感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人

アクセスカウンタ

zoom RSS どうしてこうも味もしゃしゃりもない表現に?

<<   作成日時 : 2013/01/13 23:20   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 モンゴルにいて、日本の新聞を読めぬものだから、しかたなく、yahoo!のポータルサイトのニュースインデックスなどをみるともなしに見ています。感じるのは場違いな大げさな表現や生硬な表現。いずれも新聞社からの配信だから、紙の新聞でもおなじようなものかもしれない。これから先、日本のメディアはどうなっちゃうんでしょうか。

けさはこんなのがあった。
寺島しのぶ、木嶋佳苗被告になる!首都圏連続不審死事件で過激性描写も(スポーツ報知)
  「過激性描写も」だって?。芸能記事だろう。こんなときはせいぜい、「寺島しのぶ、大胆な濡れ場に挑む」かな。「濡れ場」@歌舞伎で濡事を演じる場面A情事の場面(広辞苑)。警官がポルノ写真を子供にむりやり見せて強制わいせつ罪で捕まったとかいう社会面の事件を扱うなら「過激な性描写」もあり、だろうが、芸能ニュースではないか 。たぶん書いた記者も整理者も、「濡れ場」という和語をしらないのだろう。

 昨日はこんなのがあった。
釈由美子、レスキュー隊に救助されていた 番組カットを謝罪(デイリースポーツ)
 本文を読めば、釈さんがNHKの番組で、山スキーを収録中、転倒して靭帯を損傷、全治2カ月。撮影が継続できなくなり釈さんが出演する部分がカットされた、というだけ。釈本人は「ものすごく胸が痛くて悔しくて ちゃんと無事に番組ロケを撮り終えることができなかったことが申し訳なさすぎて」と謝罪した、とある。

 なぜ、「謝罪」させたがる。番組収録中の事故(未熟ゆえの事故かもしれないが)に罪を問えるか。せいぜい「…申し訳なさすぎて」とわびた、頭を下げた、陳謝したぐらいだろ。わたしは釈由美子のファンでもないし、弁護士でもないから、いきりたつこともないが、あまりにも幼稚な表現。デイリースポーツにデスクはいないのか。


 ことほどさように、このごろの新聞もテレビも、言葉の使い方が大げさで生硬。こんなメディアにだれがした。これじゃあ、「もう新聞の時代は終わった」と言われてもしかたない。 芸能記事に限ったことじゃない。大新聞の政治、経済、社会記事にも危ない表現が散見される。責任者出てこい!


 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Kita, WHO?

1948年大阪生まれ。元北海道新聞記者。11年3月から13年3月まで、JICAシニアボランティアとしてモンゴル国立農大(ХААИС)ダルハン校でエコツーリズムと基礎日本語を教えた。趣味は渓流釣り、映画、クラシック音楽鑑賞、漢字書道。書号は景泉 にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


    
どうしてこうも味もしゃしゃりもない表現に? 感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる