感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人

アクセスカウンタ

zoom RSS 消費税上げと新聞

<<   作成日時 : 2014/03/04 08:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 過日、北海道新聞社の経営陣の一人と昼食をともにしました。いま彼の心の大半を占領している問題が、4月から3%上乗せされる消費税によって新聞購読料が総額で上昇し、新聞離れを加速しかねない現状にあることだと、会話の中からひしひしと伝わってきました。紙面の活字をさらに大型化し、記事段数を長く続いた15段から12段にするという大改革を3月に選んだのも消費税上げをにらんでのことのようです。

 たしかに今回の紙面改革によって、読みやすくなった。紙面づらばかりでなく、コンテンツもさらに充実してきたように感じるのは道新OBのひいき目ではないと思う。
画像

 
昨日の夕刊社会面に写真のようなトップ記事があった。東日本大震災からまもなくまる3年。各紙いろんな関連記事が出るが、東北に限りない連帯感を持つ北海道民の期待にこたえる記事が精彩を放っている。

 津波で家族を失った福島原発至近に住む男性が避難先から定期的にもどり、放射能防護服を着て、まだ見つからないまな娘の遺体を捜索しているという記事。道新記者による現地ルポだった。

 北海道を愛し、北海道から日本を、アジアを、世界を見つめるジャーナリズムの拠点をめざす北海道新聞に「元気の素」を注入してください。そのためには、消費税上げに負けず、なんとか、購読を維持してほしいし、「ニュースはインタネットで十分」という若い世代に、新聞を見直してほしい。きっと新たな視野を開く助けになると思う。インタネットだけじゃあいけません。

インタネットでは自分の読みたい記事だけを検索して直線的にターゲットにたどりつくのが特性。一方、新聞はページを繰ることで、偶然知る世界が大きい。それまで関心のなかった分野について、新たな道案内をしてくれる。分かりやすい解説にも重点を置いている。

 魅力ある紙面レイアウト、見出しがあなたを未知の世界に運んでくれ、そこからさらに書店や図書館に行き、読書の世界へと探求心を進化させることになる。それが人間の叡智だと思う。新聞は人間の叡智の旅を乗せる宇宙船のような存在ではないか。

 だいぶ脱線。朝から新聞PRのおせっかいでした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Kita, WHO?

1948年大阪生まれ。元北海道新聞記者。11年3月から13年3月まで、JICAシニアボランティアとしてモンゴル国立農大(ХААИС)ダルハン校でエコツーリズムと基礎日本語を教えた。趣味は渓流釣り、映画、クラシック音楽鑑賞、漢字書道。書号は景泉 にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


    
消費税上げと新聞 感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる