感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャーナリストの常在戦場

<<   作成日時 : 2015/03/16 09:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

道新の護憲姿勢が心配。九条の会初の全国討論集会が第3社会面のベタ記事か。毎日は2社3段。普段の構えが問われる。

画像
3月16日道新朝刊の「九条の会、初の全国討論集会」の記事。第3社会面、見出しは1段。いわゆるベタ記事
画像
同じ記事の毎日。第2社会面、見出しは3

 いくら社説で立派な「べき論」を書き立てても、日々起こる事象の解釈に鈍感であってはならない。それがジャーナル+イズム=ジャーナリズムだということ。新聞記者の「常在戦場」。「護憲」は道新記者一人ひとりの共通分母であってほしい、と願う。

昔、大平正義が言った。 Statesmen always  ready for possible emergency. 政治家の常在戦場。
ジャーナリストの常在戦場を言ってみるなら、以下のとおりになる、とキタは思う。
 Journalists always should be  ready for grasping the inner meaning of the routine phenomena.  ジャーナリストは常に、日々起こる現象の本質を把握することに備えなければならない。
    

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Kita, WHO?

1948年大阪生まれ。元北海道新聞記者。11年3月から13年3月まで、JICAシニアボランティアとしてモンゴル国立農大(ХААИС)ダルハン校でエコツーリズムと基礎日本語を教えた。趣味は渓流釣り、映画、クラシック音楽鑑賞、漢字書道。書号は景泉 にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


    
ジャーナリストの常在戦場 感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる