感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人

アクセスカウンタ

zoom RSS 共謀罪をこのまま成立させてよいのか!

<<   作成日時 : 2017/05/19 08:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 安倍政権は国民主権をないがしろにする法改定(改正とは言えない)や悪法づくりを次々と実行しているが、今回の共謀罪法案はその悪法中の悪法。にも拘わらず、きょう衆院法務委員会で強行採決する構えという。ほんとにそれでいいのか、そんなことが許されるのか。民主主義とは多数決万能主義ではないはず。

画像
きょうの毎日新聞朝刊1面。あたかも規定事実かのような見出し

昨日の毎日新聞で「耕論共謀罪疑問なお」の1ページ特集で専門家3氏が⓵住民運動への弾圧強まる(大垣警察市民監視事件弁護団長 山田秀樹氏(弁護士)➁テロ防止効果期待できず(弁護士、元東京地検公安部検事 落合洋司氏)B監視し返す仕組み必要」(中央大准教授 宮下紘氏)と異議を唱えている。

 「警察は逮捕者が、起訴され有罪にならなくても構わない。情報を集め、住民運動を委縮させればいいのだから」(山田氏)

「地下鉄サリン事件などオウム真理教による一連の事件が発生した当時、東京地検公安部で事件を担当したが、共謀罪があれば事件は防げたのに、というようなおめでたい意見は、捜査現場では全く聞かれなかった。共謀罪が本当にテロ防止役立つなら、三菱重工爆破事件や地下鉄サリン事件といった重大なテロが起きた時に、現場からその制定を求める切実な声が上がっても不思議ではなかったが、そうした声はなかった。なぜなら、殺人予備罪や爆発物取締罰則、銃刀法を活用することによって十分取り締まれたから」(落合氏)

「テロ対策として共謀罪を考えるとき必要なのは、デジタル技術を駆使した監視の暴走への歯止めは万全か、という視点です」)(宮下氏) 

 もし、きょう法務委員会で自民、公明、日本維新の会で強行採決するようなことがあったら、日本国民は将来この日2017年5月19日を、国民が無抵抗に、自由と主権を放棄した日として胸に刻まねばならないだろう。そんな予感がしてならない。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Kita, WHO?

1948年大阪生まれ。元北海道新聞記者。11年3月から13年3月まで、JICAシニアボランティアとしてモンゴル国立農大(ХААИС)ダルハン校でエコツーリズムと基礎日本語を教えた。趣味は渓流釣り、映画、クラシック音楽鑑賞、漢字書道。書号は景泉 にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


    
共謀罪をこのまま成立させてよいのか! 感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる