感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人

アクセスカウンタ

zoom RSS 湖畔の雪原で日向ぼっこ−道新紙上でみつけたウフフ、ニヤリA

<<   作成日時 : 2010/01/25 17:37   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
まずは写真を見てください。たくさんのアザラシが水辺の雪の原でひなたぼっこをしています。これはオホーツク海に面した北海道湧別町の佐呂間湖畔。北海道新聞社機から空撮したものです。

 例年12月、湖面に氷が張り始めるころから全面結氷する2月までこの光景が見られるといいます。25日の道新一面の記事によりますと、アザラシがこの時期集まってくるのは湖の中は波が穏やかで、えさがとりやすく、動きにくい砂浜より、水にすぐすべり降りられる雪原のほうが、外敵から身を守れるというわけ。アザラシの種類はゴマフアザラシ。

 でもこの図柄。青い湖面を大きな鯨の頭に見立てると、アザラシがその周りに集まっているようにも見えませんか。水面の1匹が鯨のまなこにみえたりして。新聞をデジカメで複写したので鮮明さに欠けることをお許しください。

 佐呂間湖の面積は約152km²で、道内で最も大きな湖であり、琵琶湖、霞ヶ浦に次いで日本で3番目に大きく、淡水と塩水が混じる汽水湖では日本最大。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Kita, WHO?

1948年大阪生まれ。元北海道新聞記者。11年3月から13年3月まで、JICAシニアボランティアとしてモンゴル国立農大(ХААИС)ダルハン校でエコツーリズムと基礎日本語を教えた。趣味は渓流釣り、映画、クラシック音楽鑑賞、漢字書道。書号は景泉 にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


    
湖畔の雪原で日向ぼっこ−道新紙上でみつけたウフフ、ニヤリA 感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる