感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人

アクセスカウンタ

zoom RSS されどわれらが新聞

<<   作成日時 : 2013/01/10 19:08   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 自分が38年間碌を食んだからいうわけではない。北海道新聞(道内では通称道新=どうしん)はほんとうにいい新聞です。なぜいまさらそんなことをいうのか。年末、道内に住む友人が正月用品と一緒に11月25日から12月5日まで12日分の朝刊と一部夕刊、道新スポーツを送ってくれました。高い航空運賃をかけて。いままとめてじっくり読んでいます。あらためて、新聞は現代人になくてはならない存在だと感じています。


画像

 こちらでは、インタネットプロバイダーのポータルサイトでお仕着せ断片的なニュースに接することはできますが、底が浅く、味噌もくそもいっしょくたのような編集です。新聞の一覧性、生ニュースと連動した連載企画や解説記事、コンテンツの幅広さと信頼性。やはり比べるべくもありません。しばらく遠ざかっていて、逆に「新聞力」を感じます。

 <気になった記事> 
11月25日(日)  ☆1面企画「北海道・東北考」番外編「明日への提言」 食や観光で北海道と東北各県はもっと連携を☆プロ野球北海道日ハム優勝パレード

26日(月)☆1面北見市長選で立ち遅れたはずの自民・公明候補が大差で民主、社民、新党大地系の現職を大差で破る=今回の衆院選の構図をすでに露呈していた☆社会面「道内の若者、入社3年以内に30〜40%は離職」
27日(火)☆札幌圏版「盤石民主に挑む自民」=衆院4区情勢 民主の鉢呂吉雄氏は実は盤石ではなく落選する。
28日(水)☆1面「室蘭・登別で暴風雪による大停電」(30日まで4日間続く)☆特集面「いよいよぷっくり、厚岸のカキ(牡蛎)」昔、一緒に北見で仕事をした安福君が厚岸支局長か。

29日(木)☆1面「9世紀後半の土器に平仮名」これまで最古の平仮名は10世紀。歴史を書き換える発見

30日(金)☆22面「道新フォーラム詳報・歴史から学び、伝えるもの」3人の講演者の一人、姜尚中氏は「民主的な社会でも、独裁とは違った形で専制が跋扈することがありうる」と警告。

12月1日(土)☆5面「ひと2012 日本芸術院の新会員に池澤夏樹氏」自分が編集した全30巻の世界文学全集の最高峰として石牟礼道子の「苦海浄土」を挙げた。「一方的な告発でなく、患者たちが近代化以前どれだけ幸せだったかも描いた傑作」といい、水俣と今回の原発事故がつながるとする。

2日(日)☆1面など「’12北海道新聞スポーツ賞に日ハムの稲葉選手ら」受賞者の一人、女子野球の金由起子さんの「金」はきん?こん?かね?どこにもふりがながない。道内では有名かもしれないけれど、必要ではないか? インタネットで調べると、こんさんとわかりました。☆スポーツ面「関東大学ラグビー対抗戦で筑波大が国立大として初の優勝」へええ、早稲田、慶応を差し置いて?帝京大を破って同大と同時優勝だから大したもの。見出し2段は小さすぎる☆「サッカーJリーグ終幕 札幌コンサドーレは4勝2分け28敗勝ち点14。Jリーグ史上ワースト記録で、J2に陥落。呆れてものがいえない。

3日(月)☆8面月曜討論「金融緩和はデフレ脱却に有効か」一橋大学院斉藤誠教授「実際の経済取引に使われている紙幣はGDPの8%、40兆円の紙幣があれば十分だが、金融緩和の結果いまや80兆円発行され、40兆円は家計や企業のタンス預金になっている。これ以上お金を増やしても経済を刺激せず、なんのいみもない」じゃあ、どうすりゃいいの。ほかで聞くと、有効な産業を活発化させるしかないらしい。

4日(火)☆1面衆院選公示☆第2社会面「流行語大賞にスギちゃんのワイルドだろぉ」すぎちゃんもしらないし、わいるどだろぉ、って昔からあったよね。どこにインパクトがあるのかわからん。帰ったらやっぱり浦島太郎だね。

5日(水)☆1面「衆院選に最多の1504人立候補」☆札幌圏版連載企画「古くて新しい創成川イースト」シニア層の住民が増えている、という記事。住民の栗原勇介さん(82)、見覚えのある名と思ったら、1983年秋から半年だけサツ廻りをしていた時の札幌北警察署長だった。所轄管内で殺人やリモコン爆破事件などがあり面白くもつらい半年でした。元気に散歩している写真を見ても面影はない。

昨日の夜からむさぼるように読んだ北海道新聞。新聞は絶滅必至の恐竜のようなものという人もいるが、なんのその、これだけの情報源を見殺しにしてはならない。

 「読む」という行為は一見受け身ありながら、それだけではない。1面から最終面(30数ページ)まで、好きな時に好きなページを、行ったり来たりしながら頭の中で再構成し、能動的な思考をたすける長所がある。

 北海道新聞の場合、朝夕刊1か月定期購読で3925円。高いという人もいるが、たとえば3925円で寿司がどのくらいたべられますか。トロ、いくら、アワビの握りをちょこちょこっと食べるお金で、新聞は1カ月、毎日朝夕(夕刊は土日、祝日はありませんが)持ってきてくれます。
 
1家に1紙、北海道の人はできれば道新を、購読して大切な情報源にしてほしいとひたすら願っています。インタネットの情報サイトだけで満足していては日本人の知性と教養は確実に劣化します。

 昔読んだ本に、柴田翔のされどわれらが日々−」という小説がありました。それをもじって「されどわれらが道新」。



 

 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Kita, WHO?

1948年大阪生まれ。元北海道新聞記者。11年3月から13年3月まで、JICAシニアボランティアとしてモンゴル国立農大(ХААИС)ダルハン校でエコツーリズムと基礎日本語を教えた。趣味は渓流釣り、映画、クラシック音楽鑑賞、漢字書道。書号は景泉 にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


    
されどわれらが新聞 感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる