感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間ドックと先輩2人の慰労会

<<   作成日時 : 2009/06/18 07:29   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 昨日、年に一度の日帰り人間ドック に入りました。今回のトピックは初めて鼻から内視鏡を入れる胃カメラを経験したこと。これまでの経口式ではいつもつらい思いをしてきました。ドックと聞けば気が重くなるのですが、この6、7年、胃にポリープを飼っているので、良性から悪性に豹変しないか監視が必要なため、苦行はやむをえませんでした。管が鼻の孔から入る時、やっぱり痛いですが、経口のようにのどを通過するときの嘔吐感はなくこちらの方が楽でした。最後の医師との面接では胸の動脈に年齢相応の硬化が始まっているとのご託宣でした。まあしかたないか。

 ドックの結果(速報値)は前回とそう変わりはなし。体重が2キロほど増えたのに腹囲は久しぶりに80センチ台に減るという奇妙な現象。いつも突出して高いγGTPちょっと下がって100台でした。この2年、徒歩通勤(約25分)している効果かもしれません。

 別の病院に回って脳ドックというものを1昨年に続いて受けました。脳ミソには特に異常なく、小さい出血の痕跡もなし。血管にも目立った変化はないとのことでした。

  これからどんどん老化が進んでいくでしょうが、なるべくソフトランディングできるよう、体を大事にしたいと思います。ドックはに入ったからといって、何が良くなるわけでもありませんが、 年に一度、数値とイメージをもとに自らの健康について考える日にするのも悪くないでしょう。

 夕刻モントレ・エーデルホフホテルで、入社が1年先輩という2人の元社会部長の慰労会がありました。会を準備したのは2人の部長時代の部下たち。キタにとって一人は稚内支局時代の同僚でした。たった一年しか違わないのに、圧倒的な力量の差。いまは総務局長と事業局長としてともに社経営の一翼をになっていますが、支局時代からの力量の差はついに埋まらずじまい。これからは関連会社UHB文化放送の取締役総務局長として力を発揮されることでしょう。

 もう一人ともご縁が深い。地方から内勤の整理部というところにキタより少し遅れて来た人ですが、これまたすぐれ者で、人間としてもさわやかな人でした。こちらはUHB社役員を辞して完全引退されます。多趣味な人で渓流釣りもその一つ。キタもヤマベ専門猟師。これからご一緒することもあるでしょう。

 2人の先輩はともに兵隊時代はよい仕事をし、後年、新聞社のかなめ社会部を統率するにふさわしい器の人でした。キタも「本籍、社会部」(部員で5年、デスクで2年半)を自負していますが、選手としてはどう考えても2流でした。2流は2流なりに頑張ってきたとは思いますが。それぞれ役どころがあるし、企業は一流選手だけで成り立っているわけではありません。

  その社会部もいま報道本部と札幌圏部に引き継がれて今はありません。しかし、昨日の出席者の顔ぶれをみれば、まぎれもなく、いま、北海道新聞社の編集部門をになっている連中でした。社会部という名前は消えても、社会部魂は脈々と引き継がれているという実感を持ったし、これからも引き継がれていかなければならないと思いました。たのむよ!後輩たち。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
UHBの役員を引退されたのは、Hさんでしょうか?
以前、秘書部でお世話になっていた頃に何度かお会いしました。一見コワモテで低い声なので、怖い方なのかと思っていましたが、優しい方でホッとしたのを思い出します。

主人の転勤で会社を辞めて早2年…
あの頃お腹に居た子供も、もう1歳8ヵ月になりました。
毎日ドタバタ大変ですが、一日一日成長するのを見ていると、とても楽しいです。育児が楽しいと思えるのは幸せなことだと感じています。


遅れましたが、昇段試験合格おめでとうございます。私も腕が鈍らないうちに再開しなければ!
双子ママ
2009/06/19 23:32
たぶんそうだと思います。わたしにはどこからみてもコワモテには思えませんが。まずは上等な人間といえる人です。

 双子ちゃんならその成長ぶりを2倍楽しめるのですから、それはそれは楽しいでしょう。いや、1人1人の分と2人のやりとりを含め3倍以上かもしれないと想像します。苦労も3倍でしょうが。
 書道、このところ忙しくて身が入りません。不断の努力が必要なのに。
キタ
2009/06/20 06:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Kita, WHO?

1948年大阪生まれ。元北海道新聞記者。11年3月から13年3月まで、JICAシニアボランティアとしてモンゴル国立農大(ХААИС)ダルハン校でエコツーリズムと基礎日本語を教えた。趣味は渓流釣り、映画、クラシック音楽鑑賞、漢字書道。書号は景泉 にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


    
人間ドックと先輩2人の慰労会 感謝カンレキ雨あられ @アジア群島人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる