感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人

アクセスカウンタ

zoom RSS 週刊金曜日5月13日号

<<   作成日時 : 2016/05/18 03:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この間、買おうと思って買い忘れた週刊金曜日5月13日号を昨日、ジュンク堂で買った。「捏造』の決めつけめぐり植村氏と櫻井氏が直接対決」(by長谷川綾)を読むためだった。

画像


 キタも機会を得て4月22日の第1回公判を傍聴した。韓国元従軍慰安婦報道が植村隆・朝日新聞記者(当時)の捏造だと、櫻井よしこ氏らが断じているのは、明白な事実誤認である。これは植村氏への名誉棄損であり、櫻井らの言説によって、植村氏とその家族に暴力的危害の恐れをもたらしている現状を一刻も早く更正しなければならない。そのための裁判にほかならない。

 これがキタの考えだ。

週刊金曜日を買うのはこれが初めて。佐藤優の「飛耳長目」(なんて読むんだ)を読んだ。5月6日、ソチで会談した安倍晋三総理とプーチン・ロシア大統領のやり取りを政府筋(世耕弘成官房副長官)のブリーフィング記録から分析したコラム。

 佐藤は「今回の首脳会談の目標は、安倍晋三首相とプーチン大統領の個人的な信頼関係の強化あったが、それは基本的に達成された。日本の包括的アプローチがプーチン大統領の琴線に触れた。包括的アプローチとは、ロシア側が望む経済案件を大量に盛り込んだ上で北方領土問題の解決策もそのなかに入れておき、これらを全体としてロシアに受け入れさせようという外交技法」と書く。そして、「この首脳会談をきっかけに、日本政府は脱・東京宣言に静かに舵を切り始めたと筆者はみている」と書いている。

 1956年の東京宣言では「北方四島の帰属の問題を解決して平和条約を締結する」と日ソ首脳が確認した。宣言で確認した4島一括返還にこだわらない、ということになる。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Kita, WHO?

1948年大阪生まれ。元北海道新聞記者。11年3月から13年3月まで、JICAシニアボランティアとしてモンゴル国立農大(ХААИС)ダルハン校でエコツーリズムと基礎日本語を教えた。趣味は渓流釣り、映画、クラシック音楽鑑賞、漢字書道。書号は景泉 にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


    
週刊金曜日5月13日号 感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる