感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人

アクセスカウンタ

zoom RSS 文化センターの講座

<<   作成日時 : 2016/08/01 07:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 この春、道新文化センターから、講座を一つもたないか、という話があり、ふたつ返事で引き受けた。事務局と話を詰めてまとまったのが以下のような講座。 7月14日開講、9月まで全5回。

タイトル<最新おもしろメディア講座>
新聞の正しい読み方からソーシャル・ネットワーク(SNS)の基礎知識まで。オールドメディア世代の講師が苦心の末に会得した最新メディア活用術を伝授します。

@ 新聞のここがいいとこ、悪いとこ
分厚いページに昨日きょう明日、世の中で起きる森羅万象何でも載ってる新聞。おっちょいの早とちりでミスも多いが、軌道修正も早い。弱い者に味方し、権力への監視を怠らないでほしい。その活用術を。
A テレビのここがいいとこ、悪いとこ
速報性と世の中を面白く伝える娯楽性なら新聞もかなわない。ただし視聴率至上主義が番組劣化を招いていないか。あすのテレビを考える。
B マスメディアVSインターネットメディア
東日本大震災で活躍したツイッター、facebook。弱点見せたマスメディア(テレビ・新聞)。マスメディア。これからの世の中、マスメディアかネット・メディアかの二者択一ではなく、いいとこ取りして生き抜こう。
C スマホは難しくない
スマホやiPhoneは若者専用にあらず。大人も最低限、使いこなそう。こんな使い方、あんな使い方を紹介、解説します。
D パソコンで新聞作ってみよう
パソコンで新聞を作る無料のソフト「朝刊太郎」を使って新聞の作り方を紹介します。作る側に立って、もう一度メディアのありかたを考えてみましょう。自分新聞、家庭新聞への挑戦の足掛かりにもしてほしい。


 ところが、定員20人の受講申し込み者はまったく集まらず、中止。要因は@メディアのことを知らなくても特段困らない人が大半Aどんな人たちのための講座か、ターゲットを絞り切っていないB私自身が特段、生徒集めをしなかった。

 仕方ないないなあ、と思っていたら、文化センターからまたの呼び出し。「もういちど、検討して10月に募集してみませんか」と熱心に勧めてくれる。

 それで今日、文化センターに行って打ち合わせ。私は白紙で、どんな提案があるか聞いてみようと思っています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Kita, WHO?

1948年大阪生まれ。元北海道新聞記者。11年3月から13年3月まで、JICAシニアボランティアとしてモンゴル国立農大(ХААИС)ダルハン校でエコツーリズムと基礎日本語を教えた。趣味は渓流釣り、映画、クラシック音楽鑑賞、漢字書道。書号は景泉 にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


    
文化センターの講座 感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる