感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人

アクセスカウンタ

zoom RSS 自民党改憲案は北朝鮮、中国そっくり

<<   作成日時 : 2015/07/01 07:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 けさ、道新、毎日の新聞を〒受けから取ってきて、まず目に飛び込んで来たのは、もちろん新幹線の焼身自殺だが、次に衝撃を受けたのは、毎日の14面、特集ワイド。自民党の改憲案は国民に憲法遵守を強要している点で、独裁国家、北朝鮮、中国と酷似しているという。

画像

画像


 憲法は国家権力の専横を縛るものであって、国民を縛るためのものではない、というのが立憲主義。日本の現行憲法にはない。主要7カ国(G7)のうち、ドイツ、イタリアにはナチズム、ファシズムへの反省から自由や民主主義を謳う新憲法の擁護義務を国民に課しているが、他の5カ国には、ない。

 早稲田大教授の水島朝穂さんは「ここに自民の目指す国家像が透けて見える」という。

 自民の改憲案にはこのほか、北朝鮮や中国そっくりの条文があちこちにある。


 自民党改憲案の前文は「日本国は長い歴史と固有の文化を持ち、国民統合の象徴でる天皇を戴く国家であって・・・」と、文化や歴史、伝統について特定の実k他を書き込むのも北朝鮮や中国と同じ、と水島教授。
 「自民の改憲案は国民を縛るという北朝鮮や中国に近い考え方です」(水島)。

 なぜこんな改憲案が出てくるのか。小林節・慶大名誉教授はいう。
 「今の自民党は世襲議員だらけ、子供のころから『若殿様』のように周囲から扱われ、エリート意識がある。だからこんな『上から目線』の憲法(案)が出来上がる」。

 安倍君や、少しまえ逝去された北海道の元若殿様の顔が浮かびます。

 断じて、こんな憲法案通してはならぬ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Kita, WHO?

1948年大阪生まれ。元北海道新聞記者。11年3月から13年3月まで、JICAシニアボランティアとしてモンゴル国立農大(ХААИС)ダルハン校でエコツーリズムと基礎日本語を教えた。趣味は渓流釣り、映画、クラシック音楽鑑賞、漢字書道。書号は景泉 にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


    
自民党改憲案は北朝鮮、中国そっくり 感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる