感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人

アクセスカウンタ

zoom RSS crash landing

<<   作成日時 : 2016/12/24 22:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 北海道新聞夕刊2面に「中高生新聞 英語で言えた」という欄がある。きょうのテーマは沖縄のオスプレイ事故。A US Marine Osprey aircraft made a crash landing off the coast of Okinawa Prefecture,・・・  ここで crash landing の邦訳を「不時着」としていことに、私はひどく違和感を感じる。「不時着」は英和辞典ではemergency landingである。


画像


  ヘリコプターと飛行機の機能を備えた米海兵隊のオスプレイが世界のあちこちで事故を多発し、沖縄への配備に地元民が反発していることは周知の事実。

 13日の事故について、駐留米軍が「不時着」と通告したのを受けて、日本政府はそのまま「不時着」と発表。国内紙もそれに倣って事故発生段階で概ね「不時着」として紙面化した。

 これに対し、沖縄タイムス、琉球新報の地元2紙は、一報から「名護市海岸の浅瀬に墜落した」と表現している。オスプレイを「欠陥機」として配備に反対してきた沖縄両紙と本土の新聞の意識の差がくっきりでていることをキタも事故発生当時から気づいていた。沖縄県当局も「墜落」の見解を取っている。

 

 米軍のメディアはあの事故をどう表現しているか?
By TARA COPP | STARS AND STRIPES
Published: December 13, 2016

WASHINGTON — A Marine Corps MV-22 Osprey crashed off the coast of Okinawa, Japan, the Marines said Tuesday.

Five Marines were on board the Osprey, two were injured and all were rescued, the Marines said.

The Marines described the crash as a “shallow landing” that occurred near Camp Schwab at about 10 p.m. local time Monday.

つまり、米軍のメディアでさえ、地の文では「オスプレイは沖縄沖で墜落した。海兵隊(当局)は墜落を『浅瀬への着陸』と説明(describe)している」と表現、軍発表とは一線を画している。


 これに対し、日本のメディアは少なくとも事故の一報はすべて「日本政府が「不時着」と発表した」とせず、地の文で「不時着した」だったと記憶する。


 この「英語で言えた」の英文の出典が示されていない。英字紙を参考に、道新の英語通が常連執筆しているのだろうか。ニュース面での事故報道を「不時着」で押し通した整合性から、この欄でも「不時着」にこだわったのだろうか。crash landingなどという表現がNative  Eglish にあるのだろうか。


 日本のメディアは機体が大破し、乗組員5人のうち2人がけがをしたと報じながら、「不時着」と表現した。しかし写真で大破した機体の残骸を見て、あれが通常の不時着とだれも信じられなかっただろう。
 日本の新聞が大本営発表、翼賛型メディアになりつつあるのではないか、と疑念を持ったのはわたしだけか。

 しかも、英語教育記事の<注目表現>で、何の注釈なく「航空機の『crash』は『墜落』、『landing』は『着陸』で、clash landingは『不時着』」・・・」と無理やり新しいイディオムを作ってしまった。crash landingはただの不時着ではない。体操競技で言えば、着地に失敗して選手が怪我を負った状態だ。マットから足がはみ出たが、コケなければ「不時着だろうが。


 不時着の英訳はan emergency landing 不時着するは make an emergency landing.プログレッシブ和英中辞典(電子辞書)入試で「不時着」を「crash landing」と答えたら、よくて△だろうね。

Stars and Stripes の別の記事を見てみると

  YOKOTA AIR BASE, Japan — A KC-135 Stratotanker to make an emergency landing Thursday at Yokota Air Base in western Tokyo due to “complications with the aircraft,” an Air Force official said. - See more at: http://japan.stripes.com/news/emergency-landing-closes-runway-yokota-air-base-japan#sthash.ccvx6Orm.dpuf
The aircraft landed safely and all crew members were cleared medically, - See more at: http://japan.stripes.com/news/emergency-landing-closes-runway-yokota-air-base-japan#sthash.ccvx6Orm.dpuf

 というのがあった。
 横田基地と沖縄の事故を読み比べれば、Stars and Stripes ははっきりとcrashと emergency landingの境を線引きしているのではないか。 emergency landingは乗組員が無事かつ機体に損傷がない場合。そうだとすると、沖縄のオスプレイの事故には「crash」を用い、墜落的要素が大きいことを報道するのは当然である。軍当局のためではなく、将兵と国民に対する報道姿勢だろう。

  日本のメディアにこれが出来ていないような気がする。
 中高生新聞の「英語で言えた」、僕は時事用語の参考にして読んでいます。英語で言えても日本語で言えないと困ります。
 

 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Kita, WHO?

1948年大阪生まれ。元北海道新聞記者。11年3月から13年3月まで、JICAシニアボランティアとしてモンゴル国立農大(ХААИС)ダルハン校でエコツーリズムと基礎日本語を教えた。趣味は渓流釣り、映画、クラシック音楽鑑賞、漢字書道。書号は景泉 にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


    
crash landing 感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる