感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人

アクセスカウンタ

zoom RSS プライバシー権の保護と救済

<<   作成日時 : 2017/05/24 02:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「当該法案のどこに、どの部分に、あるいは既存の他の法律のどの部分に、新しい法律が、私の書簡で示唆しているものと同等のプライバシー権の保護と救済が含まれているのか、または他の法律によりカバーされているのか示していただきたいです」

 ケナタッチ国連特別報告者が、「共謀罪」法案の疑問点を指摘した公開書簡を安倍首相に送ったのに対し、日本側が怒りだけの抗議書を送った。冒頭の文言は、日本の愚かな抗議に対するケナタッチ氏の声明の一節。

 産経新聞によるとー。
国連特別報告者のケナタッチ氏が「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に懸念を示した問題で、民進党はケナタッチ氏が菅義偉官房長官の抗議に再反論した声明を入手し、23日の法務部会で公開した。

 最初のケナタッチ書簡に対し、菅義偉官房長官は記者会見で、「個人的な書簡を送りつけてきたので、外務省を通じ抗議した」と述べている。

 ケナタッチ氏は国連のレターヘッドを使い、「安倍首相閣下」で始まる礼儀を尽くした公式書簡であることはキタも原文の文面をみた。

 書簡のなかでケナタッチ氏は「当方の法案解釈が誤っているのであれば指摘してほしい」などと書き、日本政府公式の英文翻訳文の開示も求めたが、日本側の対応はケナタッチ氏の指摘、疑問にはゼロ回答、ただただ怒りに任せた抗議だけだった」という。

 産経新聞は次のように報じている。

 私(ケナタッチ氏)の書簡は、特に日本政府が今回の法案を十分な期間の公的議論(public consultation)を経ず、提案された諸施策について許容される十分な考慮もないままに、法案を早急に成立させることを愚かにも決定したという状況においては、完全に適切なものです。

 私が日本政府から受け取った「強い抗議」は、ただ怒りの言葉が並べられているだけで、全く中身のあるものではありませんでした。その抗議は、私の書簡の実質的内容について、1つの点においても反論するものではありませんでした。この抗議は、プライバシー権に関する私が指摘した多くの懸念またはその他の法案の欠陥について、ただの1つも向き合ったものではありません。



 共謀罪法案には国民の「プライバシー権」の保護と救済が含まれていない、または同法案以外の既存の法律にもそれがない、というケナタッチ氏の切り口は衆院法務委で野党側からは提示されなかった、とキタは思う。

 国連に対する日本政府の対応、なにやら、1933年、旧国際連盟脱退前夜の軍国ニッポンを思わせる。菅官房長官は松岡洋右の役どころか。

 日本はこんなことをやっていていいのか。
 
 ピッチャー交代!

 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Kita, WHO?

1948年大阪生まれ。元北海道新聞記者。11年3月から13年3月まで、JICAシニアボランティアとしてモンゴル国立農大(ХААИС)ダルハン校でエコツーリズムと基礎日本語を教えた。趣味は渓流釣り、映画、クラシック音楽鑑賞、漢字書道。書号は景泉 にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


    
プライバシー権の保護と救済 感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる