感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人

アクセスカウンタ

zoom RSS 歩いて卒業証書をもらいたい 優君の春 旅立ち

<<   作成日時 : 2010/03/15 17:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 北海道新聞の15日夕刊社会面にとてもよい話が載っています。登別市立冨岸小学校6年、小野寺優(ゆう)君(12歳)は重度脳性小児まひで手足が不自由ですが、自分の足で立って卒業証書をもらいたいと、19日の式を前にリハビリに励んでいるといいます。
画像


 体を動かすことで脳に刺激を与え機能を回復するという英国式のトレーニングを2歳のときから続けている優君。市内の20人のボランティアが交代で訓練を手伝っている。車椅子生活からステップアップして歩行訓練をはじめて3ヶ月、大人が支えれば歩けるまでに回復した。クラスでは優君の諦めない姿がほかの児童にもよい影響を与えているといいます。

 卒業式まであと4日。友達や先生、ボランティア、家族が見守る中、優君の小学校最後のチャレンジが続いていています。

 この季節はさまざまな旅立ちのドラマが展開されます。

 北海道新聞は夕刊、朝刊で随時「春 旅立ち」のワッペンをつけて人間模様を伝えています。この「春 旅立ち」というワッペン、実はキタが社会部の教育担当デスクだったころスタートしたワッペンです。1993年ごろでしょうか。しばらく途絶えていましたが、7年ぶりかに復活したそう。

「春 旅立ち」スタート当時に記事を書いたK君はいま報道本部のデスク、Aくんは旭川報道部デスク、もう1人のA君は遠軽支局長。みんな旅立って、北海道新聞を支えるベテラン記者に育ちました。嬉しいことです。

 「春 旅たち」。いつまでも古びない、いいタイトルだと自画自賛しつつ、まだまだ楽しい話題がこのワッペン付きで紹介されるのを楽しみにしています。

  卒業式の優君の続報が掲載されたら、また紹介します。北海道新聞の夕刊、いいね。

 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Kita, WHO?

1948年大阪生まれ。元北海道新聞記者。11年3月から13年3月まで、JICAシニアボランティアとしてモンゴル国立農大(ХААИС)ダルハン校でエコツーリズムと基礎日本語を教えた。趣味は渓流釣り、映画、クラシック音楽鑑賞、漢字書道。書号は景泉 にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


    
歩いて卒業証書をもらいたい 優君の春 旅立ち 感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる