオ」はだれだ? 1月16日付けの毎日「オピニオン面」に面白い記事が載っていた。ドナルド・トランプ氏を選出した米大統領選で注目されたメディアによる「ファクト・チェック(fact-check)」。それによると、選挙戦でのトランプ氏の「イラク戦争に反対だった」という主張に「4ピノキオ」つまり「大噓ウソ」の採点。日本の政治家は何ピノキオ? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/17 06:21
きょうは勉強はじめ
きょうは勉強はじめ きょう1月5日木曜は、10年続けている書道の初教室。10時から道新文化センターで。昨日4日は世間では仕事始めですが、おカネをいただく私の仕事としては11日の大学授業「現代日本の諸相」第13講から。そんなわけで、筆ペンでコピー用紙に以下のような五七五のいたずら書きをしました。仕事始めは春の季語になっているなら俳句。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/05 09:24
ことしもブログ書きます
ことしもブログ書きます  年が明けたと思ったらもう3日。まだ年始のご挨拶をしていないことに気づきました。2008年4月始めたこのブログ、まもなく10年目に入ります。SNS全盛時代、ツイッターでつぶやいたり、Facebookで「いいね」をポチする人が増えましたが、私はこれからもやっぱり、ブログを主戦場にしていきます。どうぞよろしくお願いします。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/03 09:17
やっぱり新聞はいいなあ
やっぱり新聞はいいなあ 元旦の新聞、購読している道新、毎日、朝日(これは1か月の無料モニター)のほかにセコマで日経、読売を買った。きょうは朝から切り抜き中。新聞解体ショー。いやすさまじい量。でも切り抜きながら流し読みしたら面白いこと。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/02 20:38
crash landing
crash landing  北海道新聞夕刊2面に「中高生新聞 英語で言えた」という欄がある。きょうのテーマは沖縄のオスプレイ事故。A US Marine Osprey aircraft made a crash landing off the coast of Okinawa Prefecture,・・・  ここで crash landing の邦訳を「不時着」としていことに、私はひどく違和感を感じる。「不時着」は英和辞典ではemergency landingである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/24 22:14
排除アート
排除アート 「排除アート」というのがあるそうだ。いやなアート。この際の「アート」は「芸術」ではなく、むしろ「技術」、「コツ」という意味だろうね。エーリッヒ・フロムの「the Art of Loving」(邦題「愛するということ」のartの用法。排除アートを英直訳すると the Art of Exclusion でしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/13 12:52
真珠湾の次は?
真珠湾の次は?  「安倍晋三首相が今月27日に、慰霊のためハワイ真珠湾を訪れると表明」。このニュースが6日の朝刊各紙の1面トップを飾った。自宅で読んでいる朝毎道新では「現職首相としては初」と見出し、本記にあった。しかし、8日になって、インターネット・メディアのBuzz Feedは、「65年前、吉田茂首相(当時)が真珠湾を訪問」と報じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/09 09:12
我ながらけっこうやるもんだ。
きのう午後9時ごろ、布団に入ってから、明日(明けて今日のことだが)やるべきことを考え、iphonで自分宛にメッセージを送っておいた。早く寝れば早く目が覚める老人。3時に目が覚め、昨夜のメモ通り作業開始。午後2時半、90%がた達成してしまった。えらい!メモは以下の通り。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/06 15:14
古いものを保存する理由(わけ)
古いものを保存する理由(わけ)  整理の悪い僕が意外に古いもの残している理由を考えてみた。中一の時、家が全焼し、それまでの大事な思い出の品をすべて失ったことと関係がないはずはない。あの時失った一番大事なものは末弟(享年7)だが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/24 04:03
1942⇒72
1942⇒72  あす11月22日から1泊、定山渓温泉にある道新荘ぶんぶんの湯で、同期入社7人組のラスト研修をおこないます。いまから44年前の1972年4月、入社式から1週間、この社員厚生施設(当時は健保組合運営)に泊まり込んで新人研修をしました。その時の参加者は18人。いま物故者1人、行方知れずの2人を除き、15人が生存している。年齢まちまち。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/21 22:41
従軍記者
 新聞記者時代に書いたもの。私物の外付けハードディスクに以下のような文章が社内の出稿スタイルのままで残されていた。2003年3月、発信地が旭川になっているから、旭川報道部長から本社編集局次長に転出する直前か。北海道新聞の紙面に掲載された記憶がないから、編集局報か、なにかに書いたに違いない。イラク戦争当時の喜多の考え方を表わしているような気がするので、そのままここに掲載する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/10 23:13
大いなる勘違い。授業は来週からでした。
 私立大での授業開始が9月23日(金)からだと思い込んでいたが、とんだ思い違いでした。23日は大学そのものの後期が始まる日であって、キタの受け持ち曜日は月と水だから、26日(月)のマスメディア論からでした。ないと思い込んで、実はあった、だったら、ポカ休になるところ。逆でよかった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/22 21:34
あさってから私立大学で講義開始
あさってから私立大学で講義開始  あさって23日から札幌郊外の私立大学で、後期講座の非常勤講師を務めます。教科は専門課程の「マスメディア論」と一般教養の「現代日本の諸相」。どちらも週1回。前者は昨年に引き続き、後者は初めての授業です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/21 06:24
オールマイティーの「も」
オールマイティーの「も」 阪神藤浪160キロ<も>6四球…7回途中3失点で降板(日刊スポーツ) 日本ハム・佑ちゃん、7点ビハインドで登板<も>3ラン被弾(サンケイスポーツ)      どちらも、電子版記事の見出し。<も>はもう、特定の意味も文法も持たない、「前後ふたつの文節を強引につないだだけ、意味は読む方が考えてくれ」。適切な文章を媒介して報道する責任を放棄して日本語破壊の道を突っ走るお前たちはに「日本のメディア」を名乗る資格はない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/14 22:32
新聞を読まないと、極端なことしか言えない人間になる
 最近のツイッターや他人のブログに特定の人物を悪しざまに中傷したり、罵倒する書き込みが当たり前になっている。それが集中的に広がるのを炎上というらしい。私のブログもその被害を何度か受け、原則非公開を決断する遠因になった。なぜ、そんなことが起こるかを考えてみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/28 05:31
これが魚眼図
これが魚眼図 きょう8月24日の道新夕刊、魚眼図がよい。環境昆虫学の専門分野の含蓄から、人間社会を見据える。最後のパラグラフ。心して読みました。過日の魚眼図をくそみそにけなしましたが、違いを見ていただきたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/24 17:57
駐札幌韓国総領事は記者仲間だった
駐札幌韓国総領事は記者仲間だった  昨夜、駐札幌韓国総領事の韓恵進さんを囲んで、北海道新聞の元ソウル特派員(正確には駐在記者)4人が懇談した。韓国大手紙のひとつ京郷新聞の元記者。私たちの仲間だった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/24 09:30
むのたけじ氏逝く
むのたけじ氏逝く  101歳、反戦を叫び続けた反骨のジャーナリスト、むのたけじさんが21日、101年の生涯を閉じた。こころからご冥福をおいのりします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/22 07:59
魚眼図は質の高いコラムです
魚眼図は質の高いコラムです 「魚眼図」は大学の先生らが寄稿し、アカデミズムと一般社会を結ぶ道新夕刊の伝統ある名物コラム。キタもリタイア後の楽しみにしているが、きょうのはいったい・・・。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/20 09:50
言葉を生業にする者の責務
福原愛、涙目で「夢じゃなければ、いいな」。これは現在開かれているリオデジャネイロ五輪で除卓球女子団体戦で銅メダルを取ったときの福原愛選手のインタビュ^ー記事につけられた見出し。涙ぐんで語る姿を「涙目」とある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/18 11:18
日本−シンガポールの架け橋を次世代に
日本−シンガポールの架け橋を次世代に  シンガポールから日・シンの血を引くモニカ村井さん(71歳)が昨年夏に続いて来日、父の菩提を弔うため釧路にやってきた。キタは例によって札幌から車で案内、日本語のままならないモニカさんと腹違いの妹弟たちとの対話を通訳(日・英語)を引き受けている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/11 06:39
講座改訂版「「現代(いま)を読む」にしました
 昨日、道新文化センターの講座担当者と話し合い、10月13日私の講座をスタートすることになった。帰宅後、タイトルと趣旨を考え、もう一度連絡した。講座名は現代(いま)を読む<元アジア国際記者が伝える日本と世界> ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/02 12:59
文化センターの講座
 この春、道新文化センターから、講座を一つもたないか、という話があり、ふたつ返事で引き受けた。事務局と話を詰めてまとまったのが以下のような講座。 7月14日開講、9月まで全5回。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/01 07:49
相模原やまゆり園事件は重大なテロだ
 26日未明に19人の無辜の民を殺し、25人に重軽傷を負わせた神奈川県相模原市のやまゆり園事件。障がい者は生きる価値、意味がない、国家に迷惑をかけるだけの存在だから、殺すと、直前まで言い募り、実際にその予告通り通り実行した。これはイスラム国の暴虐と変わらない重大なテロ事件だと位置づけなければいけない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/28 07:10
改憲勢力3分の2超す
改憲勢力3分の2超す 「改憲勢力3分の2超す」(道新)、「与党大勝改選過半数」(読売)など、安倍一強がさらに進んだ。投開票前の各世論調査通りの結果になってしまった。しかし、私自身、覚悟したほどの悲観的な気分になっていないのが不思議なくらいだ。それは、安倍君らが改憲の中身をまったく語らず、選挙民もそれを咎めだてせず、別の要素(経済など)で与党側に票を投じたことが明白だからだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/12 03:48
イチローの1278本。米国民には不都合な真実なのか
  イチローの安打記録を巡って、アメリカでは評価が割れているという。日米通算安打がアメリカMLBの最高記録、ピートローズの4256本を超えたとき、どう評価するか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/13 10:12
本当にリーマンショック前夜か
本当にリーマンショック前夜か  安倍晋三首相は26日のG7首脳会議で、現在の世界経済の情勢を「2008年のリーマン・ショック直前と似ている」といったそうだ。これを消費増税再延期の理由(口実?)にしようとしているのではないか、という見方が強い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/27 08:31
安倍晋三さんの恩師による安倍批判
天木直人さんのブログからのコピペであるが、私も常々感じていることを代弁してくれているようなので、記録にとどめた。安倍首相の政治思想史の恩師である加藤節成蹊大学名誉教授による安倍晋三批判。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/26 00:15
68歳誕生日。なんも変わらん
68歳誕生日。なんも変わらん  きょうは68歳の誕生日だそうだ。「だ、そうだ」というのは特に実感がない、ということだ。昨日となんも変わらない。長いスパンで考えれば、そりゃ、28とはちがうし、48とも違う。でも58と、どう違うかいえば、わからん。写真を見比べれば58の時より年は取って見えるだろうが、静かに座っていると、なんもかわらん。これからすこしずつかわるのかもしれないが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/25 06:45
アベノミクスの責任が問われる
アベノミクスの責任が問われる けさの毎日新聞によると首相が同日選を視野に入れているという。つくづく、無責任で狡猾だと思う。日本経済が好転しない、つまりアベノミクスの失敗ゆえに消費増税先送りを判断せざるを得ない状況に立ち至ると、その結果について信を国民に問うとし、同日選の大義名分にしようとしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/19 08:40
憲法のイロハも知らぬ宰相
憲法のイロハも知らぬ宰相 安倍晋三首相が、16日の国会衆院予算委で、「私は立法府の長であります」とのたまったそうだ。SNSのリンクで動画見た。耳を疑うとはこのことをいう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/18 10:18
週刊金曜日5月13日号
週刊金曜日5月13日号 この間、買おうと思って買い忘れた週刊金曜日5月13日号を昨日、ジュンク堂で買った。「捏造』の決めつけめぐり植村氏と櫻井氏が直接対決」(by長谷川綾)を読むためだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/18 03:57
石巻NewSee
石巻NewSee 4月15日、大川小学校から石巻市街へ。もう夕刻になっていたけれど、宮城県大崎市の地元紙「大崎タイムス」の記者出身の黒木一吉さんが「ぜひここだけはいっておきましょう」と石巻日日新聞」の運営する石巻NewSeeに連れて行ってくれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/07 20:19
南三陸町防災対策庁舎
南三陸町防災対策庁舎  4月中旬の東北の旅路で、2011年3.11の大地震による巨大津波の被災地を黒木一吉さんに案内してもらった。宮城県南三陸町の防災対策庁舎と石巻市釜谷(かまや)の大川小学校。そこには5年経った今も、一瞬のうちに数多くの犠牲者を出した現場の惨状をまざまざと示す建物が残されていた。 黒木さんとともに胸がつぶれるような悲しみを共有した思いだった。札幌に帰ってからも、なかなかリポートをまとめることができなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/07 12:35
新聞は公平でなくてよいのだ
新聞は公平でなくてよいのだ けさの北海道新聞を見てがっかりした。掲載写真はなんか元気のないデモパレードだ。うつむき加減の年配の人たちがとぼとぼと歩いているような雰囲気。下はキタがデモ行進を終えて、後ろから来る隊列をNIKON D5300で撮った。別に脚立を持ってるわけではない。カメラを頭の上にあげて、傾けたCCD画面を見上げながら図柄を決めてイッパツで撮っただけ。連写ではない。確かに掲載写真のような元気のないように見える人もいたが、元気なおっかさん、若い人たちの隊列もいっぱいあったことをFBともにお伝えしときます。反「壊憲... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/04 07:15
宮城県岩出山 「大地の侍」たちのふるさと(1) 
宮城県岩出山 「大地の侍」たちのふるさと(1)   4月14日12時57分木古内発東京行きはやぶさ22号。記念すべき北海道新幹線初乗り。青函トンネルをくぐり、盛岡を目指す。盛岡から在来線に乗り換え、目的駅古川(宮城県北部の大崎市)に着いたのは午後6時前だった。盛岡から東北新幹線に乗り換えれば4時7分に到着したはずだが。年金生活者、金はないが、時間の余裕はある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/29 11:20
意図的語訳
広島でG7外相による核廃絶宣言を出し、アメリカの重要閣僚(国務長官)が初めて原爆ド―ムに立ったことは、それ自体画期的だとは思うが、宣言の英文を見てみると、日本語訳にある「非人間性」が明快に表現されているとは思えない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/12 09:38
川崎彰彦傑作撰
新聞社時代の友人、中山明展さんらが編集した「川崎彰彦傑作撰」をベッドで読んでます。川崎さんは社の14年先輩でもある作家。キタが1972年に来道する前に退社して大阪に来て本格的な文学活動入り。税込2000円。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/10 02:24
あり得ないが、起きてしまう訂正記事
けさ、私のいた新聞にこんな恥ずかしい訂正記事が出てしまった。きのうの記事で、北海道中央バス(本社・小樽)、道南バス(同室蘭)の本社をそれぞれ札幌、函館と、してしまった。両社は札幌、室蘭、函館を中心に広範囲な運行網を持つ大手。たとえ、本州出身の新人記者が調べもせず、あてずっぽうで書いたにせよ、初校から試し刷り(大刷りという)の段階で数多くの「目」がチェックしているのに。筆者しかしらない「新事実」ではない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/17 08:52
新人記者のころ
Facebookのタイムラインにモンゴル・ダルハンで苦楽を共にしたあと、一昨年夏新聞記者になったアキラ君が初任地帯広支社から浦河支局に異動した、という報。送る言葉は「初転勤おめでとう。子版書いて「きょうのしごと終った」にならないように。それが道新記者の落とし穴。地方から札幌を、東京をアジアを世界を捉え返す視点を常にもって楽しく活動を。Амжилт хүсэе!  Good luck」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/14 08:10
人間を見る教育こそ
 広島県府中町で昨年12月、男子中学生が痛ましい自殺をした原因が、学校の誤った非行記録だったことがわかったと、いま報じられている。学校側は「データ管理のミスだった」としているが、私はデータ管理ミスではなく、「人間を見る教育」が現場から失われていることが根本にある、と思う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/09 08:27
「子どもと貧困 シングルマザー」(朝日新聞)と「なぜペンをとるのか」(毎日放送)に大賞
 昨日夕刻から札幌市内で開かれたメディアアンビシャスの「2015年大賞表彰式」を見に行った。1年間、日本のジャーナリズム界から発表された活字と映像部門の報道から特に優れたものを市民団体メディアアンビシャス(山口二郎・代表世話人、本部札幌)が毎年表彰する。選ばれたジャーナリストたちの業績はリアルタイムでは一部しか読んだり見たりしていないが、いずれも素晴らしいものだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/21 15:26
だれか、安倍さんを止めてやって
 国会中継で、最近の日本の首相の姿を見ていると、「この人大丈夫かいなあ」と思えてくる。野党の厳しい質問のあと、聞かれてもいないのに「誹謗中傷はやめていただきたい」と余計なことを口走ったり、ときの大臣の判断で放送局の電波停止もありうると愚かなことをいう高市総務相に輪を掛け「安倍政権こそ、与党こそ言論の自由を大切にしている」とこれまた余計なことを言ってみたり。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/12 15:23
嬉しい不意の来訪2つ
 昨日、20代の嬉しい不意の来訪があった。ジジババとの付き合いも悪くはないが、若い世代と濃〜い付き合いができることは有難いことだと思う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/27 11:42
シートベルトは命綱だ、やっぱり
 15日のスキーバス転落事故。乗客乗員41人中14人死亡、26人重軽傷。つまり、無傷は1人だけ。いかにすごい事故だったことかわかる。北海道新聞朝刊によると、「死傷者の多くがシートベルトしていなかった」。あらためて命綱を実感。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/16 07:51
「戦争と新聞」*北海道新聞労働組合著、径(こみち)書房刊
 昨日、大通18丁目かいわいに行ったついでに古書店並樹書店に立ち寄った。目当ての本はすでになかったが、「戦争と新聞」の背表紙が目に留まり1000円で購入。キタもクローズドショップの道新労組の一員だから、1984年の発行当時、買った。しばらく、書棚にあったはずだが、どこかに行ってしまった。あらためて、この時期読んでみよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/06 05:56
今年も大野さんの版画賀状来た!
 いただいた年賀状はどれもうれしい。なかでも新聞社時代の恩師でもある大野栄さん(札幌市北区)から毎年いただく仏画ともいえる版画がBest of Bestsです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/02 12:56
ブログ開設から9年目、今年もよろしく
 読者のみなさん、あけましておめでとうございます。当サイトも2008年4月に開設して今年で9年目を迎えました。始めたころは新聞社の事業局というところにおり、2010年で退職、翌年から2年間モンゴルで大学ボランティア教師、帰国後は年金生活。北の映像ミュージアム(映画の博物館みたいなもの)の運営活動を続ける一方、昨年秋からは札幌近郊の私立大学で教師のまねごと(非常勤講師)もしています。生活は変わっても、このブログだけは認知症でどうもならならくなるまで続けようと思っています。引き続きご愛読を。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/01 16:45
SNS、ブログと「表現の自由」について。
 2011年3月からJICAのシニアボランティとしてモンゴルの大学で2年間、エコツーリズムを教えた。同年1月から65日間の派遣前研修(JICAは「訓練」と呼んでいたが、私は訓練を受ける犬でないので「研修」と言い換えていた)をしている時に「訓練または海外協力活動に関して新聞、雑誌などに寄稿し、出版し、インターネット上に掲載又は講演などをしようとするときは、あらかじめJICAの承認をうけなければならない」などとする「シニアボランティアの派遣に関する合意書」というのを結ばされた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/30 18:57
憲法守って「人間の安全保障」
12月22日道新5面ミニ特集「安保法3カ月 識者の意見は」の識者3人の人選は大いに疑問だ。元統合幕僚長が安保法を歓迎し、「集団的自衛権行使を決めるのは政治」だ、という立場を取るのは必然だが、残る2人も「護憲と声高に叫ぶだけではダメで・・」(遠藤)、「安保論議で気になるのは、(中略)護憲一本やりで」(鈴木)という。少なくとも過半数の国民が反対する中、数の論理で強引に憲法9条を踏みにじる「安保法」を成立させた3か月前の与党の蛮行を容認した上で、安保論議を進めようと主張しているに等しい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/24 06:50
V.Mサンギ著/田原佑子訳「ケヴォングの嫁取り」
札幌在住の翻訳家田原佑子さん(72)はキタの大阪外語大の先輩、日ごろ懇意にしていただいている。サハリン先住民族ニブフ族出身の作家ウラジミール・ミハイロビッチ・サンギさん(80)の作品の翻訳本としては2冊目になる長編小説「ケヴォングの嫁取り」を11月末に出版、昨日、サハリンのユジノサハリンスクで、サンギさんに手渡した。けさの北海道新聞に掲載されているのを見て喜んでいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/11 13:58
韓国人の反日意識は大きくない
12月3日、東京・麻布の駐日大使公邸におよばれし、柳興洙(ユ・フンス)大使と親しく懇談させていただいた。小学校時代、京都で過ごした経験をもつ大使は、優れた隣国理解を持つ方と聞いていたが、その冷静な判断と包容力にあらためて感じ入りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/06 09:41
金泳三さんの思ひ出
昨日、韓国の元大統領、金泳三大統領が逝去された。キタは1987年12月の大統領選以来、92年3月に北海道新聞初代駐在記者の任期が終わるまでお付き合いさせてもらった。享年87。ご冥福を祈ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/23 11:17
23歳の時考えた「基地の中の沖縄」
 以下の文章は1971年、学生時代の日記を書き写したものです。 23歳の、推敲なし書きなぐり文章は拙いが、当時の沖縄返還の本質は掴まえており、返還以後40数年、こんにち辺野古問題で揺れるまでの沖縄史を見誤ってはいなかったと思う。恥ずかしながら、当時の表現のまま、ブログに転載することにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/24 11:08
ジャイアンツは「巨人」ではない
プロ野球選手による賭博事件に関連してひとこと。朝5時のラジオニュースで冒頭「巨人の選手ふたりが」と原稿を読んでいた。「讀賣ジャイアンツの2選手が」というべきだ。公正中立を放送法で義務付けられているNHKがなぜ「読売」だけ特別待遇する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/22 06:43
4日遅れたビッグニュース
紋別の北海民友新聞という地元紙今月4日付けに載った「400キロ熊射止める」のニュース、なんと今朝の道新の、しかももっとも生きのよいニュースを扱うべき第1社会面に大きく載った。遅れること8日。新聞でなく「旧聞」ニュースでなく「旧ース」。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/12 07:52
 内閣不支持は定着している
 今朝の道新2面。あまり良い切り口の記事ではないように思うし、見出しの横着の「も」も気に入らない。強行採決しても安倍内閣支持率は野党の思惑ほど下がっておらず、「期待はずれ」と野党が戸惑っている、のだそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/27 06:38
違憲の安保法案強行成立
 歴代政権が禁じてきた 集団的自衛権 の行使を可能にする 安全保障関連法案 は19日未明に参院本会議で採決され、自民、公明両党などの賛成多数で可決・成立した。(北海道新聞19日朝刊電子版前文)。最後には数の力に抗しきれないことは先刻承知で、前夜眠りに就いたが、やはり怒り、落胆は計り知れない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/19 08:18
マスメディアとミドルメディア
ミドル(中規模)メディアというものがあります。内田樹さんの「街場のメディア論」(光文社新書)の190ページ、「広がる『中規模』メディア 」から読んでみる。そこには現代のマスメディアが持つ脆弱性への批判があり、ミドルメディアの実行者の立場から、その「相対的優位性」を語っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/17 07:37
記者という職業、つづけますか。
とびとびにつけた日記をめくっていたら、1988年、40歳、ソウル特派員時代に書いた文章にこんなのがあった。原寿雄著「新聞記者の処世術」(87年11月、晩聲社刊)を長く引用している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/12 01:20
ますます中国に似てくる日本
 9月4日の北海道新聞「各自核論」というオピニオン欄に「中国に似て来る日本」という論文が載っている。中国研究所理事長の杉山文彦さんによるもの。昨今の自民党の動きを見ると、「ますます中国に似て来る日本」ということになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/08 07:49
暴走する「ぶれない政治」
9月3日付け毎日新聞13面「特集ワイド」で、政治学者、杉田敦さん(法政大教授)が「暴走する民主主義」に警鐘を鳴らしている。 この記事を読み進みながら、キタ自身の頭で整理してみた。(敬称略) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/04 10:13
「まなぶん」をほのちゃんに送る朝
毎週土曜日の朝は新聞を読んだ後、北海道新聞朝刊に折り込まれている「道新こども新聞 週刊まなぶん」を大阪の孫、ほのちゃん(真田山小学校3年)に送るのがおじいちゃんのきまりです。今週の1面は「安保法案」子どもも考えて」。これはいい話題です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/29 06:31
「新聞研究」の購読をはじめる
 日本新聞協会が発行する「新聞研究」を8月号から1年間の定期購読を申し込み、送料込みで約1万1千円を振り込んだ。8月号が昨日届いた。2010年まで新聞社に勤めた38年間、職場で読んでいたが、自費で購入するのは初めて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/27 23:53
横着の「も」もはやパンデミック状態
 下の切り抜きは23日北海道新聞朝刊スポーツ面のべた(一段見出し)記事だ。傍線筆者。「チーム唯一の2安打『も』2度の好機に凡退」「九回1死一塁で代打『も』一ゴロ」。『』でくるんだ「も」の用法は近年顕著になったマスコミ業界による日本語破壊の表現であり、使用をやめるよういま一度、提言したい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/25 06:13
切り抜きで新聞をカスタマイズ
  最近、新聞をよく切り抜きするようになった。新聞社にいたころ、仕事上必要に迫られてやっていたが、いまやってる動機は「へえ、これはオモシロイ、役立つなあ。あとでゆっくり読もう」である。現役時代より、こまめにやるようになったから不思議だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/17 07:21
戦後70年談話
昨日、安倍首相が戦後70年談話を発表した。6時からの記者会見をテレビで見た直後に感じたことをFacebookに書いたのでまず、転記します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/15 09:48
横着の「も」または、反知性主義ジャーナリズムの証し
私は常々、新聞記事、特にスポーツ面で、「〜するも」の「も」の使い方の横着さに警鐘を鳴らしているつもりだが、今朝、道新と毎日の西武ー北海道日ハム戦の読み物で好例があった*写真ご参照。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/12 07:16
「間接的おわび」 など世間にはない
きょう11日の道新朝刊1面トップ見出し「70年談話『おわび』検討 間接的言及止まりか」に激しい落胆を感じる。いっぱん社会で、間接的なおわび、なんておわびといわない。その「間接的なおわび」を言われた方は「出直してこい」と怒りに火を注ぐだけだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/11 08:41
[侵略」「お詫び」は必須のキーワードだ。
14日に閣議決定、発表する戦後70年の首相談話には「侵略」、「お詫び」という欠かしてはならないキーワードを盛り込まないことを、安倍さんが正式に表明したという。なんという愚かなことか、と落胆した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/08 09:32
大方の国民はアベ政治を見抜いたようだ
以下、木村草太さんという憲法学者の最近の言説。(安倍総理は)火事や戸締まりで誤摩化さず、海外に派兵される自衛隊員の方々の本当のリスクをしっかり説明しなければ国民の理解は得られないし、本当のリスクをしっかり説明すれば国民の理解は益々もって得られない。「自分たちの政策に自信があるのなら、ごまかしたり、曖昧にしたり、むりやり採決したりするのではなく、きちんと明確なビジョンを示して国民の支持を得る。そうした取り組みをしていかないといけないと思う。(つづく) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/23 07:18
勇気はもらうものなのか?
この頃の若い人、よく「勇気をもらいました」といい、「勇気を与えたい」という。なんだか勇気の大安売りみたいやなあ、と違和感ありました。やっとわかった。ぼくら、そんな時、「励まされた」「励ましたい」と言ってきました。勇気をはももらったり、やったりするものではなくて、ギリギリのところで、自分の中からふりしぼるもんやと思い込んでるから、「勇気もらいました」に違和感あるんやなあ.。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/22 04:44
憲法を砥石に自らを研磨する
 19日(日曜)の道新2面、大西隆雄編集委員がまとめた「異聞風聞」欄を読んだ。「日本国憲法が危ない」、と考えていた人がやっぱりいたのか。今年1月、急逝した函館市出身の憲法学者、奥平康弘さん(享年85)だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/21 11:59
自民党改憲案は北朝鮮、中国そっくり
 けさ、道新、毎日の新聞を〒受けから取ってきて、まず目に飛び込んで来たのは、もちろん新幹線の焼身自殺だが、次に衝撃を受けたのは、毎日の14面、特集ワイド。自民党の改憲案は国民に憲法遵守を強要している点で、独裁国家、北朝鮮、中国と酷似しているという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/01 07:14
反知性主義
 すぐ眼の前のファシズム。平田オリザという人のいうことが一番正鵠を射ていると思う。以下の日刊ゲンダイインタビューは4月の言説だけど。よく読むと、今回の自民若手勉強会の「反知性主義」がよく理解できる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/28 03:42
嬉しい郵便物3点セット
 リタイヤ生活に入って(もう5年になりますが)ちょっと寂しいのは、毎日ポストに入る郵便物ががくんと減ったこと。でも習慣的に毎日午後3時ごろには1階のポストの扉を開けてみる。なんにも入ってないと、エレベーターですごすごと10階に戻っていく。でも、きょうはうれしい3点セットが入っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/24 22:40
軍隊は住民を守らない−沖縄の慰霊の日
 きょう6月23日は70年前、沖縄地上戦が終結した日を記念する「慰霊の日」。最後の激戦地となった糸満市磨文仁(まぶに)の丘で追悼式が行われました。この朝の琉球新報と沖縄タイムスの社説を北海道新聞記者時代の大先輩島田昭吉さんが、定期便のメールの中で紹介してくださった。無精して転載を決め込みます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/23 22:14
アキラ君がモニカさんファミリーの来道を道新で書いてくれた
 日本人を父にもつシンガポール国籍のモニカ村井さん(69)の来道が、昨日の北海道新聞朝刊帯広版で紹介された。昨年7月、新聞記者になったばかりの斎藤徹君が取材してくれた、記事の内容もなかなか立派。取材者、被取材者ともにキタの友人。嬉しい限りです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/18 04:19
安倍首相は保守の風上にも置けない
けさの毎日新聞「安保法制 私はこう考える」シリーズは北大準教授中島岳志さん。保守を自任する中島さんがなぜ「安倍首相は保守の風上にも置けない」と断じるのか、簡潔に述べています。写真をクリックして拡大しぜひ読んでください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/17 08:29
孫からのお礼状
大阪の孫、ほのちゃん(3年生)からうれしい御礼状。道新土曜朝刊別刷りの小学生新聞まんぶんを毎週送っています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/26 17:22
障害者より障碍者がよい
 近ごろ、「障がい者」という表記を見ることが多くなった。これまで障害者と書かれてきた。たしかに「害」の字は殺害、傷害という犯罪に使われる漢字だから、心身に「不都合のある」(この表現も最適とはいえないが)人たちにとっては感じのよい字面(じづら)ではないだろう。だからあえてひらがなにしているのかと思っていたが、戦前から「障碍者」という立派な表現があったことを昨日知った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/26 03:38
新聞記者1年生
 釣友今野哲郎さんに音更川釣行を誘われ、14、15日の1泊2日、十勝に行ってきた。15日に北の映像ミュージアムのボランティア当番の予定を入れていたのを変更してまでも、近近に帯広に行きたい用向きがあったからだった。 それは昨年7月に北海道新聞記者としての第1歩を帯広支社でスタートさせた斎藤徹(あきら)君(28)に会うことだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/16 09:34
ジャーナリストの常在戦場
道新の護憲姿勢が心配。九条の会初の全国討論集会が第3社会面のベタ記事か。毎日は2社3段。普段の構えが問われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/16 09:46
4年前の日の出
 下の日の出の写真は、2011年3月11日午前6時9分58秒、福島県二本松市安達太良山麓から喜多が撮影したものです。JICAトレーニングセンター研修終了日。モンゴル出発を2週間後に控え、62歳の老人もそれなりに新たな希望を日の出に托したひと時でした。その約8時間後、JR郡山駅で、大地震に遭遇します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/11 06:21
宇井純と小出裕章
 昨7日の毎日新聞「特集ワイド」で京大原子炉実験所の小出裕章さんの最終講義を掲載していた。1974年に助手(現助教)として実験所に入り、原発に批判的な同僚と80年に「原子力安全問題ゼミ」をつくって活動し、助教のまま3月末、定年退官する。 ふと宇井純さん(1932-2006)のことを思い出した。東大で水俣病公害を研究。自主講座を続け助手のまま21年勤務した東大を離れ、沖縄大教授に迎えられた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/08 12:01
Serendipity(セレンディピティ)
 Serendipity=the fact of something interesting or pleasant happning by chance. 偶然みつけた面白いこと、あるいは楽しいこと、と英英辞典または英和辞典にある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/13 19:52
玉袋筋太郎君で思い出すこと。
 お笑い芸人で」「玉袋筋太郎」という名の人がいることを初めて知った。Yahoo!のポータルサイトで見た。NHKの番組クレジットに初めてその名前で掲載された、という他愛ないニュースだった。それまでは「玉ちゃん」と仮の名で書かれていたのが、ようやく本物の芸名がNHKで解禁された、と本人もいたく喜んでいるらしい。それを読みながら、43年前、新聞記者駆け出しのころのある取材を思い出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/11 18:54
旅券返納命令とジャーナリズム
 シリアへの入国を表明したフリー写真家に対し、外務省が旅券返納命令を出して、出国を阻止した問題。意見はさまざま出ているが、法的に禁じたのは、報道の自由を踏みにじり、ジャーナリズムの独立性を否定した誤った措置と思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/10 11:25
地球儀を俯瞰する外交と虫瞰ジャーナリスト
 安倍晋三首相が主張する、「地球儀を俯瞰する外交」ってなんだ、と気になり、インタネットで検索してみた。曰く「外交は、単に周辺諸国との二国間関係を詰めるのではなく、地球儀を眺めるように世界全体を俯瞰して、自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった基本的価値に立脚し、戦略的な外交を展開していくのが基本である」ということらしい。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/05 09:00
記者1年生のちいさま特ダネ
 いわゆる特ダネ記者ではなかったし、名文家でもなかった。平凡な記者だったと、自己総括した。その中で、あれはいなか町のいい話題を掘り起こした記者生活最初のちいさな特ダネだったなあ、と思い出す記事がある。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/14 17:24
自分のブログが中国語になった。自動翻訳?
 このブログの管理ページでアクセス履歴を調べていたら、自分のブログが知らないうちに、中国語バージョンになっています。よく見ると、URLの前に以下のULをかぶせると、あっという間に中国語訳が表示されることがわかりました。すごいなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/30 19:45
若い世代、または平和の申し子たちへ
  きょうの北海道新聞は、20、21ページ見開きで、去る24日、札幌で開かれた「道新フォーラム 現代への視点2014」の詳報が掲載されている。当日私も聴講した。過去の忌まわしい歴史に立ち会った、あるいは研究テーマとしている3人の賢者が出演し、若い世代を戦場に送り出してはならない、とメッセージを送った。北海道新聞を購読せぬひとたちも、今朝に限ってはコンビニなどで購入して読んでほしい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/30 07:35
道新学芸部員だったころ
 きのう、キタラでアマチュア男声合唱団「ススキーノ」の公演を聴きに行った時、懐かしい人の姿がステージにあるのを見た。同合唱団の団長として89人の海千山千のおっさんたち(失礼!)を束ねる圓山彬雄(よしお)さん。いまでは北海道を代表する建築家でもあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/11/08 11:42
新聞読まない、テレビニュース観ない−恐ろしい食卓
 先だって、1泊渓流釣りの旅をしたとき、遠軽町のビジネスホテルで恐ろしい光景を見ました。マスコミ出身者としては悪夢でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/05 12:09
深川に映画館があったころ
昨日は深川市にかつてあった映画館「深川東映」を探す旅に出ました。朝8時JR札幌発旭川行きス―パーカムイに乗り、9時過ぎ深川着。午後2時44分深川発(始発は旭川)札幌行きに乗るまでの半日。たくさんの人に会い、在りし日の同館の輪郭が私の中で形づくられていきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/10 08:41
政権が「法の上に立つ」日−14年7月1日を忘れない
きょう7月1日の午後、日本国憲法が認めていない集団的自衛権行使の容認を閣議決定するという。政権が法の上に立とうとした「愚かな日」として、わたしはこの日を一生忘れない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/01 11:25
1日平均1,288ページビュー
 きょうから7月。ほぼ毎日更新を目標にしているわがブログ「感謝カンレキ雨あられ@アジア群島人」6月の総ページビュー(PV)は3万8,659PV。過去最大を約1万オーバーして自己新記録になりました。日平均が1,288PV。1千PVを超えたのも初めて。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/01 07:15
化けの皮を現す政権
今朝の道新と毎日新聞(2紙しかとってませんので)ともに、安倍政権は集団的自衛権からさらに、集団安保も見通して、「戦争放棄」の憲法9条を解釈改憲で骨抜きにしようとしていることを伝えています。まさに化けの皮、馬脚を現したというほかない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/20 12:13
固定読者が増えたのかなあ
 2008年4月にブログを始めて6年たちました。始めたころ口の悪い友人が「君のブログはだらだら長くて読みにくい」と率直な批判をいただいたが、いまも同じでしょうね。はじめは1日当たりペイジビュー(PV)が100から200ぐらいだったのが、年とともに増え、今月(2014年6月)はだいたい1000を超えるようになりました。ありがたいような、怖いような。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/18 22:12
「あらわ」にしすぎるボキャ貧記者たち
 最近の新聞で、使う範囲が「広がりすぎる」と思う言葉に「あらわ」がある。理性をうしなって、感情をむき出しにする状態に限り「あらわにする」とジャーナリストは使ってきた。、評論の中で、分析の上、強く、しかし冷静に指摘することまで「あらわにする」と表現するのはいかがなものか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/14 04:26
安保大転換は戦前回帰―そのとおり!
 きょう5月11日の北海道新聞朝刊1面トップ、保坂正康さんのインタビュー記事は素晴らしい。「安保大転換は戦前回帰」。まさしくそのとおり。「国民が試されるとき」そのとおり! ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/11 07:45
絵文字化する日本語
 携帯やSNSのチャットで短い文章を交換するのに絵文字や(笑)(涙)などを使って文章を極力短くする傾向にあります。まあ風潮としてしかたないか、とも思う。しかし、そのうち新聞やインタネットのニュース欄まで、絵文字が出てくるのではないか、と心配で夜も寝られない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/08 08:52
平和主義の破壊許さない
1947年5月3日の施行から67年。きょうは、平和憲法のこれまでの歴史において、最大の危機の中で迎えた 憲法記念日です。北海道新聞朝刊の社説がすべてを言い表しています。写経(まる写し)して、かみしめようとと思います。コピペではありません。読んで解釈しながら刻んでいきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/03 10:18
北海道新聞ソウル支局
きのう午前、ソウルの徳寿宮うらにある北海道新聞ソウル支局を訪ねました。着任まもない松本支局長は修学旅行の高校生ら302人余が死亡・行方不明になっている珍島沖の旅客船遭難の現場取材に行って留守でしたが、ローカル記者の呉銀英記者(女性)が留守を守って、珍島からの松本支局長の電話指示にてきぱきと対応していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/21 22:43
子供たちを見殺しにしていないか。
 11泊12日の韓国旅行を続けており、9つ目の夜が明けようとしています。いろんなものを見、いろんな人と会いましたが、旅の一番の思い出が、半島南西部珍島沖で起きた悲惨な旅客船「セウォル号」沈没事故になることが確実です。4月16日午前11時20分。浸水から140分、船影が完全に海中に没したとき、キタもまた珍島から黄海に浮かぶ島々を眺めていたのですから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/20 07:39
吉岡忠雄著「ソウル・ラプソディ」を再読
 突出したナションリズムとともに隣国へのむき出しの敵意を詰め込んだ本が次々と出版され、しかもよく売れているという現下の日本の風潮には恐ろしさを感じるし、これでよいのか、と考え込んでいます。そんなおり、わが書棚から1冊の本が語りかけてきた。まあ、「私をもう一度読んでみなさい」と。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/15 05:39
騙すな、騙されるな
 記者の心得について。元北海道新聞記者で、今は高知新聞社会部記者(Facebookの自己情報による)の高田昌幸さんが卓越した見解を述べられている。これからジャーナリズムを目指す若者には大いに参考になるので、無断でFacebookから転載させていただきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/12 09:21
山崎夏生さん、今日の「腹いっぱい」は上半期朝食大賞です。
 今朝の北海道新聞コラム「朝の食卓」はすばらしい。もし、朝食大賞があり、私が審査員なら、2014年上半期大賞に推薦します。筆者は元プロ野球審判で現在は日本プロ野球連盟の技術委員、平たくいえば審判の先生。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/10 07:20
気に入る事実の寄せ集めでよいのか
 2月26日に「『呆韓論』に呆然となる」のタイトルでブログを書いたら、同書の著者が反論のようなものを「ZAKZAK」というサイトに掲載していることを知りました。自著への書評が出たら、いちいち、その読み方はおかしい、と著者が読者にクレームをつけるのもどうかと思うが、クレームが的外れと思えるところもあるので、そのまた感想文を書こうと思います。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/08 14:55
消費税上げと新聞
 過日、北海道新聞社の経営陣の一人と昼食をともにしました。いま彼の心の大半を占領している問題が、4月から3%上乗せされる消費税によって新聞購読料が総額で上昇し、新聞離れを加速しかねない現状にあることだと、会話の中からひしひしと伝わってきました。紙面の活字をさらに大型化し、記事段数を長く続いた15段から12段にするという大改革を3月に選んだのも消費税上げをにらんでのことのようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/04 08:17
記者のタマゴ君へ
20代の若い友人S君が7月、キタの卒業した新聞社の記者になります。私は1972年入社。彼は2014年。42年を隔てて。なにかアドバイスを、と考えました。それは私が誤ったこと、できなかったことを書いてみます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/03/03 09:18
NHKはブラック企業か?
NHKの籾井お騒がせ会長が、就任初日に全役員(NHKでは理事)に日付け白紙の辞表を提出させていたことが、26日の衆院予算委分科会で取りざたされた。あまつさえ答弁で「辞表を預かったことで理事が萎縮するとは思えない。一般社会ではよくあることだ」と嘯いたという。めちゃくちゃな人物です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/27 03:56
「呆韓論」 に呆然となる
 室谷克実著「呆韓論」(産経セレクト刊。)言論・出版の自由が憲法で保証されているからといって、何を書いてもよい、というわけではないことぐらい、小学生でもわかる。ましてこの筆者はもと、時事通信の記者であり、私よりすこし前のソウル特派員。韓国の良さ、悪さも含めて知っているはずなのに、なぜここまでこき下ろすのか。それが、これから隣国の人たちと仲よくやっていこうとする日本人に無用な予断と偏見をもたせることにつながる、とすれば大変不幸なことだと思う。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/26 07:57
道新赤レンガ社屋
道新の大先輩であり、キタが社会部ボンクラ記者時代の名デスクだった児玉芳明さんがfacebookで「残したかった旧道新赤レンガ社屋」と書いていらっしゃいます。手元の「社報三十年」(1972年刊、非売品)のグラビアに伊藤正画伯(札幌大谷短大教授、一水会委員=当時)の絵がありました。いまあれば、札幌の名所のひとつでしょう。残したかった、というより北海道の財産として残すべきではなかったか。取り壊すときどんな論議があったのだろうか、と調べてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/22 13:16
安倍総理の憲法観の誤りを指摘
 Facebookを見ていたら、友人の田村晋一郎さんが、興味深い新聞記事を添付してくれていました。安倍総理の憲法観の危うさを改憲論者の憲法学者さえ、指摘しているというものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/22 04:18
溝口徹著「氷結の岩」
 溝口徹君。キタが1992年春から94年秋まで北海道新聞社会部デスクをしていたとき一緒に仕事をした若手記者でした。わたしには目立たないこつこつ仕事をする記者という印象しかないが、20年ぶりに私の前に立派に成長した姿を現した。ドキュメンタリー小説「氷結の岩」(響文社刊1600円+税)の著者として。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/20 06:56
ドナルド・キーンの証言−「日本国民は9条を歓迎した」
 昨日の北海道新聞朝刊文化面に日本文学研究家のドナルド・キーンさんが「憲法9条 行く末憂う」と題して寄稿しています。終戦当時、米海軍通訳士官だった彼は、新憲法誕生当時の日本の気分を熟知しています。 「終戦に日本人のほとんどが胸をなで下ろし、『戦争はこりごり』と思っていた。わたしははっきりと覚えている。日本人は憲法九条を大歓迎して受け入れた」。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/18 04:31
都知事選、細川=宇都宮の一本化はないのか
 東京都知事選で、細川氏と宇都宮氏を一本化すれば、勝てるのに、と思っていました。でもそれはあまりにもシロウト考えかな、とも思ったが、やはりそういう動きがあったとは知りませんでした。優れたルポライター、ノンフィクション作家として喜多も信頼する鎌田慧さんらの申し入れに、両陣営は「ノー」と回答したという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/07 02:47
須田禎一著「新聞月評」わが記者生活の原点と再会
 道新社会部時代の仲間で、読書家として尊敬しているめい展氏(札幌市在住)から、友人を介して須田禎一著「新聞月評 1972」(1973年6月、評論社刊)を貸与していただき、いま読んでいます。駆け出しのころ、愛読しわが書棚にあったはずが、転勤、転宅過多のうちに紛失してしまったらしい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/01 00:14
こば金棺蓋の詩。
自ら棺桶の蓋にしたためた詩文 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/29 17:41
俺もいきたやこば金のように。
 昨日、昔MO(光磁気ディスク)に蓄積した写真ファイルのバックアップを取っていたら、なつかしいコバ金さんの写真が出てきました。2005年6月26日、自らつくった木棺を友人、知人に披露する園遊会が西区平和の滝の小林邸中庭で開かれときのもの。棺の蓋と側面に墨痕鮮やかにしたためた自叙伝風の詩は見事でした。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/29 01:15
公共放送をなんと心得ているのか
籾井勝人NHK会長が就任記者会見で行った発言は従軍慰安婦問題だけでなく、目下の日本で論議される多くのイシュー、靖国、領土、特定秘密保護法などについて公共放送及びマスメディアの長として、極めて不適切なものであったかことが今朝の道新1面でわかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/28 11:03
新聞モニター応募するも落選
 自分が卒業した新聞のモニターに応募していたのを忘れていました。年末、北海道新聞夕刊に、「モニター募集中」と出ていたので、インタネットから応募しました。採用決定したら連絡する。年末までに連絡なければ、落選したということ、って書いてあった。連絡ないから落選なんだろなあ。笑えるような、残念なような。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/05 06:46
日本海、オホーツク海を内海に!
 昨日のブログで、新年からの道新の企画「極東」のタイトルにちょっと違和感がある、と書きました。日本から見れば「近西」(the Near West)ではないか、と思うからです。イギリスのthe TimesやフランスのLe Mondeのやる連載企画ではないのだから。それからもう一つ、メッセージがないこともきにいりません。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/03 04:35
「極東」に代わるネーミングはないのか?
 北海道新聞が新年から連載企画「極東」を始めるという。北海道にいちばん近いロシア極東をはじめ、中国東北部、朝鮮半島の一部を対象に、今後の政経文化など総合的な交流を展望する長期企画なのだろう、期待したい。だが、「極東」という手垢のついた地域名を将来に向けた企画になぜ使うのか、ちょっと違和感を感じる私です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/02 19:50
知る権利と知らせる義務
手元に「知る権利 マスコミと法」(石村善治・奥平康弘著、1974年初版第1刷、有斐閣選書)があります。以下、長いが引用します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/08 17:59
わたしのカメラ遍歴
普及型デジタルカメラの画像精度がまだ30万〜50万画素だった1996年暮れ、販売価格13万円足らずで、81万画素のオリンパスC−800Lを買った。シンガポール駐在に出ることが決まっていたからだった。インターネットメールに画像ファイルを添付して現地から札幌本社に送ろうというもくろみだった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/03 04:33
「はだしのゲン」のアニメ版みました。泣けた。
 先ごろ、図書館での閲覧制限を巡って話題となった漫画「はだしのゲン」(中沢啓治原作)のアニメ版を昨日と今日、2日がかりで見ました。まことに良い作品です。漫画の方も見ていないから、えらそうなことはいえませんが、この作品の閲覧に制限を加えようというような考えは、どう考えてもおかしい。日本がおかしくなっていると、言わざるをえません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/02 23:16
苫小牧の石油タンク火災から10年
  一昨日9月27日夕、北海道石油共同備蓄株式会社社長の長崎正さん、エフエム北海道(エアG)社長の宇佐美暢子さんと狸小路のフランス料理店クネルで夕食をともにしました。長崎さんは出光興産出身の人。知り合ったのは今からちょうど10年前、十勝沖地震による苫小牧の出光石油タンクの火災事故当時でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/29 12:00
ブログも努力怠れば読者は減るもの
  ブログ「感謝カンレキ雨あられ」を2008年4月に始め、翌年からページビュー(PV)をチェックし始めた。その4年間で、今月つまり20013年9月の月間PVは過去最低になりそうです。9月17日現在、7391PV。原因はひとえに気合いを入れてブログを書いていないから。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/19 00:10
もう、刺青にこだわるべきじゃない
 きょうの道新朝刊社会面トップは、ニュージーランドのマオリー族の人が石狩管内の入浴施設で、民族の伝統的刺青(顔)を理由に入場を拒否された問題を取り上げていた。「民族的な伝統を尊重して柔軟対応を」という 菅官房長官、「刺青おことわりというこれまでの対応を替えるつもりはない」という当該施設関係者。わたしとしては「もう、刺青なんかにこだわらない方がよい」です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/14 08:50
ジャーナリストの自己規制。
 8月15日を前に考えること。1945年までの日本について、軍国主義の暴走だけをあげつらうわけにはいかない。それを止められなかったジャーナリズムの責任は重く、戦後、そして今日さえも、ジャーナリズムが果たすべき責任が健全に機能しているか、厳しく自省しなければならない状況下にあります。     ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/08/10 05:27
桜木紫乃さん直木賞、道立文学館がすばやい展示
昨日午後、何年ぶりかで中島公園の道立文学館に行きました。びっくりしました。前日、直木賞受賞が決まったばかりの桜木紫乃さん(釧路市生まれ、江別市在住)の「受賞記念展」が早速、常設展示室に設けられたではないか。なんというすばやさ。受賞に至るまでの苦しくも情熱あふれる道筋がひしひしと伝わってくる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/19 08:40
道新を第2の卒業
 昨日、北海道新聞社に行き、所有していた同社の株券を社内持ち株会に譲渡の手続きをとりました。役員退任の2010年を道新第1の卒業とすれば、今回は第2の卒業をしたような、ちょっとさびしい気分にさせられました。あとは読者としての自分が残るだけ、かな? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/26 08:44
自民OBの護憲アクション
 きょう2日の北海道新聞朝刊社会面にいい記事がでています。古賀誠、野中広務、加藤紘一という自民党の元幹部が護憲アクションを続けているというもの。現役自民議員からハト派の声が全く上がらないなかで、「自民の良心は死なず」といってもいい。     ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/02 08:07
「朝の食卓」やはり第2社会面が似合う
  すでに、ブログ「めいてんジャーナル」で昨日書かれていたけれど、道新朝刊の名物エッセー欄「朝の食卓」が指定席、第2社会面からこの春、第3社会面にリプレースされたことを大変悲しんでいます。編集局の叡智を集めての決断とは思うが、どんなメリットがあるのか、新紙面をみるかぎり、コンセプトが見えてこない。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/13 16:40
「コメント保留」設定しました
 わたくしのブログに「全コメント保留方式」を採用しました。いったんコメントを受け付けた後、ブログ管理者が適当と判断したものについてのみ公開する。せっかくコメントを寄せていただく方々には不愉快な思いをさせますが、どうぞ旧倍のごひいきをお願いします。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/31 07:42
批判のコメント真摯に読みました
 24日に書いた「センター試験国語過去最低?さもありなむ。」について、多くの人から沢山の批判をいただいた。何度も何度も通して、真摯に読みました。総じていえば、大学センター試験に対する私の認識不足が大きかったことを認めます。しかしながら、低得点と現在の受験世代の読書不足との間に相関関係がある、という見解にはいささかも揺るぎはありません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 16

2013/01/26 09:40
どうしてこうも味もしゃしゃりもない表現に?
 モンゴルにいて、日本の新聞を読めぬものだから、しかたなく、yahoo!のポータルサイトのニュースインデックスなどをみるともなしに見ています。感じるのは場違いな大げさな表現や生硬な表現。いずれも新聞社からの配信だから、紙の新聞でもおなじようなものかもしれない。これから先、日本のメディアはどうなっちゃうんでしょうか。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/13 23:20
1972稚内大停電
 年末、札幌から送ってもらった北海道新聞をみて、11月27日から30日まで4日間、室蘭・登別地方が風雪害による大停電に見舞われた様子がよくわかった。その40年前、わたしが稚内で新聞記者生活を始めた1972年の暮れ、12月1日から稚内地方が約1週間の大停電になったのと酷似している。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/12 05:55
されどわれらが新聞
 自分が38年間碌を食んだからいうわけではない。北海道新聞(道内では通称道新=どうしん)はほんとうにいい新聞です。なぜいまさらそんなことをいうのか。年末、道内に住む友人が正月用品と一緒に11月25日から12月5日まで12日分の朝刊と一部夕刊、道新スポーツを送ってくれました。高い航空運賃をかけて。いままとめてじっくり読んでいます。あらためて、新聞は現代人になくてはならない存在だと感じています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/10 19:08
「檄を飛ばす」と「激励」はちと、ちがう
 このごろ、気安く使うなあ、と違和感を覚えている慣用句に「檄を飛ばす」があります。激励するの言い換えもしくはその強調に使っているようですが、ちょっと違うのではないか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/21 07:44
7年まえの4月25日
 7年前のきょう、4月25日はふたつの事柄で生涯忘れられない日になっています。ひとつは右耳の鼓膜を再生する鼓室形成手術というのを北大病院で受けました。手術は失敗。術後まもなく、鼓膜は再び壊死し、いまもぽっかり穴があいたままです。それはもうしかたがないとあきらめています。もうひとつの事柄。キタが全身麻酔による約2時間(だったと思う)の手術を受けている同じほぼ時間帯に、JR西日本福知山線で列車が脱線転覆乗客乗員計107人が死亡する大事故がありました。人災というにはあまりにむごい犠牲者の数でした。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/25 22:54
Masked Facebook でっか?
 フェイスブックが大はやりです。昔からよく知ってる人、ちょっと知っている人、大先輩、親戚の人から「お友達」希望が舞い込んで、だいたい一も二もなく、「は〜い、よろしく」のクリックをするのだけれど。ちょっと困った人たちもいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/17 10:27
歴史の歯車
大阪府立和泉高校の卒業式で、国歌斉唱の際、教職員が本当に歌っているかどうかを、校長が口の動きで確認していたことがわかった。 口が動いていなかった教員のうち、1人が歌わなかったと認め、府教委が処分を検討している。国歌起立条例を提案した地域政党・大阪維新の会代表、橋下徹・大阪市長は「服務規律を徹底するマネジメントの一例」と絶賛。しかし、その徹底ぶりに反発もある。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/15 05:37
練習試合に「敗退」はないぜ
 日本のプロ野球はいまキャンプたけなわ、紅白試合、練習試合からオープン戦へと徐々に実戦モードに入りつつあるようです。そのことは当ブログ左欄外の「北海道新聞ブログパーツ」の「ファイターズ」コーナーでもわかります。ところが、2月12日10時19分upの見出し「日ハム、練習試合で広島に敗退」、こりゃいったいなんや。ただの練習試合に「敗退」はほぼ誤用。道新さん、まじめにやれ、といいたい。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/14 10:18
北の無人駅から−北海道新聞社刊
 北海道のルポライター、渡辺一史さんの第2作「北の無人駅から」が出版されたことを遅まきながら知りました。処女作、「こんな夜更けにバナナかよ」から8年余ぶりだそう。どちらも北海道新聞刊。キタが同社出版局にいた2005年ごろ、すでに無人駅の取材を続けていた。中断したのか、と心配していたけど、初志貫徹したのはさすが。渡辺さん。心から祝福します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/06 16:17
大阪都ってなんや
 昨日の大阪ダブル首長選で激震が走ったみたいですね。日本語のNHKプレミアムどころか英語のNHKワールドも入らない情報過疎地にいて、えらそうなことを書くのは危険だという認識をした上で思ったことを書きます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/28 06:58
十津川村と新十津川町
  左側に、北海道新聞さんに張らせてもらっている「ブログパーツ」に関心を引くニュースインデックスがあります。クリックすると、 【新十津川】9月の台風12号で深刻な被害に見舞われた「母村」の奈良県十津川村に2カ月間派遣され、復旧作業を支援した空知管内新十津川町の職員3人が同町に戻り、21日、町役場で現地の様子などを報告したと、いう記事。明治の大水害による十津川村からの集団移住が新十津川町を生んだ、という歴史を思うと 、自然の猛威とそれにへこたれない日本人の魂を感ぜずにはおれません。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/22 09:11
読売バトル=大道の夫婦げんかを見るおもしろさ
 NHKワールドがケーブルテレビから消え、日本発信情報が途絶えたと嘆いていたキタはいま、読売グループの超法規的存在・のようなワンマン総帥85歳にたった1人で立ち向かう記者上がり61歳の姿に興味シンシンです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/13 08:37
<自選BNちょっといい話A>ジョー・オダネル
 きょう終戦の日です。あの日から66年がたちました。毎年8月になると、日本の新聞やテレビは「戦争と平和」について饒舌に語ります。風物詩などというつもりはもとよりありません。過日、NHKワールドで、アメリカのピューリッツア賞ノンフィクション作家が沖縄に来て、元アメリカ兵たちの思いを伝えに来るドキュメントを見ました。原爆加害国からの行動についてはジョー・オダネルほど国籍を離れて明瞭に人間的な行動を取ったアメリカ人はいないでしょう。それを思うにつけ、なにもしないうちに棚ボタのようににノーベル平和賞を拝... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/15 04:05
ダルビッシュと稲葉のお立ち台は久しぶり
  昨日のプロ野球観戦。携帯からブログに入力しようとしたら、写真が横になってしまいました。一日遅れで再入力します。試合は北海道日ハム9−0中日。ダルビッシュが7回で余裕の降板。稲葉が2ランと3ラン、糸井と鶴ちゃんの2本を含めて1試合4本のホームランは日ハムといしては極めてめずらしい、胸のすかっとする展開でした。▲試合後のお立ち台にはダルビッシュと稲葉。今年初めて? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/13 13:47
内からの最後の新聞批評
  北海道新聞役員会は出張やよんどころのない用務ある者を除いて、月曜から金曜まで毎朝9時45分に会議室に集まり、その日の朝刊読み合わせを続けています。自分たちの最大の商品である新聞の日々の制作に役員が常に関心を持とうという伝統です。こんなことを律義に毎日やっている新聞社は日本全国探してほかにないでしょう。これに出席する日も残りわずかになりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/09 08:07
  「顧客と向き合う」ということ
  月に一度発行する職場の連絡誌に巻頭言を隔月で書いています。5月号が最後の当番だと思って書きました。その下書きは与えられたスペースを遙かにこえてしまったので、3分の2ほどに圧縮して掲載しました。我がブログは行数自由なので、初稿のまま掲載します。社外の方にはご迷惑ですが、おつきあいください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/21 05:48
道新夕刊「各自核論」はよい
  北海道新聞の土曜の夕刊に4月からスタートした「各自核論」というオピニオンのページがなかなかよろしい。現代を生きるのに必要な「ものの見方」を3つのテーマで専門家が解き明かしてくれる。テーマの選択もよい。どこの部署が担当しているのでしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/16 05:32
ファン・ジャンヨプ氏を探したあのころ
 いまファン・ジャンヨプ元北朝鮮労働党書記(現在は韓国在住)が来日中とか。1997年3月、当時キム・ジョンイル総書記の側近だったファン氏が亡命したというビッグニュースが世界(まあアジアだろうが)を駆け巡りました。そのr時のことを思い出します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/06 08:28
真に受けるな
  きょう4月1日はエイプリル・フール。昔はこの日にちなんで、それとわかる罪のない、シャレた嘘をつきあう催しなんぞがあったと記憶しています。でも、ケイタイという「噂の飛び道具」が席巻するいま、噂に尾鰭はひれがついて、大騒ぎになることがあるから怖い。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/01 06:42
大森実と「エンピツが一本」
 国際事件記者として一世を風靡した大森実さん(元毎日新聞外信部長)が3月25日に死去した。享年88。26日の朝刊社会面の死亡記事は各紙申し合わせたように1段ベタ扱い。奇異な感じを受けました。毀誉褒貶のある人ですが、団塊の世代で、ジャーナリストを志した者にとっての存在感はそんなものでじゃない。もちろんキタにとっても。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/28 05:52
これは便利! 「道新のイベント」サイト一新
  北海道新聞が主催するイベントの全容がわかる新しいサイトが完成しました。道新のポータルサイトを制作、管理しているメディア局が心をこめて作ってくれました。わが事業局の要望を丁寧に聞きながら改良に改良をかさねての準備でした。読者やそうでない人にも、便利に見ていただけると思います。ありがとうございました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/23 05:14
豊かな共生社会へのステップーオピニオン面を読んでB
 22日の道新朝刊オピニオン面「風 論説委員室から」という欄では、鳥居和比徒(かずひと)論説委員が外国からの看護師、介護福祉士の受け入れ問題についてリポートしています。3年前からインドネシアから、昨年からフィリピンから受け入れ、現在両国の880人が来日した。かれらは道内はじめ全国の病院や福祉施設で研修を兼ねて働いているのですが、彼らの行く手には困難が付きまとっているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/22 18:36
紙メディアの将来−オピニオン面を読んでA
引き続き、けさの道新オピニオン面について。ルモンド・ディプロマティク誌前編集長のイニャシオ・ラモネ氏が「紙メディアは滅びるか」のタイトルで論文を書いています。「紙メディアは滅びるか」を「紙メディア=新聞紙上で書いていただくとは…。ありがたいような、大きなお世話、と言いたいような。でも私たち「紙のメディア」関係者にとり、傾聴に値するくだりがあるので、引用します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/22 18:34
けさの道新、オピニオン面がよい@
  いつもの月曜は慌ただしいが、きょうは振り替え休日。ゆっくり新聞が読めます。北海道新聞オピニオン面をじっくり読みました。トップの「記者の視点」は文化部のベテラン記者田中秀実君が先ごろ、道教委が高橋道知事の苦言に過剰反応して、藤田嗣治の名画を購入するのを断念した問題を取り上げました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/22 09:16
経済オンチにも読ませる日経新聞のしたたかさ
  よその新聞を褒めるのはしゃくにさわるけど、日経には大きなコストを掛けてもここだけは絶対に読ませるという意気込みを感じさせる長寿番組がいくつかあります。キタにとって、それは日経得意の経済関連記事ではなく、文化、社会の分野です。経済オンチにも熱心に読ませる戦略が憎たらしい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/21 08:24
夕刊はこんなにオモシロイ
 昨16日は退勤時間前を見計らって電話をかけて来たらしい友人からの「いっぱいやりませんか」を断ってまっすぐ帰宅。夕食後に見た映画(DVD)が面白くなく例によってソファで白河夜船。3時間近く寝てしまいました。目がさえ、夕刊をじっくり読むとこれが面白い。夕刊の購読部数の減り具合は朝刊のそれを上回るが、なあに。まだまだ捨てたものじゃない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/17 03:47
「鳩山政権は使命果たせ」と姜尚中氏。同感
 けさの北海道新聞1面「シリーズ評論 鳩山政権6ヵ月」の筆者は東大大学院教授の姜尚中氏。姜氏は冒頭、鳩山氏はリーダーシップを発揮していない、と厳しく叱責する一方で、今すぐ評価を下すのは早計、という。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/16 06:36
歩いて卒業証書をもらいたい 優君の春 旅立ち
 北海道新聞の15日夕刊社会面にとてもよい話が載っています。登別市立冨岸小学校6年、小野寺優(ゆう)君(12歳)は重度脳性小児まひで手足が不自由ですが、自分の足で立って卒業証書をもらいたいと、19日の式を前にリハビリに励んでいるといいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/15 17:59
いいなあ、きょうの北海道新聞
  この38年間、北海道新聞とともに歩んできたのだから、毎日欠かさず読むのは当たり前ですが、編集局を離れて6年になると、かなり紙面をシビアに評価する気持ちが強くなってなっています。「今日の朝刊は力はいってないなあ」「大きなニュースがない時こそ、地力が試されるのに」なんとか言いながら読んでいます。その点、今日22日の朝刊はなかなかよかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/22 07:11
BBCをパソコンで聞いてみよう
  英語のシャワーを浴びる方法として、イギリス国営放送(たぶん)BBCのインターネットラジオを聴く方法があります。24時間放送しているBBC RADIO5 LIVE(URLはhttp://www.bbc.co.uk/5live/news/)にアクセスしピンクのツールバーのListen Live BBC ip playerをクリックすればニュースかトークが聞けます。アナログラジオで短波を拾うより格段の音質です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/18 03:39
永住外国人の地方参政権
  日曜日は平日よりゆっくり新聞を読める日です。けさの北海道新聞では2面の「サンデー対論」欄の「外国人地方参政権の是」を丁寧に読みました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/02/07 21:29
韓国の若き友人への返信メール
  2003年から続けている新聞代肩代わりボランティアが風前のともしびになっています。新聞代プレゼントの条件として韓国の学生さんに課した月1回のリポート提出の締め切りをほとんど守ったことがなく、今回も以下の太字のような「あらかじめご了承ください」と遅延のメールを送ってきました。わたしとしてはもう我慢の限界に達しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/06 06:25
11年で駆け抜けた朝青龍
  けさの道新の1面はトップが小沢一郎氏の不起訴決定、準トップはぶっとい5段カットで「朝青龍が引退」、そしてさっぽろ雪まつり開幕の写真。冬枯れの紙面をにぎわしています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/05 08:15
新聞離れに募る危機感…でも悲観はしない
 25日付けのマスコミ業界紙「文化通信」1面トップに写真のような記事が載っています。新聞公正取引協議委員会のアンケート調査で、新聞を定期購読しない人の割合がこの11年間で初めて20%を超えたというのです。前年より4・5ポイントも一挙に増えた。新聞離れが加速していることを裏付ける数字だと、認めなければなりません。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

2010/01/26 11:06
湖畔の雪原で日向ぼっこ−道新紙上でみつけたウフフ、ニヤリA
まずは写真を見てください。たくさんのアザラシが水辺の雪の原でひなたぼっこをしています。これはオホーツク海に面した北海道湧別町の佐呂間湖畔。北海道新聞社機から空撮したものです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/25 17:37
菅家利和さんの怒りと映画「フィクサー」
 先週の報道で心に残るのは小沢一郎氏の検察出頭より、足利事件再審の菅家さんと当時の取り調べ検察官、大塚氏とのやり取りでした。菅家さんを真犯人と決めつけ、自白を誘導した検事に「17年分の謝罪をしてほしい」と鬼検事さながらに迫っても、元検事の謝罪の言葉は最後までなかった。▲きょうはベタ雪。春の気配? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/25 06:50
あまりに堂々と約束を破られると怒る気にもならない
  毎月10日を締め切りにして、「新聞を読んで」の感想文を書くことを条件に北海道新聞の購読料を肩代わりしているアジア人留学生から昨日、ようやくリポートがメールで届きました。実に11日遅れ。堂々たるものです。怒る気にもなりません。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/01/22 06:41
子供用ジャージーを愛用する77歳−道新紙上でみつけたウフフ、ニヤリ@
  根室管内別海町の相馬孝三さん(77)は普段着にジャージー(トレーナー上下)を愛用しています。昔はぴったりだった大人用のMサイズの服は今では小柄な相馬さんにはズボンの丈が長すぎる。若者の足が長くなってサイズの規格が変わったのか。Sサイズを買おうと思っても売り場には出ていない。ある時子供用ジャージーに目をつけ試着してみたらぴったり。しかも、大人用より安いし、ズボンが2本ついてる、といます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/19 20:05
筆が滑った浅田次郎さんと、函館朝市の対応
 18日の道新朝刊第2社会面のトップに、直木賞作家の浅田次郎さんがJAL機内誌12月号に書いたエッセーに事実誤認があると、函館朝市の組合組織が抗議したという記事が出ていました。浅田さんも一部に誇張があったと非を認めている。ことの発端は朝市の中のある店が送ったタラバガニと毛ガニが浅田さんの期待を大きく裏切るものだったことから始まったらしい。おなじようなことを昔経験したキタには、朝市側の対応がベストだったとはどうも思えない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/01/19 19:13
アライアンスallianceをキーワードに
北見のホテルで目を覚ましました。正午からの道新グループ主催新年交礼会に出席するためです。本社の取締役が手分けして地方の交礼会に出席しています。旭川支社長を経験したキタは毎年旭川に行っていたのですが、今年は北見になりました。旭川では社側の代表挨拶は支社長一人だけだったのに、昨日本社側も短く挨拶をと言い渡されました。きいてないよお。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/06 09:57
信頼回復のあかし−うれしいワインのおすそ分け
  昨日、キタの執務室に別の営業セクションのトップを務めるTさんが姿を見せ、「このワイン差し上げます」といってチリ産のカベルネ・ソービニヨン系赤ワインを1本くれました。低迷する北海道経済の逆風下、表情のすぐれないことの多いTさんにしてはいつになく明るい笑顔でした。ソファに座って問わず語りにワインの由来を話し始めました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/18 06:53
本当に新聞で地球の今がよく見えるか
  キタの新聞社では、月曜から金曜まで毎朝9時45分から20分程度、役員による朝刊読み合わせを続けています。編集局長がその日の朝刊について解説、13人の役員が意見を述べ合う形式です。出張か、よほどの業務がない限り欠席はゆるされません。この2、3日、社長をはじめとする約半数が出張のためおらず、いつもと勝手が違います。もっとも、出席者が少ない分だけ、一人当たりの発言量はけっこうなものでした。みんな新聞が大好き、自分の会社で発行する新聞がもっと大好きですから。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/16 11:13
  政権交代でなにが変わるか
 自民119(選挙前300)−民主308(同115)。こんなドラスティックな見事な政権交代は日本の憲政史上初めてでしょう。要因は沈没前の自民からパラシュートで脱出した「みんなの党」のミッチージュニアがいう「自民の賞味期限切れ」の一言につきます。300を超す議席を与えたからと言って、選挙民が民主党をそんなに信頼していると思わない方がよいでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/31 06:23
金大中氏逝く
 今朝の新聞各紙とも1面で、韓国の元大統領金大中氏が18日波乱の人生を閉じたことを伝えています。7月27日札幌で開かれた北海道政経懇話会の講演で、評論家姜尚中氏が「金大中氏は現在、病院の集中治療室にいる」と語っていたので、案じていました。キタが記者時代に撮った写真ファイルには大中さんの写真がいっぱいあります。97年暮れの大統領選挙戦ごろのものがほとんどですが。写真をアップして哀悼の意を表します。享年85。合掌。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/19 08:07
新聞の「日本語」に問われる品格
  けさの北海道新聞の札幌地方版で興味を引く「おことわり」が載っていました。連載タイトル「工場見学へ行こう!」を「工場見学に行こう!」と改めます、というおことわりです。「へ」が「に」に変わっただけです。工場という場所を示す名詞につく格助詞なら「へ」でも慣用法としてセーフですが、見学するという動作を示す名詞につく格助詞としては「に」が適切、と判断したという意味の説明があります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/06 06:59
 波乱万丈と強運の韓国政治家、金大中氏の思い出
  一昨日の姜尚中氏の北海道政経懇話会講演を聴いていて気になることがありました。今年5月に姜さんが対談した韓国元大統領の金大中さんが集中治療室(ICU)に入っているというのです。詳しくは説明されなかったけれど、ICUとはただ事ではありません。キタは1盧3金(金大中、金泳三、金鍾泌)が争った、1987年の大統領選挙を取材して以来、大中さんには深い思いがあります。早い回復を祈らずにはおれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/07/29 02:31
生涯の思い出になるでしょう 総選挙の日に北海道マラソン
  麻生さんがやってくれました。衆院を解散し8月30日を総選挙の投開票日にすることを決定しました。これにより、同日行われる第23回北海道マラソンとバッティングすることが確定しました。覚悟はしていました。主催者としてその対応に全力を挙げなければなりません。これも試練です。国民の権利であり、義務でもある国政選挙への関与の妨げになることなく、北海道最大の夏のスポーツ祭典を堂々と成功させるつもりです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/14 05:08
公園は市民だけのものでない−大通公園100歳
 昨日の北海道新聞夕刊1面にこんな記事が出ていました。まずは前文を読んでください。   道都・札幌の顔となっている「大通公園」はこのままでいいのか−。整備着手から今年で100年の節目を迎えた大通公園をめぐり、こんな議論が高まっている。イベントの拠点として、にぎわいや経済効果をもたらす半面、「のんびりくつろげない」との不満が根強いからだ。7月5日には記念シンポジウムも開かれ、市民が公園のあり方を考える。▲クリックすれば本文も読めます  新聞記事に添付された「大通公園のイベント予定」のようにこれ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/27 05:29
人間ドックと先輩2人の慰労会
 昨日、年に一度の日帰り人間ドック に入りました。今回のトピックは初めて鼻から内視鏡を入れる胃カメラを経験したこと。これまでの経口式ではいつもつらい思いをしてきました。ドックと聞けば気が重くなるのですが、この6、7年、胃にポリープを飼っているので、良性から悪性に豹変しないか監視が必要なため、苦行はやむをえませんでした。管が鼻の孔から入る時、やっぱり痛いですが、経口のようにのどを通過するときの嘔吐感はなくこちらの方が楽でした。最後の医師との面接では胸の動脈に年齢相応の硬化が始まっているとのご託宣で... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/18 07:29
Never on 30th
 今朝の新聞各紙はいっせいに世論調査結果で麻生内閣の支持率超低落を伝えています。一番高い日経で25%、以下高い順に読売23%、朝日と毎日が19%、北海道新聞(共同通信)が17%となっています。もう麻生政権は失速寸前ということでしょう.。これ以上解散−総選挙の日程を延しても自民はますます不利になるだけ。7月中か、遅くとも8月初旬投開票にしてほしい。その理由のひとつに8月30日投開票を避けてほしいというキタの勝手な願いがあります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/16 10:50
北海道の馬文化とのかかわりをライフワークにする記者
 昨夜、道庁前のKKR北海道で開かれた守谷久さんの新著「がんばれ銀太クン 札幌幌馬車ものがたり」の出版記念祝賀会に出席しました。守谷さんは同じ社の後輩記者に当たり、現在は北海道新聞の読者クラブ「ぶんぶんクラブ」の事務局長を務めています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/05/28 08:34
新聞戦士の志は引き継がれた
 昨日朝、キタの自宅から歩いて5、6分の斎場で、突然の病魔に襲われ道半ばで倒れた前途有為の北海道新聞記者の葬儀が営まれました。報道本部の遊軍担当M君(享年42)。キタとは2世代下であり、編集局管理職時代にもすれ違いだったため、その仕事振りは直接知らず、顔を見知っている程度ですが、周囲の声は総じて「きわめて優れたサツ回り記者であり、すばらしい人物だった」という評価です。葬儀は「痛恨」の二文字に覆い尽くされたものでした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/22 04:52
マスク姿は日本人だけじゃない
  昨日の北海道新聞夕刊の社会面に「あれれ!」という見出しがありました。「マスク姿 日本人だけ」。大型連休最後の6日、成田空港に新型インフルエンザ感染を避けたマスク姿の日本人がどっと帰国したという記事の見出しです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/08 05:59
「キタはどこからキタ(来た)か?」について
「キタはどこからキタ(来た)か?」について  光増さん、朝早くから長文のコメントありがとうございます。  ルーツにこだわっていくと、結局、国境や人種、民族など今は彼我のアイデンティティーの違いを強調するのはバカらしくなる。もともと人間は、地球上をパスポートなしに「住みよい土地」を求めて右往左往してきただけ。みな兄弟なのだということに思いが至ります。  キタの入社同期生で「屯田兵の末裔が行く」というブログを続けているN君は読書家で、書評をよく書いています。「キタのお気に入り」から入って読んでみ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/15 07:47
キタはどこからキタ(来た)か?
 昨日の北海道新聞夕刊社会面にとても興味深い記事が出ていました。探検家関野吉晴さん(60)が日本人のルーツを訪ねる旅としてインドネシア・スラウェシ島から丸木舟で沖縄まで4000キロの旅をスタートさせた、という記事です。実はキタの父方の祖先は今のインドネシアあたりから来たのではないかと思っているのです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/04/15 06:08
記者はサインをおねだりしてはならぬ
 今朝の北海道新聞第2社会面に面白い記事が出ていました。昨日東京・椿山荘で行われた将棋の名人戦の最中に、フリーの75歳の観戦記者が対局中の羽生善治名人に白い扇子を差し出してサインを求めるという失態を演じたという記事。土俵上でがっぷり四つに組んでいる朝青龍と白鵬のところに行って「すみません、サインください」というのと同じです。しろうとの観客ならまだしも、その世界のしきたり、作法を熟知しているはずのプロの記者がそれをやったのですから。シンジラレナーイ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/11 23:38
新聞の力ここに−まだまだまけていられません
  退勤後、NPO法人「北の映像ミュージアム」推進協議会の会合に参加しました。1月末に出版した「北海道 シネマの風景」の売れ行きを報告すること、6月に予定されている映画鑑賞会についての打ち合わせが議題でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/31 22:47
地方新聞の事業マン、いまこそ連帯のとき
 東京出張中の3月6日に書いたブログを誤って消去してしまっていることに気付きました。何十人にも読んでいただき、気持ち玉まで頂戴していたのに、読者のかたがたにあいすまないことです。そこで、思い出しだし、もう一度書くことにします。前よりも内容を濃くすることを心がけて。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/13 06:34
マユミと金賢姫
  北朝鮮による拉致被害者田口八重子さんの家族が,、115人の犠牲者を生んだ大韓航空機の爆破犯、金賢姫元死刑囚に会うというニュースを見て、1988年9月の容疑者発覚当時を思い出します。ソウル特派員として,現地でオリンピックを取材している時、東亜日報の夕刊に前年11月に起きた爆破事件の実行犯として、ハチヤ・マユミという日本の偽造旅券を持つ女性を拘束したというニュースが1面トップにでました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/10 22:59
新聞少年がいなくなる?
 1月27日付の新聞協会報の1面トップの見出しは「新聞少年、1万人割る」。本文には2008年10月現在9565人。全体の2.3%とありました。と、いうことは残りの97.7%は大人ですか。 インタネットで調べたら、2002年10月には新聞少年(12歳〜18歳)は全国に3万1140人。全販売店従業員の6.8%とありました。6年間にずいぶん急激に減ったものです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/28 19:37
阪神・淡路大震災から14年−後遺症いまも
 阪神・淡路大震災が14年前のきょう、つまり1995年1月17日午前5時46分ごろ発生しました。これを今書いている時間は4時56分ですから、あの日のいまごろの神戸の町は、それまでの毎日がそうであったように、まだ夜が明けきらない静寂の中にあったのでしょう。それを思うと、自然の力の前には無力な人間のいとなみ、運命のはかなさを感じずにはおれません。死者:6,437名 行方不明者:3名 負傷者:43,792名(ウィキペディアによる)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/17 05:46
先行き困難でも、やっぱり北海道がいい。
 きょう14日の北海道新聞朝刊一面に、「ロビンソン札幌店 社員40人月末解雇」という4段見出しの記事があります。18日で閉店するススキノのロビンソン百貨店の正社員47人に対し親会社が道外への転勤を打診したけれど、40人は道内に留まることを意思表示したという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/14 14:37
旭山動物園とシンガポール動物園の提携決定を喜ぶ
 3日の北海道新聞1面トップは「旭山(北海道旭川市)とシンガポール動物園がオランウータンなど絶滅の恐れのある希少動物の保護や繁殖に協力することになった、という記事です。かつて、旭山動物園の小菅正夫園長にシンガポール動物園のことを話したことのあるキタとしては大変うれしいことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/03 17:07
ホームレス支援で人間社会の度量が試される
  きょうUHBTVの13:55-14:55の時間帯で「日曜ノンフィクション 路上に生きた男」(フジTV制作)をみました。ストリートパフォーマンスをしながら路上生活をしていた男性(37歳)がなんとか屋根のある家で暮らし、定職を得るまでのこの3年間を追ったドキュメントです。この人、キタもススキノで何度か見かけ、カンパもしたこともあったので、ドキュメントの最後がどうなるのかハラハラ見てしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/21 18:58
新聞が日本語を汚染するのはやり切れません。
 昨日に続いて、新聞の気になる言葉づかいを。今朝のスポーツ面に「圧巻の全員フルスイング」という見出しがありました。本記を読んでみると、「全員がフルスイングする姿は圧巻の迫力」とありました。ここから取ったんですね。 カシオ君によると、昔、中国で官吏登用試験の答案を「巻」といい、答案の中で成績最優秀の答案を一番上に置いたことから、全体の中で一番すぐれた部分を指す言葉になった。「この作品が出品中の圧巻だ」などと使う。かならず「なになにの中で圧巻」でなければなりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/13 17:00
自分の日本語が危なくなったら電子辞書に聞け
 身内の恥をさらすようですが、いま新聞で使われている日本語の単語に誤用あるいは適切でない表現が多くなっていることに、すでに編集職場を離れて5年ほどたったキタは寒々とした感慨を抱いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/12/12 05:03
携帯電話と私−18年のお付き合い
  きょう大通地下街で携帯電話を買い換えました。年末に私用でシンガポールに行くのですが、ついでにちょっと仕事もあり、現地の人と連絡を取り合うので携帯が必要になりました。空港でレンタルしてもよいのですが、借りたり返したりの手続きで時間がとられるのも面倒。同じAUでも海外使用に切り替えできる機種にしました。今回はトランジットでソウルに一泊するので、そこでも使いたいと思いましたが、韓国で使えるのは別の機種とか。いやはやボーダレス時代というのにまだまだ不便ないこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/10 23:29
BC級戦犯問題
 このところ、BC級戦犯をテーマにした映画、ドラマ、新聞記事を目にする機会が立て続けにありました。キタはこの問題をきちんと考えてこなかったことに気付かされました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/08 05:27
元新聞記者のDNAが騒ぐ?
 今朝(4日)北海道新聞国際面にインド・ムンバイ滞在中の同紙元記者名和昌介さんのリポートが掲載されています。それによると。あの忌まわしい同時テロから数日たち、現場となった二つのホテルの修復が始まり、街は平静を取り戻そうとしている一方で、夜には若者を中心としたデモも続いているそう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/04 07:42
21歳窪田貴さん−北海道新聞文学賞からの出発
 昨日、札幌グランドホテルで第42回北海道新聞文学賞、短歌賞、俳句賞の贈呈式が行われました。編集局文化部時代を含めてこの賞にずうっとかかわってきて今回はひときわうれしい贈呈式になりました。史上最年少、21歳の窪田貴(たかし)さんが文学賞(創作・評論部門)を受賞したからです。若き小説家のデビューです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/26 08:06
留学生に新聞を読んでもらう
  昨夜、南1条西2丁目のALTA8階にある香港料理「宋さんの飲茶」で北大大学院で学ぶ中国人留学生の2人の張さんと会食をしました。留学生が置かれている立場などがわかって勉強になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/11/14 22:01
新聞記者とカメラ
 新聞記者とカメラの関係について。記者には写真を撮るのが好きなタイプと、「写真はカメラマンが撮るもの」と割り切り、カメラマンが同行せず自分で撮らなければならないときも、記事に添えるものとして過不足なく写っていればよいというタイプに二分されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/13 01:04
信州上田のさわやかな風を聞いた
昨夜は8時ごろ帰宅してすぐ寝てしまったので夜中の1時に目がさめました。何気なく枕もとのラジオのスイッチをいれたら、NHKラジオ深夜便心の時代が始まったばかり。信越放送でトーク番組のパーソナリティーをしている広沢里枝子さんという人がゲスト。聞くともなしに聞いていたら、大変な人だとわかりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/12 03:51
人との出会い、別れが交錯した一日に疲労困ぱい
  昨日は年長の畏友馬場昭さんの葬儀で旭川に行き、午後帰札後、キタの勤める会社の尊敬する先輩のお通夜に出席。お二人の引合せと思える多くの人たちに久しぶりに出会い、終日感情が高ぶりました。このため、午後8時前、帰宅したときには心身とも疲労困ぱい。さらに、日本シリーズでアンチ巨人の神経を逆なでするゲイム展開にまた疲労。巨4−西2の段階でチャンネルを変えて、ちょっとケーブルテレビの劇映画を見たあと、10時前にはgo to bed。おかげで夜中の3時前に目が覚めてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/07 03:02
景気が悪いと喫煙率が上がる?
 きょうの北海道新聞朝刊に道内の喫煙率が上昇している、という記事がでていました。(第3社会面=札幌では23ページ)。JT(日本たばこ産業)の調査によると、男性が前年比1.4ポイント増の43.8%(全国9地区中2位)、女性が同0.9ポイント増の20.3%(同1位)。喫煙は人体に百害あって一利なしと証明されているのに。全国平均では1965年からの調査で初めて40%を割った(男性)という。なぜ北海道で増えたのでしょか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/24 17:20
編集局を離れてわかること
 編集局社会部にいた若いころ、外部の人から行事の告知、いわゆるお知らせ記事を載せてほしいと頼まれたとき、その催しが終わる数日前までに書けばよいなどと横着な気持ちがあったかもしれないと、今頃反省しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/22 18:36
花も嵐も踏み越えて−新聞の進む道
  昨日、札幌コンベンションセンターで第61回新聞大会が開かれました。年に1回、日本新聞協会加盟の全国の新聞社が集まってよりよいマスコミ像を探る催しです。札幌での開催は1991年以来17年ぶりです。36年の新聞社務めで、この大会に出席するのは初めてです。協会賞の授賞式や研究座談会を見守りながら、これからの新聞のあり方について考えさせられた一日でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/16 14:15
雪を生かす
 けさの北海道新聞1面の記事。冬、千歳空港の敷地内に、高さ8m、縦横200m×100mの雪山を築き、断熱材で覆って、次の夏の冷房用エネルギーとして空港ターミナルに活用する方針を、国土交通省が打ち出したといいます。雪山冷房が可能になるのは2010年からだとか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/10 16:35
新聞と読者の間の非対称的関係について
 最近、「非対称的」(asymmetric)」というキーワードが気になっています。初めてこの言葉を聞いたのは、下りの伝達速度が圧倒的に早く上りを遅くすることで、効率的なデータのやり取りができる「非対称通信」ADSLが出てきたときでした。その後、ベトナム戦争やイラク戦争など超大国と弱小国との戦いを「非対称的戦争」という切り口で見るようになりました。非対称的戦争は大国が必ずしも勝って終わるというわけではない。米国がいう「テロとの戦い」も「非対称的戦争」の一つというわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/30 10:37
生活モジュール
 今朝の北海道新聞トップは小6、中3を対象とした全国学力テス(4月実施)トの結果の公表でした。北海道の子供たちの成績が全国平均を下回ったことには残念ではありますが、それよりもショックなことがありました。これは同じテーマを取り上げた朝のNHKニュースで言っていたことですが、子供たちに生活モジュールという概念が乏しいことがわかったからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/30 23:09
書く立場と書かれる立場−36年前の大晦日のこと
  新聞社の編集局に32年ほど在籍しましたが、駆け出し記者時代、書く(取材する)立場と書かれる(取材される)立場の違いによってこうも感じ方が違うのか、ということを思い知らされた経験を記してみようと思います。記者は傲慢であってはならない、という戒めをこめて。それは1972年12月31日大みそかの夜でした。稚内支局で記者のスタートを切った年。生意気盛りです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/27 05:09
ジョー・オダネルにジャーナリストの原点を見る
 昨夜、NHKスペシャル「封印を解かれた写真が語るNAGASAKI」を見ました。長崎被爆直後に米海兵隊の軍人カメラマンとして現地入りしたジョー・オダネルは指示を受けた資料用写真とは別に被爆地の「人間」にレンズを向け、ひそかにネガを持ち帰りました。43年後に封印を解いて公表。「原爆投下は人類への罪」と語り始める。「戦争を早期に終結させるための正当な行為だった」とする圧倒的世論が支配する故国アメリカでバッシングを受けながら。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/08 05:34
日本語の劣化とメディアの責任
 きょうは月曜日。一週間で一番忙しい日です。たぶん新しい記事を書く余裕がないので、古い文章をそのまま再掲してズルをしようと思います。今から3年前の2005年6月20日、新聞社の旭川勤務時代、支社のホームページに連載していたコラムです。新聞記事に見られるヘンな日本語を、編集局OBの目で指摘したものです。  その後、新聞の日本語の劣化はとどまるどころか、さらに悪化しているように思います。日本語の基礎が足りない者が気まま勝手に、社会から認知されるにはまだ無理な、「自分だけの」日本語を気楽に作ってタ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/19 18:05
写真道展とわがデジカメ遍歴12年
 ギャラリー大通美術館(札幌市中央大通西5)で18日まで開かれている第55回写真道展を見ました。審査委員長、大石芳野さんのチェルノブイリでの作品をはじめ、審査会員や会友の熟練の作品や公募部門の新鮮な入賞・入選作品が展示されています。ぜひみてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/16 00:16
子どもたちは愛されているか
 息子2人はともに30歳を超し、大阪と東京でカマドを持っています。北海道弁で「カマドを持つ」は所帯を持つの意。いい言葉です。余談ながら。  本題に戻って。その2人にそれぞれ娘がいて、今年2歳と1歳になります。その孫娘たちの顔を浮かべながら子ども日をすごしました。5月5日は男の子の「端午の節句」に由来するのですが、今は「子どもの日」ですからいいでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/05 21:14

トップへ | みんなの「新聞&メディア」ブログ

Kita, WHO?

1948年大阪生まれ。元北海道新聞記者。11年3月から13年3月まで、JICAシニアボランティアとしてモンゴル国立農大(ХААИС)ダルハン校でエコツーリズムと基礎日本語を教えた。趣味は渓流釣り、映画、クラシック音楽鑑賞、漢字書道。書号は景泉 にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


    
感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人 新聞&メディアのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる